まとめだかニュース速報@

あくまで、当サイトはTwitter、2ch情報 及び YouTube動画や出典先の記事の転載です。※当然、出典先(動画、画像など)の質問はお答えできません。※コメント集はネットの反応(2chコメントなど) 誹謗中傷の意図等はありません。※ただし、ファンが多くいることで成り立っている芸能界、有名人等は話題になりやすいため、本人の申し出であれば、記事の削除対応等を行う。

    カテゴリ:芸能 > アーティスト(歌手など)


    GACKT(ガクト、1973年7月4日 - )は、日本の男性シンガーソングライター、俳優、YouTuber。 沖縄県生まれ。滋賀県育ち。本名は大城ガクト。旧芸名:Gackt(読み同じ)、別名義:神威 楽斗(かむい がくと、Gackt Camui)。日本のエージェンシーは株式会社グラブエンターテイメン
    71キロバイト (5,788 語) - 2022年4月21日 (木) 23:57
    GACKTさん満身創痍で芸能界復帰 九州の病院が病状発表

    1 名無し募集中 :2022/05/22(日) 12:05:20.89

    GACKTの病状…九州の再生医療施設が発表「全身皮膚炎、脱毛症、声帯機能の低下」活動再開に目処も
    2022年5月16日 18時8分


    【【動画】GACKT、九州の病院が病状発表❓❓】の続きを読む


    156cm O型 メインボーカル担当 島袋寛子(しまぶくろ ひろこ、hiro、1984年4月7日 - ) 163cm A型 メインボーカル担当 1992年 - 1995年(詳しい期間は不明)より「BRAND-NEW KIDS」として活動し、今井がメインのユニットでSPEEDメンバー4人と千田愛紗、諸見里知美、高江州美紀、比嘉千春
    62キロバイト (4,954 語) - 2022年4月15日 (金) 00:04
    島袋 寛子(しまぶくろ ひろこ、1984年4月7日 - )は、日本の女性歌手。ライジングプロダクション所属。所属レコードレーベルはSONIC GROOVE。1998年から2008年まで、hiro名義で活動。夫は俳優の早乙女友貴。義兄は俳優の早乙女太一。 沖縄県宜野湾市出身。1996年に、女性ボーカ
    33キロバイト (1,837 語) - 2022年4月25日 (月) 16:11
    【芸能】元SPEED島袋寛子(38)の現在の姿にネット騒然「蓮舫さんのようになった」 [フォーエバー★]

    1 フォーエバー ★ :2022/05/18(水) 20:36:49.61

    平成を代表するダンスボーカルグループ「SPEED」。夜もヒッパレから誕生し、当時まだ小学生だった少女が、芸能界の一線で活躍しミリオンヒットを飛ばすという、まさにセンセーショナルなアイドルでした。そんな彼女らは現在それぞれの道を歩んでいるのですが、最年少である島袋寛子さんの現在の姿が今話題となっております。


    SPEEDといえば、日本の女性4人組アイドル系ダンス&ボーカルグループ。メンバー全員が沖縄県の「沖縄アクターズスクール」出身。

    当時は、安室奈美恵やMAXなど沖縄のアーティストが人気となり、沖縄アイドルブームの火付け役と言っても過言ではありません。

    デビュー当時の年齢は、島袋寛子(11歳)今井絵理子(12歳)上原多香子(12歳)新垣仁絵(14歳)という驚異の若さ。

    にもかかわらず、大人を遥かに凌駕する歌とダンスで、世間を魅了。

    あれから30年以上が経過し、彼女らも現在は、結婚し子供もいる。

    ご存知「今井絵理子氏」は2016年の第24回参議院議員通常選挙に自由民主党公認で比例区より立候補し当選。

    上原多香子さんも現在芸能活動をしておりますが、新垣仁絵さんは不明。

    そして最年少「島袋寛子」さんの現在の様子が、朝日新聞によって紹介され、今話題となっているのです。その内容がこちら。


    なんと、沖縄育ちという環境を踏まえ「普天間基地問題」について語っているようです。現在38歳の彼女、2017年には結婚。ウクライナ・ロシアの問題を踏まえ、沖縄について色々と思うことがあったのかもしれません。

    ネットでは「蓮舫氏みたいになっていた」「このぐらいにとどめて欲しい」「かっこいい女性となった」

    など複雑な心境を述べる方も多いようです。

    とはいえ、現在もアーティストとして活躍し頻繁にSNSを更新しております。今後政治活動をしていくのか、それともアーティストに専念するのか。

    大人となったSPEED、今後の彼女らの活躍に期待です。

    芸名 / 読み:島袋 寛子 / しまぶくろ ひろこ
    誕生日:4月7日
    出身地:沖縄県
    血液型:A型
    星座 / 干支:おひつじ座 / 子年

    島袋寛子は1984年08月07日生まれ。同年1984年に生まれた芸能人には、タレントの殿山祐身や女優の飛田由紀などが挙げられる。

    2022/05/18 16:48秒刊SUNDAY
    https://news.nicovideo.jp/watch/nw10935828?news_ref=50_50

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【元SPEED・HIROこと島袋寛子さんの現在の姿!ネット騒然「蓮舫さん?」❓❓】の続きを読む


    東谷 義和(ひがしたに よしかず、1971年10月6日 - )は、日本のYouTuber。YouTubeチャンネル『東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】』を運営。アパレル会社QALB(カルブ)の元社長。元実業家。愛称は「ガーシー」。兵庫県伊丹市出身。身長180cm。血液型はA型。兵庫県立伊丹西高等学校卒業。
    19キロバイト (2,303 語) - 2022年5月14日 (土) 02:48

    (出典 i.ytimg.com)



    1 ゴン太のん太猫 ★ :2022/05/14(土) 03:36:17.08

    https://entnavi.com/en03/7546/

    暴露系ユーチューバーとして人気の「ガーシー」こと東谷義和氏が10日、ツイッターを更新。俳優・バーンズ勇気(29)の窃盗疑惑動画を投稿した。

    東谷氏は
    「まだこんなアホおんねんなー バーンズ勇気
    買ってもないのに、店の商品に手をつけるバカ
    こんな事して逮捕されたYouTuberおったのに
    こーゆー奴は逮捕されなわからんのかな」

    「あーちゃん もっとちゃんとした彼氏みつけよーや」

    とつづり、バーンズ勇気がパン屋で会計前にもかかわらず店のパンを手に取り口にしている動画を投稿。

    バーンズ勇気は子役としてデビューし、NHK教育『天才てれびくんMAX』、舞台『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』などで知られる。

    プライベートでは、2021年10月に大人気3人組テクノポップユニット・Perfumeの「あ~ちゃん」こと西脇綾香との真剣交際が報じられている。

    https://video.twimg.com/ext_tw_video/1523868730522013702/pu/vid/360x588/T33ot2kR6wlPCWOG.mp4


    【ガーシー「ちゃんとした彼氏みつけよーや」Perfume・あ~ちゃんと交際報道の俳優 窃盗❓💦】の続きを読む


    大黒 摩季(おおぐろ まき、1969年(昭和44年)12月31日 - )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家。所属事務所はビーイング。所属レコード会社はBeing。北海道札幌市南区出身、藤女子高等学校卒業。実家は製パン業の札幌キムラヤを営んでいる。血液型はA型。代表曲にミリオン
    79キロバイト (6,480 語) - 2022年4月21日 (木) 16:39

    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/05/15(日) 12:03:40.41

    5/15(日) 11:55
    デイリースポーツ

    大黒摩季 スケバンに囲まれ、ガン飛ばしたらボコボコ カバン煮て鉄板 山崎アナ絶句
     
     歌手・大黒摩季が15日放送のフジテレビ「ワイドナショー」に出演。消滅した学校の昭和遺産の話題の流れで、松本人志から「大黒さん、カツアゲしたでしょ?」とイジられると、反論を始めた。 「積み木が崩れてる時代だから。スカート長くて、何も入ってないカバン、薄っぺらい。よく煮てたよ。不良の時代だったから」と謎の発言を繰り出し、東野幸治が「カバンを鍋で煮ると薄くなります。それで鉄板入れるんでしょ?殴るときとか防御でしょ」と当時のヤンキー派の生態を解説して笑わせた。

     大黒は「私は、よくツッパリの姉さんたちに囲まれて、生意気だって言われて」と明かした。「何も言ってないよ!目がちょっと怖いって言われて」と囲まれた理由を明かし、「何ですかぁ?」とガンを飛ばした瞬間に「ごわーつ!ってやられて。髪引っ張られたりとか」とボコられたと説明。「いじめられましたよ、そりゃ。いじめた側じゃないです」と主張し、山崎夕貴アナウンサーが目を丸くして絶句していた。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/95d9b24ecfb5b9a45963a07b3eab78ba4b235fef


    【大黒摩季 スケバンに囲まれ、ガン飛ばしたらボコボコ カバン煮て鉄板 山崎アナ絶句💦】の続きを読む


    大黒 摩季(おおぐろ まき、1969年(昭和44年)12月31日 - )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家。所属事務所はビーイング。所属レコード会社はBeing。北海道札幌市南区出身、藤女子高等学校卒業。実家は製パン業の札幌キムラヤを営んでいる。血液型はA型。代表曲にミリオン
    79キロバイト (6,480 語) - 2022年4月21日 (木) 16:39

    (出典 pbs.twimg.com)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/05/16(月) 23:27:51.24

    5/16(月) 10:56

    1992年にデビューし、シンガーソングライターとして第一線を走り続けてきた大黒摩季(52)。しかし、その活躍の裏で27歳のときに「子宮内膜症」を患い、それ以降も数々の子宮疾患を経験。「音楽を憎んだこともある」と語る彼女の闘病と、そこから立ち直れたきっかけとは――。

     ***
     望んでいた出産は永遠にかなわない。私はもう「女」ではなくなってしまうのだろうか。真っ暗闇の絶望。でも、今だから言えることがあります。人間って、絶望にも飽きることができるんです……。

     デビューしてから5年後の1997年8月、私はレインボースクエア有明で初のライブを行うことになっていました。しかし、体調がすぐれない。腰痛と腹痛が激しく襲い、踏ん張ることができずに高音がうまく出せない。初ライブを万全の体調で迎えるために婦人科を受診したところ、下された診断は子宮内膜症。しかも、かなり進行しているとのことでした。そして治療を始めると、投薬の影響で女性ホルモンの値が下がってより高音が出せなくなっていきました。その薬は途中で止めるとそれまでの治療効果がゼロに戻るという、やりきらなくては治せないものでした。

     でも、満を持しての初ライブは迫っている。観客の前では「完璧な大黒摩季」を披露したい。すでに4万7千人もの人がチケットを買ってくれていました。

     でもでも、このまま子宮を放っておくと、2、3年後には全摘出しなければならなくなるかもしれない。当時27歳。かなうならばいずれは出産を、と「ほのかな女の夢」も抱いていました。

    「歌手・大黒摩季」と「未来の母親・大黒摩季」。どちらを優先するのか究極の二択――。
    治療をストップする選択

     結局、4万7千人のお客様と、スタッフを入れたら5万人の人たちの期待を裏切る罪の意識を背負って生きる強さはさすがにない。歌手として二度とこんなビッグチャンスもないと考え、また未来の治療法の進歩に懸けることにして、私は治療をストップする道を選択。薬を使わなくなったおかげでどんどん高音が戻ってきて、ライブ当日は最高の状態で迎えることができました。

     それ以降は、東洋医学的な治療を再開しつつ、ライブの時は鎮痛剤や漢方薬で痛みをごまかしたりしていましたが、症状は悪化。ツアーから帰ってくる度に子宮のトラブルが増えているという状態でした。

     そして34歳の時に結婚。病院の先生からは「95~96%、子どもは産めない」と言われていましたが、残り4~5%の可能性に望みを託し、不妊治療を開始しました。

    「子宮の病気のバリューセット」状態

     しかし、42歳の時には子宮内膜症以外にも、子宮筋腫、子宮腺筋症、左卵巣嚢腫と、“子宮の病気のバリューセット”状態に。腹腔内いっぱいに炎症が広がり、40℃近い尿が出ることも、うずくまるほどの激痛に見舞われることも度々ありました。治療に専念するため、そしてわずかでも出産の可能性を残すため、もはや音楽活動を休止する以外の選択肢は私には残されていませんでした。

     1度目の手術では、子宮を温存するために腺筋症以外の患部を切除。そうやって不妊治療を続け、4、5回妊娠したもののいずれも流産。最後は子宮が肥大化して、皮肉なことに赤ちゃんがいるみたいに20センチほどお腹が出っ張ってしまいました。

     自分のポンコツな子宮のせいで、せっかく妊娠しても受精卵を自ら*てしまっているのではないか、自分で産むという意地を捨て、他の人の健康な子宮なら受精卵を「*ない」で済むのではないか。そんな罪悪感にとらわれ、2015年に子宮の全摘出手術を受け、以降はアメリカで、自分と夫の受精卵での代理母出産を試みました。でも、冷凍保存していた12個の受精卵を全て使い果たしても成功には至らなかった。年齢はすでに40代後半。もう一回採卵から始めるのか、それとも――。断腸の思いで自分から終えることにしました。
    暗闇に落ちていく負のループ

     自分で自分の望みを絶つ。これ以上の虚無はありません。私をこんなふうにしたのは音楽のせいじゃないか。音楽なんかに出会わなかったら今頃、3、4人子どもを産んで、慎ましくも一軒家で暮らし、ハッピーファミリーの肝っ玉母ちゃんとして家業のパン屋を継いでいたんじゃないか。大好きな音楽を恨むほどどん底に突き落とされました。

    ※全文はソースで

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/126347037d84562382e6157d084fec4333e388ad


    【大黒摩季、子宮全摘出と妊娠の断念❓❗】の続きを読む

    このページのトップヘ