まとめだかニュース速報@

あくまで、当サイトはTwitter、2ch情報 及び YouTube動画や出典先の記事の転載です。※当然、出典先(動画、画像など)の質問はお答えできません。※コメント集はネットの反応(2chコメントなど) 誹謗中傷の意図等はありません。※ただし、ファンが多くいることで成り立っている芸能界、有名人等は話題になりやすいため、本人の申し出であれば、記事の削除対応等を行う。※コメントは内容によりスクショの上 削除通報

    カテゴリ: ゴルフ


    2018年:クリスティン・ギルマン 2019年: ガブリエラ・ルフェルズ 2020年:ローズ・チャン 2021年:ジェンセン・キャッスル 2022年: 馬場咲希 Bandon Dunes Golf Resort is also slated to host in 2032 and 2041. Atlanta
    10キロバイト (1,224 語) - 2022年8月15日 (月) 00:53
    【ゴルフ】17歳馬場咲希、全米女子アマV!9ホール残す圧勝で服部道子以来37年ぶり2人目の日本勢制覇 [ネギうどん★]

    1 ネギうどん ★ :2022/08/15(月) 13:14:43.25ID:CAP_USER9
    <ゴルフ:全米女子アマチュア選手権>◇決勝◇14日(日本時間15日)◇米ワシントン州ユニバーシティープレース・チェンバーズベイ(パー73)

    初出場の馬場咲希(17=日本ウェルネス高2年)が、21歳のモネ・チャン(カナダ)に11アンド9の大差で圧勝し、1985年の服部道子以来37年ぶり2人目の日本勢優勝を果たした。

    36ホールで戦う決勝で、馬場は最初のホールでパーセーブ。対してチャンはボギー発進となった。その後、馬場は5番までに4アップと差を広げた。6番でダブルボギーとし落とすが、すぐさま7番で奪い返し、その後も3つのホールを奪って、前半の18ホールだけで7アップと大差を広げた。

    約2時間の休憩後、後半1ホール目となる19番はともにパーセーブで発進した。20番でチャンがバーディーを奪い、さらに21番で馬場がパーパットを外して、馬場の5アップとなった。

    勢いは止まらない。175センチの長身から、伸びやかなショットが青空へ向かう。今大会は正確なショットでゲームメーク。グリーン周りでも安定したプレーが目立っている。22番で馬場がバーディーパットを決めると、チャンはバーディーパットを外す。これで6アップ。続く23番パー4では、馬場がグリーン脇のカラーからチップインバーディーを決め、7アップと一気に引き離しにかかった。

    24番パー4でも馬場がバーディーを奪い、8アップ。25番パー4では相手がボギーとする中、パーで9アップ。ラウンドを見守るギャラリーの中には大きな日本国旗を肩にかつぐ男性の姿もあった。26番パー5でもバーディーパットを決めて10アップ。流れは止まらなかった。

    そして27番パー3でも鮮やかなバーディーを奪い、11アップ。この瞬間、日本人37年ぶりの戴冠という歴史的偉業を手にした。

    ◆馬場咲希(ばば・さき)2005年(平17)4月25日生まれ、東京都出身。

    ◆ゴルフ歴 父親の勧めで5歳で始め、18年に東京都ジュニアゴルフ選手権優勝。21年東京都アマ選手権優勝。今年の日本女子アマは9位。全米女子オープンでは予選通過し49位。

    ◆武器はドライバー ドライバーの平均飛距離は、プロでもトップクラスの270ヤード。

    ◆長身 175.3センチで野球に誘われたことも。同じ名前で長身のプロレスラー、ジャイアント馬場は「全く知らない」が「見習って世界チャンピオンになりたい」。

    ◆あこがれの選手 ネリー・コルダ、脇元華。

    ◆家族 両親と姉、妹2人。

    https://www.nikkansports.com/sports/golf/news/202208150000225.html

    【【全米女子アマV】馬場咲希(17)の全米女子アマ優勝に37年ぶり日本勢制覇にも批判殺到❓❓】の続きを読む


    松山 英樹(まつやま ひでき、1992年2月25日 - )は、日本のプロゴルファー。レクサス(トヨタ自動車)所属。 日本人最年少マスターズ予選通過者(当時19歳)。アマチュア時代には、日本のアマチュアゴルファーとして初めてマスターズ・トーナメントの出場権を獲得し、2011年には同大会のロー・アマチ
    35キロバイト (3,155 語) - 2021年10月24日 (日) 07:58



    (出典 the-ans.jp)


    松山英樹 マスターズ以来の7勝目!国内開催の米ツアー初制覇で日米通算15勝目❓❗

    1 ひかり ★ :2021/10/24(日) 15:53:10.93

    ◆米男子プロゴルフツアー ZOZOチャンピオンシップ 最終日(24日、千葉・アコーディア習志野CC=7041ヤード、パー70)

     単独首位で出た松山英樹(LEXUS)が、4月のマスターズ以来となる米ツアー通算7勝目、日米通算15勝目を飾った。

     松山は6番パー5で12メートルを沈めるイーグルで後続に2打差をつけた。8番で3パットのボギーを喫した。9番でバーディーを奪ったキャメロン・トリンゲール(米国)に並ばれ、首位タイで前半9ホールを終えた。続く10番で連続バーディーを奪ったトリンゲールがこの時点で一歩リード。松山は11番で長いバーディーパットを沈め、首位に並び返した。

     松山は13番でバーディーを決めて1打リード。15番でもチャンスを沈め、2打差に広げた。17番をボギーとしたが、トリンゲールもボギーをたたき、松山がリードを守って逃げ切った。

     国内優勝は2016年11月以来、約5年ぶり。国内開催の米ツアー初制覇となった。2年前に習志野CCで行われた今大会では優勝したタイガー・ウッズ(米国)に3打及ばず2位だった悔しさを晴らした。この日の最終ラウンドは入場券が完売した中、母国の観客の応援も力にして、日本のエースが強さを証明した。

     ◆松山 英樹(まつやま・ひでき)1992年2月25日、愛媛・松山市生まれ。29歳。4歳からゴルフを始め、東北福祉大2年だった11年マスターズで27位となり日本人初のベストアマチュアに輝いた。同年の三井住友VISA太平洋マスターズでアマV。プロ転向した13年にツアー史上初のルーキー賞金王となり、同年秋から米ツアーに本格参戦して14年に初優勝。17年6月には世界ランクで日本男子最高の2位となった。今年4月のマスターズで日本男子初のメジャー制覇。180センチ、91キロ。家族は妻と1女。

    ◆ZOZOチャンピオンシップ 主催はファッション通販大手の株式会社ZOZOと米男子ツアー。日本ゴルフツアー機構と共催。賞金総額995万ドル(約11億3430万円)、優勝179万1000ドル(約2億417万円)で国内大会ではともに史上最高額。日本ツアーへの賞金加算はない。大会は予選カットなしの72ホールストロークプレー。
    報知新聞社

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f1291bbd10fc4bfe0693b72e9e1e491e8dc2e174


    【松山英樹 マスターズ以来の7勝目!国内開催の米ツアー初制覇で日米通算15勝目❓❗】の続きを読む


    松山 英樹(まつやま ひでき、1992年2月25日 - )は、日本のプロゴルファー。レクサス(トヨタ自動車)所属。 日本人最年少マスターズ予選通過者(当時19歳)。アマチュア時代には、日本のアマチュアゴルファーとして初めてマスターズ・トーナメントの出場権を獲得し、2011年には同大会のロー・アマチ
    32キロバイト (3,009 語) - 2021年6月7日 (月) 13:03



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    「松山英樹」の恩師が銀座高級クラブで豪遊 4400万円の交際費を巡り詐欺で書類送検❓❓

    1 首都圏の虎 ★ :2021/06/10(木) 11:16:56.15

     教え子の快挙の陰で恩師に不祥事か。マスターズ優勝の松山英樹選手を育てたことで知られる東北福祉大ゴルフ部の阿部靖彦監督(59)に高級クラブで散財した高額の交際費が発覚。詐欺で刑事告発された上、書類送検となっていたのだ。

    マスターズで悲願の優勝を果たした松山選手が真っ先に電話したのが阿部監督だった。4月12日に記者会見した監督は、

    「夢に向かい、人一倍の向上心で努力してきた結果」

     と、満面の笑みで話していた。実は阿部監督も負けず劣らず「人一倍の努力」により大学内での権力の階段を昇ってきたが、その渦中で、警察沙汰が明るみに出たのだ。

     一報は2019年12月、地元の河北新報が「特定の大学職員の交際費が単年度で4400万円を超えた」と伝えたこと。さらに、翌年の1月には「FLASH」がその特定の大学職員が阿部監督だったと明らかにした上で、銀座や六本木などの高級クラブで多額な支出をしていたと報じた。

    「19年10月に仙台北税務署が大学に税務調査に入ったんですよ」

     と大学関係者が明*。

    「すると、阿部さんの交際費が突出して高いことが判明。当時、大学の監事だった犬飼健郎弁護士が調査をすることになったのです」

     犬飼弁護士に尋ねると、

    「私のもとには“交際費が高いのは問題だ”“正当な交際費だ”とさまざまな大学関係者からの声が寄せられ、調査ののちに、上申書を大学側に提出しました」

     本誌(「週刊新潮」)が入手した19年11月23日付の犬飼弁護士による上申書は大学の総務部長の職にあった阿部監督を指し、こう言及している。

    〈平成27年度の交際費は4400万円を超えております。しかも銀座での飲食も、相当の程度にのぼっております。(中略)多くは、遊興のために使ったと言わざるを得ません〉

     実際、その年の交際費の支払先を確認すると、六本木にある高級クラブには年間13回、計約205万円が支払われ、また別の銀座の高級クラブでは、年間14回、計約192万円もの支払いが発生していた。明細には有名高級店が並び、1回あたりの交際費は10万円を超えている。阿部監督はもともと大学野球部OBで経営者の関係者でも何でもない。

    「その後」の推移について、東北福祉大の現役教授がこう憤る。

    「無論、一介の職員が使えるような額ではありません。20年1月に開かれた教授会で、ある教授から“こんなにも多額の交際費が使われるのはおかしい”と問題提起がなされました。ところが、直後にコロナ禍が拡がって、教授会の開催が制限され、追及も尻すぼみとなってしまいました」

     この間、交際費問題に関する調査委員会が設置された。今年の春の教授会で改めて報告があったという。

    「千葉公慈学長からの説明で“税法上は問題なく必要な交際費だった”という説明がなされました。ただ、なぜそういう結論に達したのか、経緯の説明はありません。阿部さんが高級クラブで接待していた相手の多くは東北福祉大の運営母体である曹洞宗の坊さんなど宗門関係者でした。普段から宗門との結びつきを強めてきた阿部さんが裏で手を回したなんて声も聞かれたほどです」(同)

    「仙台北署から…」
     確かに理事長も学長も曹洞宗の住職である。努力が功を奏したのか、阿部監督は学内でも「出世」を遂げていた。

    「昨年4月には総務部長よりも上位の学長室長に就いています。さらに特任准教授から特任教授へと昇進し、今年の4月に法人本部統括部長という役職にも就任。関連の医療法人などのまとめ役となった。一介のゴルフ部監督が完全に学内を掌握しつつあるのです」(同)

     接待を繰り返して宗門と良い関係を築いてきたものの、トラブルは万事解決、とはいかなかった。

    「今年になって仙台北署から問い合わせがありました」

     と囁くのは、阿部監督が通う都内高級クラブ関係者。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c0cfdf6dbeddea9fc3e05da17827f4761c57478e


    【「松山英樹」の恩師が銀座高級クラブで豪遊 4400万円の交際費を巡り詐欺で書類送検❓💦】の続きを読む


    笹生 優花(さそう ゆうか、ユウカ・サソウ、英語:Yuka Saso、2001年6月20日 - )はフィリピン出身で、東京都育ちの女子プロゴルファー。代々木高等学校アスリートゴルフコース在学中で所属は扶桑カントリー倶楽部。 日本人の父とフィリピン人の母の間に生まれ、6歳でフィリピンから日本に移住、
    11キロバイト (1,183 語) - 2021年6月6日 (日) 23:50



    (出典 i.daily.jp)


    19歳の笹生優花が全米女子オープン優勝 畑岡奈紗との日本勢PO対決制す❓❗💦

    1 幻の右 ★ :2021/06/07(月) 08:37:28.71

    19歳の笹生優花がメジャー初優勝を飾った。1打差2位から3バーディ、1ボギー2ダブルボギーの「73」でプレー。通算4アンダーで並んだ畑岡奈紗とのプレーオフに競り勝った。

    10代でのメジャータイトル獲得は2008年「全米女子オープン」の朴仁妃(韓国)に続く史上2人目。

    日本人女子としては1977年「全米女子プロ」の樋口久子、2019年「AIG全英女子オープン」の渋野日向子に続く3人目のメジャー制覇。76回目を数える「全米女子オープン」の歴史で初めて日本人が頂点に立った。

    笹生はフィリピン国籍も持っておりフィリピン勢としては男女を通じて初のメジャー制覇。

    GDO
    6/7(月) 8:31
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8f44cdbfee6361843205bbb5edc8ae82821afc3a


    【【速報】19歳笹生優花、全米女子オープン優勝 ※プレーオフの相手はなんと畑岡奈紗❓❗】の続きを読む


    松山 英樹(まつやま ひでき1992年2月25日 - )は、日本のプロゴルファー。愛媛県松山市出身。明徳義塾中学校・高等学校・東北福祉大学卒業。レクサス(トヨタ自動車)所属。日本人男子選手、またアジア出身男子選手として初めてマスターズ・トーナメントを制し、2009年の全米プロゴルフ選手権を制した梁容
    31キロバイト (2,785 語) - 2021年4月12日 (月) 00:37



    (出典 www.pargolf.co.jp)


    【ゴルフ】松山英樹、マスターズ制覇!アジア勢で初めて❓❗

    【【画像】松山英樹、マスターズ制覇!グリーンジャケット着て祝福 ❓❗】の続きを読む

    このページのトップヘ