まとめだかニュース速報@

あくまで、当サイトはTwitter、2ch情報 及び YouTube動画や出典先の記事の転載です。※当然、出典先(動画、画像など)の質問はお答えできません。※コメント集はネットの反応(2chコメントなど) 誹謗中傷の意図等はありません。※ただし、ファンが多くいることで成り立っている芸能界、有名人等は話題になりやすいため、本人の申し出であれば、記事の削除対応等を行う。

    カテゴリ:格闘技 > ボクシング


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年4月10日 - )は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。第36代日本ライトフライ級王者。第33代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者。元WBC世界ライトフライ級王者。元WBO世界スーパーフライ級王者。現WBAスーパー・WBC・IBF世界バンタム級統一王者。
    120キロバイト (16,424 語) - 2022年6月28日 (火) 13:32
    井上尚弥 ボクシング人生は「35歳まで」「理想は無敗でゴール」 [爆笑ゴリラ★]

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/06/27(月) 13:24:15.20
    6/27(月) 13:21
    デイリースポーツ

    井上尚弥 ボクシング人生は「35歳まで」「理想は無敗でゴール」
     
     ボクシングのバンタム級で日本初の世界3団体統一王者となった井上尚弥(29)=大橋=が27日、日本外国特派員協会で会見した。

     7日にノニト・ドネア=フィリピン=に2回1分24秒で衝撃のTKO勝ち。今後はWBO同級王者ポール・バトラー=英国=との4団体統一戦にも期待がかかる。

     この先を見据えた質問に、井上は「今年の目標は4団体統一。年内、行えたとしたなら、スーパーバンタム級に上げて挑戦したい。その先、自分の体、体重、そういったところも出てくるので慎重に考えていきたい」と語った。

     交渉状況を問われると、「バトラーとの交渉は所属ジムの大橋会長からは『交渉中、流れ的にはいい』と聞いていますが、具体的には聞いてません。開催国はこの4団体統一、実現するなら日本、アメリカ、イギリスでもどこでもいいので、実現に向けて進めていきたい」と自信をにじませた。

     さらに、今後のボクシング人生に関する理想像についても問われた。井上は「プロボクサーとして到着点、最終地点は35歳まで。そこまでの道のり、理想は無敗でゴール。ボクシングはそんなに甘くない。まして階級を上げていけばぶち当たることも出てくる。このボクシングをやって良かったな、と35歳まで思えれば満足できるのかなと思います」とうなずいた。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b5c05c7e3b0f6d89277326553a071b6fc2022385

    【井上尚弥 次戦ファイトマネー3億円以上!破格の4団体統一戦実現も100%障害なし❓❓】の続きを読む


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年4月10日 - )は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。第36代日本ライトフライ級王者。第33代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者。元WBC世界ライトフライ級王者。元WBO世界スーパーフライ級王者。現WBAスーパー・WBC・IBF世界バンタム級王者。
    117キロバイト (16,078 語) - 2022年6月11日 (土) 23:00

    (出典 pbs.twimg.com)



    1 名無しでいいとも! :2022/06/12(日) 09:36:43.18
    井上尚弥選手・衝撃TKO!3団体統一▽外国人観光客受け入れ再開▽小学生が開発!ランドセル軽くする“さんぽセル”賛否▽鬼越トマホーク坂井交際宣言スタジオ報告
    【MC】東野幸治 渡邊渚(フジテレビアナウンサー) 
    【コメンテーター】松本人志 安藤優子 河井ゆずる(アインシュタイン) 三上大進 
    【ワイドナ元サッカー日本代表】前園真聖 
    【ワイドナ弁護士】犬塚浩 
    【ワイドナ芸能リポーター】長谷川まさ子 
    【ワイドナティーン】吉澤悠華 
    【ワイドナ専門家】井上尚弥 鬼越トマホーク

    【ワイドナショー、井上尚弥選手スタジオ出演!ドネア戦を語る❓❗】の続きを読む


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年4月10日 - )は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。第36代日本ライトフライ級王者。第33代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者。元WBC世界ライトフライ級王者。元WBO世界スーパーフライ級王者。現WBAスーパー・WBC・IBF世界バンタム級王者。
    109キロバイト (14,957 語) - 2022年6月8日 (水) 14:12
    ジョンリル・カシメロ(John Riel Casimero、1989年2月13日 - )は、フィリピンのプロボクサー。元WBO世界ライトフライ級暫定王者。元IBF世界ライトフライ級王者。元IBF世界フライ級王者。元WBO世界バンタム級王者。世界3階級制覇王者。 2007年6月3日、プロデビュー。4回判定勝ち。
    27キロバイト (2,949 語) - 2022年6月7日 (火) 14:23

    (出典 thedigestweb.com)



    1 首都圏の虎 ★ :2022/06/08(水) 23:00:13.45
    SNSで井上を祝福、ドネアに労いを寄せるもYouTubeでやりたい放題

     ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が7日、さいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)に2回1分24秒TKO勝ちし、日本人初の3団体王座統一に成功。4団体統一の偉業に王手をかけた。元WBOバンタム級王者のジョンリエル・カシメロ(フィリピン)はドネアを慰め、井上に祝福の言葉を送った一方、自身のYouTubeでは「お前はモンスターではない」と挑発している。

     12ラウンドを戦った2年7か月前とは異なり、264秒で宿敵・ドネアを倒した井上。圧倒的な力の差を見せつけた試合となったが、両者を過去にかき乱した“問題児”がコメントを残している。

     カシメロの言葉を紹介したのはフィリピンメディア「スピン」。記事によると、カシメロは自身のフェイスブックページで、同胞のドネアに対して慰めの言葉を送った一方、これまで散々挑発してきた井上に祝福の言葉をタガログ語で述べているとのことだ。

     しかし、自身のYouTubeチャンネルで試合後に投稿した動画では相変わらずの行動に出た。WBOのベルトを持ちながら「ナオヤ・イノウエ、お前はモンスターではない! もう一度言う。お前は日本の亀だ!」と挑発する様子が収められており、真意は定かではない。

     カシメロは井上と2020年に試合を行う予定だったが、新型コロナ禍の影響で中止に。その後、自身のSNSで井上を散々挑発するなど、物議を醸した。ドネアとも21年に拳を交える予定だったが、カシメロがドーピング検査拒否を示唆したことを引き金に、ドネアが試合をキャンセル。4月にはポール・バトラー(英国)との5度目の防衛戦を規律違反により試合は中止となり、正規王座を剥奪されていた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c53d52b7e446bff0933dbbe2746e542c8fbfa521

    【【動画】井上尚弥にカシメロ挑発「もう一度言う。お前は日本の亀だ!」 💦】の続きを読む


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年4月10日 - )は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。担当トレーナーは父の井上真吾。弟は同じプロボクサーの井上拓真、従兄弟に同じく元プロボクサーの井上浩樹がいる。既婚。三児の父親。血液型A型。
    105キロバイト (14,303 語) - 2022年6月7日 (火) 12:21

    (出典 www.nikkansports.com)



    1 豆次郎 ★ :2022/06/07(火) 21:02:40.32
    WBAスーパー・WBC・IBF世界バンタム級王座統一戦 

    井上尚弥 vs ノニト・ドネア

    見どころ
     6月7日に行われるWBAスーパー・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥とWBC世界バンタム級王者のノニト・ドネア(フィリピン)の再戦は、日本ボクシング史上初となる世界3団体同時制覇も懸かるビッグマッチとなる。

 2019年11月、井上とドネアはWBSS(World Boxing Super Series)決勝で対戦。井上有利が囁かれた一戦だったが、ドネアは左フックで井上の右目上をカット、さらに鼻からも出血させ、井上にかつてない窮地を経験させる。プロで初めてのピンチを迎えた井上だったが、ボクシングコンピューターを狂わすことなく底力を発揮。11Rには左ボディでドネアにダウンを与え、判定で勝利した。その実力を広く世界に知らしめた井上だったが代償は大きく、右眼窩底と鼻を骨折。当時36歳で斜陽の指摘もあったドネアだが、再評価を促す一戦となった。

 あれから2年半、コロナ禍により両者試合ペースはダウンするものの井上は3勝3KO、ドネアは2勝2KOとともにKOを重ね再戦を迎える。前回は年齢による懸念を跳ね返したドネアだが現在は39歳、今が全盛期と見られる井上は「一方的に、触れさせずに終わる」と差をつけての勝利を宣言。

 前回より一層隙を無くした井上が宣言通りにドネアをも圧倒するのか、あるいはドネアが「ドラマ・イン・サイタマ2」のタイトルを自身のものとするのか。(文:長谷川亮)

    https://sports.yahoo.co.jp/contents/10284

    【【三団体統一戦】井上尚弥がドネアから1Rダウン奪う❓❗】の続きを読む


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年4月10日 - )は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。担当トレーナーは父の井上真吾。弟は同じプロボクサーの井上拓真、従兄弟に同じく元プロボクサーの井上浩樹がいる。既婚。三児の父親。血液型A型。
    105キロバイト (14,303 語) - 2022年6月7日 (火) 12:34

    (出典 cloudfront-ap-northeast-1.images.arcpublishing.com)



    1 豆次郎 ★ :2022/06/07(火) 21:24:45.95
    【ボクシング】井上尚弥がドネアにKO勝ち! WBAスーパー・WBC・IBF世界バンタム級王座統一戦

    WBAスーパー・WBC・IBF世界バンタム級王座統一戦 

    井上尚弥 vs ノニト・ドネア

    https://sports.yahoo.co.jp/contents/10284

    【【4団体統一へ前進】井上尚弥、ドネアからKO勝利❓❗】の続きを読む

    このページのトップヘ