まとめだかニュース速報@

あくまで、当サイトはTwitter、2ch情報 及び YouTube動画や出典先の記事の転載です。※当然、出典先(動画、画像など)の質問はお答えできません。※コメント集はネットの反応(2chコメントなど) 誹謗中傷の意図等はありません。※ただし、ファンが多くいることで成り立っている芸能界、有名人等は話題になりやすいため、本人の申し出であれば、記事の削除対応等を行う。※メッセージコメントは内容によりスクショの上 削除通報

    タグ:#W杯


    カタール大会の出場枠を2014年ブラジル大会と同様のアジア「4.5」、アフリカが「5」、ヨーロッパが「13」、北中米カリブ海が「3.5」、オセアニアが「0.5」、南米が「4.5」、開催国枠が「1」(2022カタールWの場合は、開催国枠1+アジア4.5=5.5となる)とした。0…
    80キロバイト (8,576 語) - 2022年11月30日 (水) 20:22

    1 愛の戦士 ★ :2022/12/01(木) 10:29:28.55ID:qCqoRLHI9
    東スポWeb 12/1(木) 1:16

    【FIFAワールドカップ】 スペイン代表のルイス・エンリケ監督(52)が〝2位狙い説〟を否定した。

     スペインはカタールW杯1次リーグE組を首位突破すると、準々決勝でG組首位通過濃厚のブラジルと対戦する可能性が高いことから、2位狙いにシフトすると報じられた。しかしスペイン紙「マルカ」によると、日本との最終戦(1日=日本時間2日)を前に30日に会見に臨んだエンリケ監督は「ブラジルは常に優勝候補だが、W杯では対戦するすべての相手に勝たなければならない。1位で通過するということは、自分たちの方が優れているということだ」と否定した。

     さらに「想像してほしい。この日本戦とコスタリカとドイツの試合が両方とも0―0で進み、95分に日本とコスタリカが点を決めたとしたら、私たちは敗退に追いやられる。そんな甘い計算をしている余裕はない」と強調した。敗退の可能性がある限り、順位調整などをしている場合ではないわけだ。

     昨夏の東京五輪では、準決勝で日本と対戦し、勝利。それでも指揮官は「東京五輪で対戦したときにいた選手は7人。とてもダイナミックでスピードがあり、プレーに〝重さ〟がある。特に強調したいのは、中盤の選手たちでボールを奪うのは大変だ。それに久保(建英)もいる*。私たちにとっては大きな試練だよ」と警戒した。

    東スポWEB
    https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/f71cfa24e0c422ecd41c44935ef5afae8ec09eb8&preview=auto
    スペイン代表エンリケ監督は1位突破を強調した(ロイター)

    (出典 i.imgur.com)

    【【カタールW杯】スペイン代表エンリケ監督が〝2位狙い説〟を否定「そんな甘い計算をしている余裕はない」❓❗】の続きを読む


    サッカーチュニジア代表サッカーチュニジアだいひょう、アラビア語منتخب تونس لكرة القدم、フランス語Équipe de Tunisie de football)は、チュニジアサッカー連盟(FTF)により構成されるチュニジアサッカーのナショナルチームである。ホームスタジア
    16キロバイト (568 語) - 2022年11月30日 (水) 17:09

    1 久太郎 ★ :2022/12/01(木) 02:01:26.47ID:0Kjg12I19
    【FIFA ワールドカップ カタール 2022・グループD】チュニジア-フランス(日本時間12月1日/エデュケーションシティ スタジアム)

     チュニジア代表が前回優勝で優勝候補のフランス代表に勝利、大会の中でも屈指のジャイアントキリングを成し遂げた。

     既にグループリーグ突破を決めていたフランス代表は前節から先発メンバーを10人入れ替えて、控えだったメンバーを使うターンオーバー。2試合で3ゴールを決めていたエース・エムバペもベンチでチームメイトのプレーを見守った。対するチュニジア代表は、勝たなければ敗退決定となるだけに、強豪相手に序盤からアグレッシブに攻め立てた。

     無理に攻めないフランス代表に対して、とにかく攻め立てるチュニジア代表の戦いぶりに、スタンドの声援もチュニジア代表のホームのような雰囲気に。フランス代表がボールを持てばブーイング、チュニジア代表が攻め込めば大歓声という状況で試合が続いた。前半は押されまくったフランス代表だが、ゴールは許さずそのまま0-0で前半を終えた。

     試合が動いたのは後半。58分に、再三チャンスを作っていたチュニジア代表の10番・ハズリがドリブルで1人でゴール前まで持ち込むと、相手4人との競り合いにも負けず、左足でゴール右隅に流し込んで先制ゴールを挙げた。これにはフランス代表もたまらず63分にエムバペ含む3人を入れるスクランブル。システムも変更し流れを食い止めにいった。

     その後も2人交代し、5人の交代枠をフル活用しチュニジア代表の勢いを止めにかかるとようやく試合のテンポが落ち着き始め、フランス代表にもチャンスが訪れるようになった。それでも逆転でのグループリーグ突破を目指すチュニジア代表の集中力は最後まで切れず、FIFAランキング4位で前回優勝のフランス代表を破る大金星を手にした。

     同時間に行われていた試合でオーストラリア代表が勝ったため、チュニジア代表は惜しくもグループ3位で敗退が決定。試合後は選手たちがピッチに倒れ込んだものの、スタジアムからは健闘を称える大歓声に包まれていた。
    (ABEMA/FIFA ワールドカップ カタール 2022)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1ec3024c699e61543a571ede5d6482097d599496

    【【動画速報】カタールW杯、チュニジアがジャイアントキリング!前回優勝フランス代表に劇的勝利❓❗】の続きを読む


    マシュー・アラン・レッキー(Mathew Allan Leckie, 1991年2月4日 - )は、オーストラリア・メルボルン出身のサッカー選手。Aリーグ・メルボルン・シティFC所属。オーストラリア代表。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。 オーストラリアのブリーン・ライオンズ(英語版)のユース
    9キロバイト (517 語) - 2022年11月30日 (水) 16:55

    1 久太郎 ★ :2022/12/01(木) 01:56:50.58ID:0Kjg12I19
     FIFAワールドカップカタール2022・グループD第3節(最終節)が30日に行われ、オーストラリア代表とデンマーク代表が対戦した。

     オーストラリア代表は初陣で“王者”フランス代表と対戦。開始9分でクレイグ・グッドウィンが先制ゴールを決めたものの、その後は押し込まれる展開が続き、終わってみれば1-4と大敗を喫した。続く第2節ではファジアーノ岡山で活躍しているミッチェル・デュークの得点を守り切り、チュニジア代表に1-0で勝利。勝てば文句なしで決勝トーナメント進出を決められる状況で最終節を迎えた。一方、デンマーク代表は初陣のチュニジア代表戦は最後まで得点を挙げられず、スコアレスドローで終了。第2節ではフランス代表と善戦しながらも1-2で敗れ、崖っぷちの状況で最終節に突入している。勝利した上で、他会場でチュニジア代表が引き分け以下で終わった場合、得失点差などを考えずに決勝トーナメントに駒を進めることができる。

     オーストラリア代表は前節からスターティングメンバーを1名変更。初戦はナサニエル・アトキンソン、2試合目はフラン・カラチッチが先発していた右サイドバックのポジションに、ミロシュ・デゲネクが入った。一方、デンマーク代表は前節から先発3名を入れ替え。マティアス・イェンセン、アンドレアス・スコフ・オルセン、マルティン・ブライトバイテがスタメンに名を連ねた。

     試合は序盤からデンマーク代表のペースで進む。11分、中央の縦パスをワンタッチで繋ぐと、イェンセンがフリーで抜け出す。ボックス右からフィニッシュまで持ち込んだものの、得点とはならない。19分には左サイドを駆け上がったヨアキム・メーレが深い位置まで侵入し、グラウンダーでマイナスに折り返すも、ここはオーストラリア代表の“守護神”マシュー・ライアンがセーブしてゴールを許さなかった。

     対するオーストラリア代表は数少ないカウンターでゴールを狙う展開に。41分、ボックス手前に引いてボールを引き出したデュークがミドルシュートを狙ったが、この一撃はGK正面へ。前半はこのままスコアレスで終了している。

     後半に入ると徐々にオーストラリア代表が押し上げられる時間帯を増やしていくも、基本的にはデンマーク代表が試合の主導権を握る。それでも60分、自陣ペナルティエリア内でボールを奪ったところからカウンターを発動。デュークがポストプレーで左サイドにはたくと、開いた位置でボールを受けたライリー・マッグリーが背後のスペースへスルーパスを送る。抜け出したマシュー・レッキーは2人のDFと対峙するも、深い切り返しから左足でフィニッシュ。シュートはDFの股を抜けてファーサイドに吸い込まれ、ここまで劣勢だったオーストラリア代表が先手を取った。

     その後は1点が必要なデンマーク代表が前に出るも、オーストラリア代表は中央を固め、最後の最後で自由なフィニッシュを許さない。最後の最後まで攻撃を続けたものの、デンマーク代表は最後まで1点が遠く、試合はこのままタイムアップを迎えた。

     この結果、オーストラリア代表は今大会2勝目を手にし、他会場の結果を待たずにグループ突破が確定。2006年開催のドイツ大会以来、4大会ぶりに決勝トーナメントへ駒を進めることとなった。一方、デンマーク代表は未勝利で大会を去ることが決まっている。

     決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)は12月3日からスタート。グループDを2位で通過したオーストラリア代表は3日、グループCを首位通過したチームとの一戦に臨む

    【スコア】
    オーストラリア代表 1-0 デンマーク代表

    【得点者】
    1-0 60分 マシュー・レッキー(オーストラリア代表)

    【スターティングメンバー】
    オーストラリア代表(4-4-2)
    GK:ライアン
    DF:デゲネク、サウター、ロールズ、べヒッチ
    MF:レッキー(89分 フルスティッチ)、アーバイン、ムーイ、グッドウィン(46分 バッカス)
    FW:デューク(82分 マクラーレン)、マッグリー(74分 ライト)

    デンマーク代表(4-2-3-1)
    GK:シュマイケル
    DF:R・クリステンセン(46分 バー)、アンデルセン、A・クリステンセン、メーレ(69分 コルネリウス)
    MF:ホイビュルク、イェンセン(59分 ダムスゴー)、スコフ・オルセン(69分 スコフ)、エリクセン、リンドストロム

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5aa086dc4a13cb84d31ef5a100568427f47c90f2

    【【サッカーW杯】オーストラリア、4大会ぶりに決勝T進出! レッキーが決勝弾…デンマークは未勝利で敗退決定❓❗】の続きを読む


    サッカーセネガル代表(サッカーセネガルだいひょう、Équipe du Sénégal de football)は、セネガルサッカー連盟によって編成されるセネガルのサッカーのナショナルチームである。ホームスタジアムは首都、ダカールにあるスタッド・レオポール・セダール・サンゴール。愛称はテランガのライオンたち(Les…
    22キロバイト (1,279 語) - 2022年11月27日 (日) 11:31

    1 久太郎 ★ :2022/11/26(土) 00:01:51.20ID:CKD8hW1J9
    現地時間25日、カタール・ワールドカップ(W杯)はグループAの第2節が行われ、開催国のカタール代表とセネガル代表が対戦した。

    【スタッツ・フォーメーション】カタール対セネガル

    W杯史上初の開幕戦で敗れた開催国となってしまったカタール。同じく初戦でオランダ代表に敗れたセネガルとの生き残りを懸けた第2戦も、地力で勝るセネガルに立ち上がりから押し込まれる展開となる。

    人数をかけて粘り強い守備を見せるカタールだが、徐々にセネガルの攻勢が強まり、ゴール前を固める一方でミドルレンジのスペースを使われ始める。24分にはゲイェのミドルシュートがゴール左へとわずかに外れた。

    オランダ戦に続いてエースのマネを欠いた影響を感じさせるセネガルだが、41分に意外な形で先制点が生まれる。左サイドからのクロスは精度を欠き、フーヒにクリアされるも足を滑らせまさかの空振り。思わぬミスから目の前に転がってきたボールにいち早く反応したディアが押し込み、前半の終わりという非常にいい時間帯にセネガルが先制する。

    さらにセネガルは後半の立ち上がりという最高の時間帯に追加点を奪う。48分、ヤコプスの右CKをニアサイドに飛び込んだディエディウがダイビングヘッドで巧みに合わせた。

    2点のビハインドを背負った後のないカタールは56分、右サイドからのFKがゴール前でこぼれ球となり、アブデルカリム・ハッサンが押し込むもこれは目の前にいたアルモエズ・アリに当たってしまう。

    61分にはA・ハッサンの強烈なロングシュートがゴール右へとわずかに外れ、63分にはA・アリが左足で狙い澄ましたシュートを放つも、ゴール左でGKメンディが横っ飛びではじき出した。

    流れを掴んだカタールは67分、左クロスをゴール前にフリーで飛び込んできたモハマドが合わせるが、セネガルの守護神GKメンディがまたしても驚異的な反応ではじき出した。

    攻勢のカタールはアルハイドス、ブーディアフを下げてムンタリ、ハテムを投入。一方、我慢の時間帯の続くセネガルはディアッタ、イスマイラ・サール、ディエディウを下げてパテ・シス、エンディアイェ、ディエンを投入し、77分にはナンパリス・メンディとヤコプスを下げてパペ・マタル・サールとパペ・アブー・シセを投入して逃げ切りを視野に入れる。

    しかし直後の78分、A・ハッサンの大きなサイドチェンジから、モハマドの右クロスをゴール前に飛び込んだムンタリが頭でピタリと合わせ、初出場のカタールがW杯初ゴールを挙げて1点差に詰め寄った。

    これで勢いに乗るカタールだが、セネガルも引かずに反撃。迎えた84分、エリア内右に抜けたエンディアイェの折り返しをディエンがダイレクトで合わせ、セネガルが3-1とリードを広げた。

    こうなると苦しいカタール。アディショナルタイムは6分と長く取られたが、逃げ切りを図るセネガルから追加点を奪うことは叶わず。逃げ切ったセネガルが今大会初勝利を挙げた。

    グループAの第3節、セネガルはエクアドル代表と、カタールは強豪オランダと対戦する。

    ■試合結果
    カタール 1-3 セネガル

    ■得点者
    カタール:ムンタリ(78分)
    セネガル:ディア(41分)、ディエディウ(48分)、ディエン(84分)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a03e21ce51cb8036c3aa66c8bbf9334f01b0b360

    【【動画】開催国カタール記念すべきW杯初ゴールも…セネガルが3ゴールを挙げて初勝利?!決勝Tへ❓❗】の続きを読む


    岡田 武史(おかだ たけし、1956年8月25日 - )は、日本の元サッカー選手、サッカー指導者。現在はFC今治運営会社「株式会社今治.夢スポーツ」代表取締役、日本エンタープライズの社外取締役、城西国際大学特任教授、日本サッカー協会参与(名誉役員)、ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ理事。…
    59キロバイト (7,405 語) - 2022年11月7日 (月) 07:44
    W杯生中継で岡田武史元監督が『日向坂46』にイラッ!?「空気が怖い」 [爆笑ゴリラ★]

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/11/29(火) 15:43:37.35ID:7F/axYZB9
    2022.11.29 10:31

    11月27日、サッカーワールドカップの日本vsコスタリカ戦がテレビ朝日系で生中継された。

    まさかの敗戦に中継スタジオに重苦しい空気が流れ、『日向坂46』影山優佳が災難な目に遭う場面も。アイドルファンたちから心配の声があがっている。

    アイドル界トップクラスのサッカーマニアとして知られる影山。ワールドカップ特番には度々出演しており、今回は試合会場と中継をつなぐテレビ朝日のスタジオにゲスト出演した。

    テレ朝スタジオのメンバーは影山のほか、元日本代表の中山雅史、名波浩をはじめ、スポーツキャスターの川平慈英、お笑い芸人の『ナインティナイン』矢部浩之、『千鳥』ノブなどの面々。

    そしてインターネットTVプラットフォーム「ABEMA」のスタジオには、サッカー日本代表の元監督・岡田武史氏らサッカー関係者が並ぶ。

    さらに現地の中継先には、元日本代表の内田篤人や槙野智章が出演。テレ朝、ABEMA、現地の計3つをつないだ中継が行われた。

    日本代表の敗戦後、それぞれが感想を述べていくことになった際、まず岡田元監督は「リスクを冒してやるべき試合かと考えると、途中まではアレでよかったんじゃないかと思います」とコメント。

    様々な批判が寄せられている日本代表の戦い方を、軽くフォローした。


    「岡田監督、影ちゃんのアンチだろ」

    その後、出演者が次々に感想を述べていき、内田がコメントする番になったのだが、内田は「全部結果論になっちゃうので難しいコメントになるかも…」と口ごもり、「まあ一番サッカー詳しいと思う影山さんに聞いたら、なんか答えてくれるかもしれません」と影山にキラーパスを出す。

    急遽話を振られた影山は、驚きながらも「じゃあ質問良いですか。岡田さん、先ほど『途中までよかった』という話があったと思うんですけど、後半『日本にもっとこうしてほしかった』って岡田さんが思われるポイントってどこがあるでしょうか?」と質問を繰り出した。

    すると岡田元監督は、真顔で「途中までよかったって言ったつもりなかったんですけど」と影山の言葉を全否定。

    周りから「言ってましたよ」とツッコミが飛ぶと、「ああそう?」と軽くいなし、それから日本代表の問題点を指摘していった。

    一瞬ピリついたこのシーンに影山のファンはモヤモヤ。ネット上では

    《影ちゃんに気遣わせるなよ岡田監督さんよぉ》
    《岡田、影ちゃん、いじめんなや》
    《岡田監督ひでぇな。1分前に言ったことをひっくり返して…影ちゃんかわいそうや》
    《岡田監督、影ちゃんのアンチだろ》
    《テレビの影山優佳、岡田監督にビビっててかわいそうだった》
    《影山優佳ちゃん、ちょっとかわいそう 岡田監督とか内田篤人…怒り気味》
    《現場の空気が怖い》
    《やっぱみんなイラついてるなw 空気がヤバい》
    《Abemaのメンツみんな機嫌悪くて下手に話展開出来ないなw》
    といった心配の声があがっていた。

    しかし、生放送ですぐに話を繋げた影山には絶賛の声も多くある。これからも堂々とアイドルキャスターとして活躍してほしいものだ。

    https://myjitsu.jp/archives/395417

    【W杯生中継で岡田武史元監督が『日向坂46』にイラッ!?「空気が怖い」「丸山桂里奈の方がまだいい」「実際にプレーしてみろ」の声💦】の続きを読む

    このページのトップヘ