まとめだかニュース速報@

あくまで、当サイトはTwitter、2ch情報 及び YouTube動画や出典先の記事の転載です。※当然、出典先(動画、画像など)の質問はお答えできません。※コメント集はネットの反応(2chコメントなど) 誹謗中傷の意図等はありません。※ただし、ファンが多くいることで成り立っている芸能界、有名人等は話題になりやすいため、本人の申し出であれば、記事の削除対応等を行う。 話題の参考に活用ください。ユーモアな面白いコメントお願いします。

    カテゴリ:サッカー > 三笘薫


    ロワイヤル、ユニオンサンジロワーズ(1回優勝)、スタンダール・クリュブ・リエジョがいた。1932年12月25日より3シーズンにわたるユニオンサンジロワーズによる60試合無敗記録が始まり、1932-33・1933-34・1934-35シーズンのタイトルを獲得した。当時のユニオン
    68キロバイト (2,854 語) - 2021年10月17日 (日) 01:34



    (出典 www.football-zone.net)


    三苫薫のドリブルに驚愕!「日本を水からワインに変えた」❓❗

    1 Egg ★ :2021/11/17(水) 22:28:24.04

    苦しみながら今回も勝点3をもぎ取った。

     サッカー日本代表は現地11月16日にワールドカップアジア最終予選でオマーン代表と対戦し、1-0で勝利を収めた。

     ベトナム戦に続き、この試合でも終盤までスコアレスが続くなど、日本には苦しい展開となったが、途中出場の三苫薫のクロスを伊東純也が叩き込み、敵地での連勝に繋げた。

     この結果とともにグループ2位につけいていたオーストラリア代表が中国代表と引き分けたため、日本は2位に浮上、アウェー2連戦を最高の結果で乗り切ることとなった。

     特に初代表・初出場の三苫の活躍は、今後へ向けても頼もしい存在であることが示された。後半からピッチに立つと最初のプレーで挨拶代わりのドリブルで仕掛け、敵陣深い位置でファウルを獲得。再三にわたるドリブル突破は、明らかにこれまでの日本には無かったリズムを生み出していた。

     この三苫のプレーには海外からも称賛の声が上がっている。伯メディア『globo.com』は勝利に導いた三苫のプレーを讃えるとともに、日本の試合内容を様々なコメントでレポートしている。

     同記事では冒頭から「サムライブルーデビューのミトマが勝利をお膳立てした」と綴られており、「才能ある左ウイングの加入は、日本チームを水からワインへと変えた」との表現で三苫の効果的なプレーを評している。
     
     さらに「ボールを持つと、必ずドリブルで少なくとも一人は抜き去り、危険な状態を作り出していた」と分析している他、「1対1で違いを生み出していた」と今回の立役者の活躍を振りかえった。

     一方で、森保一監督へは複雑な内容の言葉が並んだ。先発メンバーについては「モリヤスは先週のベトナム戦での激闘を経て、スタメンを1人しか変えなかった」として出場停止の守田英正以外の10人が同じ顔ぶれだったことを指摘。また「オマーン戦のメンバーを発表時、JFAのソーシャルメディアへの投稿に『オヤスミナサイ』というシンプルな反応を示した人がいた」と日本のSNSの内容を取り上げ、選手起用に苦言を呈した。

     これ以外でも、後半途中のたび重なる戦術変更を「モリヤスは同じ試合で2回もフォーメーションを変えた? 奇抜な発想だ」と驚きとともに伝えている。

     新たな戦力による目覚ましい活躍が見られた今回の戦いだったが、海外メディアからの指揮官への評価は決して高くはないようだ。最終予選は残り4試合。W杯へ向かう戦いの行方はまだ見えてこない。

    11/17(水) 18:12 ザ・ダイジェスト
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b0b53aa32ae175f7f2f1b2aee28738cc9e18c620

    写真
    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=426&exp=10800


    【三苫薫のドリブルに驚愕!「日本を水からワインに変えた」❓❗】の続きを読む


    三笘 (みとま かおる、1997年5月20日 - )は、神奈川県川崎市出身のプロサッカー選手。ジュピラー・プロ・リーグ・ユニオン・サン=ジロワーズ所属。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。 兄の影響でサッカーを始める。川崎フロンターレU-10に加入し、高校卒業まで川崎の下部組織でプレーした
    17キロバイト (1,717 語) - 2021年10月16日 (土) 22:03



    (出典 www.football-zone.net)


    【サッカー】三笘薫が圧巻の大活躍!リーグ初ゴール含むハット達成、2点ビハインド&数的不利から勝利に導く❓❗

    1 久太郎 ★ :2021/10/17(日) 01:10:07.51

    ジュピラーリーグ第11節が行われ、ユニオン・サン・ジロワーズがセランと対戦した。

    ホームでの一戦となったユニオンだったが、31分、35分と立て続けに失点。さらに前半終了間際にアマニが2枚目のイエローカードで退場となり、苦境に立たされる。

    そして迎えた後半開始、ユニオンは三笘薫をピッチに立たせた。すると、日本人ドリブラーが躍動。まずは55分に反撃の狼煙を上げるゴールを奪う。クラブ公式SNSも「素晴らしいムーブからスコアを伸ばした」と伝えた。

    さらに、同点で迎えた76分にはこの日自身2ゴール目を奪い、チームを逆転に導いた。そして90分に3度ネットを揺らし、ハットトリックを達成。後半45分間だけで3ゴールを奪う圧巻の大活躍で、劣勢のチームを逆転勝利に導いている。

    ユニオンは2点差&数的不利をひっくり返し、4-2で連勝。勝ち点も22にまで伸ばし、暫定ながら首位に立った。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6cb05ea05572f6461ee3e2e9ff9847a8adc77b1a


    【【動画】三笘薫、海外移籍後初のハットトリックで大逆転❓❗】の続きを読む

    このページのトップヘ