まとめだかニュース速報@

あくまで、当サイトはTwitter、2ch情報 及び YouTube動画や出典先の記事の転載です。※当然、出典先(動画、画像など)の質問はお答えできません。※コメント集はネットの反応(2chコメントなど) 誹謗中傷の意図等はありません。※ただし、ファンが多くいることで成り立っている芸能界、有名人等は話題になりやすいため、本人の申し出であれば、記事の削除対応等を行う。※メッセージコメントは内容によりスクショの上 削除通報

    タグ:#サッカー


    堂安 (どうあん りつ、1998年6月16日 - )は、兵庫県尼崎市出身のプロサッカー選手。ドイツ・ブンデスリーガ・SCフライブルク所属。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。日本代表。 尼崎市立浦風小学校・尼崎市立小田南中学校出身。小学生時代には浦風FCに所属していた。ヴィッセル神戸のサッ…
    47キロバイト (4,952 語) - 2022年11月27日 (日) 19:58
    【サッカー】MF堂安律がスペイン撃破へ宣言「みんなに真のエースだと思わせる」 [爆笑ゴリラ★]

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/11/29(火) 19:54:03.60ID:sSY3ltoi9
    11/29(火) 18:51配信
    東スポWEB

    MF堂安律がスペイン撃破へ宣言「みんなに真のエースだと思わせる」

    【FIFAワールドカップ】森保ジャパンのMF堂安律(24=フライブルク)が〝運命の一戦〟でエース襲名だ。

     日本代表はカタールW杯1次リーグ最終戦のスペイン戦(12月1日)に向けて着々と準備を進めているが、その中でひときわ闘志をギラつかせているのが堂安だ。

     初戦のドイツ戦では値千金の同点ゴールで2―1の逆転勝利の立役者に。しかし続くコスタリカ戦では先発しながら不発に終わり0―1と敗戦を喫した。29日に取材に応じた堂安は「自分たちが招いてしまったこういう状況だけど、最高の状況だなと。日本時間は朝4時だけど、この〝おいしい状況〟を日本国民が見てくれると思って、その期待に応えたい」と活躍を誓った。

     すでに黒星からの切り替えはできており「フラストレーションはあったけど、もう戻ってこない時間なので前だけ見ていこうといろんな方が伝えてくれていた」とチームはスペイン撃破へまとまっている。

     相手のスペインとは、昨夏の東京五輪でオーバーエージ(OA)も入ったA代表に近いメンバーと準決勝で対戦。延長戦の末に0―1と敗れたが、この時の経験が今回に生きるという。「ボールを保持したがる国のスタイルなので、ボールを持たせながら守備をする時間が長くなる。取った後にどれだけ攻撃の時間を増やしてカウンターできるか。スタイルは分かっている。1年で同じ相手に2回も負けられない」。27日のスペイン―ドイツ戦もチェックしており、リベンジへ対策は万全だ。

     大一番で再び歴史的ゴールを決めて日本のエースを襲名する覚悟を持っている。「みんなに真のエースだなと思わせるには結果しかない。(それはゴール?)もちろんです!」と堂々宣言。「メンタル的な部分でも勇気を与えられるように振る舞いたい」とチームのリーダーとして貫禄も出てきた。

     有言実行の男の一撃に期待は高まるばかりだ。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4b5a7b1a4ed61b409f21f2b8b99d4d7a2be8cbfe

    【堂安律がスペイン撃破へ宣言「みんなに真のエースだと思わせる」❓❓】の続きを読む


    ルイス・エンリケことルイス・エンリケ・マルティネス・ガルシア(Luis Enrique Martínez García、1970年5月8日 - )は、スペイン・ヒホン出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。スペイン代表の監督を務める。現役時代のポジションはミッドフィールダー。 現役時代にはレアル・マドリードとFCバルセロナでプレーした。…
    23キロバイト (1,812 語) - 2022年1月9日 (日) 09:00

    1 Anonymous ★ :2022/11/28(月) 09:47:57.03ID:HfLy9W9X9
    首位スペインは日本との最終戦で引き分けても勝ち抜けられる。ただ、ルイス・エンリケ監督はドイツ戦後にこう述べた。

    「我々は*グループで首位に立っている。

    引き分けでも十分かもしれないが、日本戦は勝ちにいく。

    (ドイツ対コスタリカの)推測はしない。

    (日本戦にベストチームで臨むと断言できるかと聞かれると)

    競争力の高いメンバーになることは保証できる。

    誰がプレーするかは問題ではない、全員がいい選手だからね。

    ドイツはまずコスタリカに勝つことを考えなければいけないが、我々は日本を打ち負かしに行く」
    日本戦は引き分け狙いではなく、勝つことしか考えていないとのこと。

    注目の試合は日本時間2日(金)に行われる。

    https://qoly.jp/2022/11/28/spain-enrique-on-japan-1128-iks-1

    【【動画】スペイン監督の言葉が話題に「日本戦はガチで勝ちにいく」❓❗】の続きを読む


    防衛費(軍事)はアメリカ合衆国、中華人民共和国、フランス、イギリス、ロシアに次いで世界第六位である。日本の防衛費が最大となったのは2002年度予算で、その額は4兆9,560億円であった。以後防衛費は減少を続けている。 日本の防衛費はその経済力に比較して抑制されている。G8諸国の軍事
    50キロバイト (8,219 語) - 2022年9月3日 (土) 07:04

    1 蚤の市 ★ :2022/11/27(日) 07:07:25.49ID:JmonqjWZ9
     政府・与党は、2023年度から5年間の中期防衛力整備計画(中期防)における防衛費総額を40兆円超とする方向で調整に入った。5年目の27年度には、防衛に資する研究開発など安全保障関連の経費と合わせ、北大西洋条約機構(NATO)加盟国が目標とする対国内総生産(GDP)比2%以上とする方針だ。

     複数の政府・与党関係者が明らかにした。中期防では、5年間で整備する自衛隊の装備や経費総額を定める。年末までに国家安全保障戦略と防衛計画の大綱とともに改定される。現中期防の総額は約27兆4700億円で、防衛力抜本強化に向け、大幅に積み増す。


     防衛省は次期中期防の総額を約48兆円と提示し、財務省は約35兆円が妥当と回答した。浜田防衛相と鈴木財務相が折衝している。

     自民党内では「40兆円を割り込むのは許容できない」(防衛相経験者)との声が大勢だ。政府は党の意見も考慮し、防衛力抜本強化の決意を内外に示す上で、40兆円超とする必要があるとの判断に傾いた。22年度の防衛費は約5兆4000億円で、23年度には6兆円台とし、27年度に向けて毎年増額させる方向だ。

     自民党内には、国防族を中心に40兆円台半ば以上を主張する意見もある。政府・与党は12月上旬までに大枠を定めたい考えだ。

    防衛省は防衛費の大幅増を要求している
     防衛省の原案では、自衛目的で敵のミサイル発射拠点などを破壊する「反撃能力」の有力手段となる「スタンド・オフ・ミサイル」購入などの関連費で5兆円を計上。この他では宇宙関連2兆円、サイバー関連3兆円などが柱となる。財務省は、費用対効果に疑問がつく予算が多いとして削減を求めるが、政治決着による積み上げは受け入れざるを得ない情勢だ。

     中期防の防衛費には、防衛に資する防衛省以外の研究開発費、公共インフラ(社会基盤)整備費などは含まれない。政府はこうした安保関連の予算を計上する仕組みを創設する方針だ。防衛費に安保関連経費や海上保安庁予算を合わせ、27年度にGDP比2%以上を目指す。22年度当初予算の防衛費のGDP比は0・96%。現行の経済規模だと2%は約11兆円となる。

    読売新聞 2022/11/27 05:00
    https://www.yomiuri.co.jp/politics/20221126-OYT1T50336/

    【防衛費「5年間で40兆円超」で調整❓❗】の続きを読む


    森保 一(もりやす はじめ、1968年8月23日 - )は、日本の元サッカー選手(MF)、指導者(JFA 公認S級コーチ)。静岡県掛川市で生まれ、長崎県長崎市育ち。元サッカー日本代表。日本代表監督。 静岡県掛川市で生まれたが、父親が造船関係者だったため、幼少期から名古屋市、横須賀市、佐賀県唐津市と各…
    37キロバイト (3,645 語) - 2022年11月24日 (木) 12:54

    1 jinjin ★ :2022/11/27(日) 00:23:11.60ID:VLLL2cQ99
    森保監督が公式会見 コスタリカ戦でスタメンの入れ替え示唆「1試合目の疲労も考慮」


    【FIFAワールドカップ】日本代表の森保一監督(54)が26日に、カタールW杯1次リーグ第2戦のコスタリカ戦(27日に)に向けて公式会見に出席した。


    指揮官はまず、ドイツ戦での大金星が日本中にフィーバーを巻き起こしていることに自ら言及。
    「勝利を非常に喜んで頂けていたという情報を見ているので、コスタリカ戦でも我々が勝利して国民のみなさんに喜んで頂けるようにベストを尽くしたい」と必勝を誓い、さらに日本を熱狂させると宣言した。


    スタメンに大きな注目が集まるが「選手起用については、まずは明日のベストということで考えている。1試合目の疲労なども考慮して選んでいきたい」と中3日という過密日程からドイツ戦から入れ替えがあることを示唆した。

    続けて「メンバーに関しては、また明日の発表を楽しみにして頂きたい」と詳細は煙に巻いた。


    その上で「明日の試合は非常に重要な試合。難しい、厳しい試合になることを覚悟して臨まないと。目の前の一戦に最善の準備をする。我々が今持っているものをすべてぶつける。連勝がどうこうではなく、勝つために戦う」とコスタリカ戦へ強い意気込みを見せた。

    世界中から称賛を浴びている指揮官の采配。
    再び森保マジックがサク裂となるか注目が集まる。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/76b85ae7721529745c1521463fcc605587eda78c

    【森保監督、コスタリカ戦でターンオーバーのスタメン入れ替え示唆❓❗】の続きを読む


    アメリカは英語圏であるためにイギリス系が多いと思われがちだが、もっとも多いのはドイツ系(17.1%)で、その次がアイルランド系(12.1%)、3番目にイングランド系(9.0%)となっている。スコットランド系やウェールズ系なども含めたイギリス系アメリカ人は13.0%を数え、ドイツ系、アイルランド
    221キロバイト (26,201 語) - 2022年11月25日 (金) 10:25

    1 ゴアマガラ ★ :2022/11/26(土) 05:59:56.09ID:eWtuqrur9
    [11.25 カタールW杯B組第2節 イングランド 0-0 アメリカ アルホール]

     カタールワールドカップは25日、グループリーグ第2節を行い、イングランド代表がアメリカ代表と0-0で引き分けた。初戦で圧勝した勢いは影を潜め、劣勢のまま試合終了を迎え、開幕2連勝とはならず。29日の最終節ではイングランドがウェールズ、アメリカがイランと決勝トーナメント進出をかけて激突する。

    初戦でイランを6-2で下したイングランドと、ウェールズに1-1で引き分けたアメリカとの一戦。イングランドは前節で負傷交代していたFWハリー・ケイン(トッテナム)を含む11人が同じメンバーとなった一方、アメリカはFWジョシュ・サージェント(ノリッジ)に代わってFWハジ・ライト(アンタルヤスポル)を起用し、システムも4-3-3から4-4-2に変更した。第4の審判員には日本人の山下良美氏が入った。

    試合は序盤こそイングランドが主導権を握り、ケインのクロスやセットプレーでチャンスをつくったが、徐々にアメリカペースに移行。相手ビルドアップを高い位置で封鎖すると、右サイドのDFセルジーニョ・デスト(バルセロナ)とMFウェストン・マッケニー(ユベントス)が巧みにギャップを突き、
    カウンター攻撃に打って出る。前半19分には最初の決定機。マッケニーのクロスからFWティモシー・ウェア(リール)が惜しいヘッドを放った。

    そのままアメリカが一方的に攻め込むようになるが、前半26分にはハジ・ライトのクロスからマッケニーが決定的なダイレクトシュートを放つも枠外。同29分のMFユヌス・ムサ(バレンシア)のミドルシュートはGKジョーダン・ピックフォード(エバートン)の正面に飛び、同33分のFWクリスティアン・プリシッチ(チェルシー)の左足シュートはクロスバーに阻まれ、得点を奪うことはできなかった。

    すると前半の終わり頃にはイングランドが持ち直し、44分には細かい崩しからMFメイソン・マウント(チェルシー)が左サイドを攻め上がり、マイナス方向へのクロスにMFブカヨ・サカ(アーセナル)が反応。だが、シュートは枠の上に外れる。アディショナルタイム1分にはDFルーク・ショー(マンチェスター・U)の斜めのパスをFWラヒーム・スターリング(チェルシー)が受けると、スルーパスにマウントが抜け出すも、これも枠外に飛んだ。

    ハーフタイム明けにはアメリカがいったん4-3-3に布陣を変えると、後半4分には最初のチャンス。DFアントニー・ロビンソン(フルハム)のボール奪取からプリシッチが持ち上がり、左に開いたハジ・ライトがカットインから右足一閃。
    相手DFに阻まれたが、跳ね返りを拾ったマッケニーがミドルレンジから強烈なミドルシュートを放った。

    その後はイングランドが前進できる機会は増えたが、アメリカが修正を加えたことで目立ったチャンスはなし。後半23分にはガレス・サウスゲート監督が両チームを通じて最初の交代カードを使い、スターリングとMFジュード・ベリンガムを下げてMFジャック・グリーリッシュ(マンチェスター・C)とMFジョーダン・ヘンダーソン(リバプール)を投入し、戦況を動かしにかかった。

    一方のアメリカもマッケニーとデストが足をつって選手交代を強いられる中、イングランドはサカに代わってFWマーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)を投入し、さらに攻撃的な策に出た。それでも終了間際、
    L・ショーのFKから放ったケインのヘッドも枠を外れ、そのまま試合はタイムアップ。イングランドは勝ち点4、アメリカは勝ち点2となった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c56cc448dd35fef8d36799a09ecfada04b04de84

    【【動画】初戦圧勝の勢いどこへ…イングランド、アメリカに劣勢ドロー❓❗】の続きを読む

    このページのトップヘ