まとめだかニュース速報@

あくまで、当サイトはTwitter、2ch情報 及び YouTube動画や出典先の記事の転載です。※当然、出典先(動画、画像など)の質問はお答えできません。※コメント集はネットの反応(2chコメントなど) 誹謗中傷の意図等はありません。※ただし、ファンが多くいることで成り立っている芸能界、有名人等は話題になりやすいため、本人の申し出であれば、記事の削除対応等を行う。※メッセージコメントは内容によりスクショの上 削除通報

    タグ:#最高


    ハンジ・フリックことハンス=ディーター・フリック(Hans-Dieter "Hansi" Flick,1965年2月24日 - )は、西ドイツ・ハイデルベルク出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。2021年7月よりドイツ代表の監督を務める。現役時代のポジションはミッドフィールダー。 ドイツ
    13キロバイト (1,227 語) - 2022年11月15日 (火) 17:01

    1 ひかり ★ :2022/11/24(木) 09:34:20.15ID:yPDJQ8Wx9
    サッカー日本代表のワールドカップ(W杯)の1次リーグE組初戦・ドイツ戦を生中継したNHK総合(23日午後9時50分~24日午前0時30分)の平均視聴率が35・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが24日、分かった。瞬間最高視聴率は23日午後11時59分、7分の後半アディショナルタイムが過ぎ、歴史的な金星を告げる笛が鳴り、全選手がピッチになだれ込んだ場面で40・6%だった。

     7大会連続7回目出場でFIFAランク24位の日本は23日、1次リーグE組初戦で同11位のドイツを2―1と逆転で破った。1点を追う後半30分に途中出場のMF堂安律(24=フライブルク)が同点弾を挙げると、38分には同じくFW浅野拓磨(28=ボーフム)が決勝弾。ドイツ1部リーグでプレーする2人がW杯を4度制したドイツを相手に値千金のゴールを決めた。W杯で優勝国から勝ち点を奪うのは日本サッカー史上初で、逆転勝利も初めて。森保一監督(54)が目標として掲げるベスト8以上へ向けて大きく前進した。

     日本代表戦の視聴率で過去最高は02年日韓大会のロシア戦(フジテレビ系)で記録した66・1%(02年6月9日午後8時)。

    【サッカーW杯関連の高世帯視聴率】関東地区、ビデオリサーチ調べ

    <1>66・1% 日韓大会・日本×ロシア(02年6月9日午後8時放送開始、フジ)

    <2>65・6% 日韓大会・ドイツ×ブラジル(02年6月30日午後8時57分、NHK)

    <3>60・9% フランス大会・日本×クロアチア(98年6月20日午後9時22分、NHK)

    <4>60・5% フランス大会・日本×アルゼンチン(98年6月14日午後9時22分、NHK)

    <5>58・8% 日韓大会・日本×ベルギー(02年6月4日午後6時53分、NHK)

    <6>57・3% 南アフリカ大会・日本×パラグアイ(10年6月29日午後10時40分、TBS)

    <7>52・7% ドイツ大会・日本×クロアチア(06年6月18日午後9時35分、テレ朝)

    <8>52・3% フランス大会・日本×ジャマイカ(98年6月26日午後10時52分、NHK)

    <9>49・0% ドイツ大会・日本×オーストラリア(06年6月12日午後9時50分、NHK)

    <10>48・7% ロシア大会・日本×コロンビア(18年6月19日午後9時53分、NHK)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a8a2f8d17925835834e029706c62548acb0fb57c

    【カタールW杯 日本対ドイツの試合が瞬間最高視聴率40・6%!【動画・ドイツ監督「日本は我々より●●だった」】❓❗】の続きを読む


    大谷徹とバドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる(長男は社会人野球選手でトヨタ自動車東日本硬式野球部所属の大谷龍太)。 翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。…
    229キロバイト (30,785 語) - 2022年10月6日 (木) 19:11

    1 ネギうどん ★ :2022/10/07(金) 17:46:10.18ID:CAP_USER9
    投打ダブル規定到達、前日の死球で注目浴びたシーンとは

     米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、敵地アスレチックス戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。今季最終戦で規定投球回に到達し、規定打席と合わせたダブル規定到達を果たした。前日には右腕に死球を受けて心配されたが、一塁ベースで敵選手と笑顔で声を掛け合っていた姿がファンの間で話題に。米投球分析家はその内容を“解読”していたが、米メディアも「面白い脅し」「楽しそうだ」などと紹介していた。

    【動画】「あれは面白かった。ショウヘイは最高だ」 いたずらっぽい笑みの大谷翔平、絶賛された一塁*ウンとの会話シーン

     話題になったのは4日(同5日)のアスレチックス戦。3回の打席で右上腕に死球を受け、大谷はその場にうずくまった。史上初のダブル規定到達をかけた先発登板を翌日に控えているとあり、心配された。それでも一塁に歩いていくと、待っていた一塁手セス・ブラウンに何か声をかけ、いたずらっぽい笑みを浮かべた。ブラウンも何か言葉を返し、肩を抱いた。なんとも心温まるシーンだった。

     ツイッター上では、日本人にも「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏が内容を“解析”。映像に字幕をつけた。それによると、大谷は「Tomorrow(明日な)」と言い、ブラウンは「Don’t do that to me(俺にはやめてくれ!)」と返したと分析。大谷が“君にぶつけて、この仕返しをするよ”という意味のジョークを投げかけたとみていた。

     米ファンからも「彼を愛さずにいるなんて不可能だよ」「どんな時も一流だ!」などと反響が集まっていたこの場面。米全国紙「USAトゥデー」のスポーツとエンタメの専門サイト「フォー・ザ・ウィン」も「ショウヘイ・オオタニがアスレチックスの一塁手、セス・ブラウンが死球後に“面白い”脅しを仕掛けた」と見出しを打って報じた。

     記事では「オオタニはブラウンに対して『明日な』と言った。もちろんこれは冗談で、ブラウンも楽しそうだった。「俺に当てるなよ!」って感じで」「あれは面白かった。ショウヘイは最高だ」などと、大谷のやりとりを絶賛していた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f570c3711626e51836f552d3d28ba911abf4b779

    【【動画】大谷翔平、死球直後に敵を“脅した”ジョーク 解読され米全国紙も絶賛「彼は最高だ」】の続きを読む

    このページのトップヘ