まとめだかニュース速報@

あくまで、当サイトはTwitter、2ch情報 及び YouTube動画や出典先の記事などの転載です。※コメントはネットの反応(2chコメントなど) 誹謗中傷の意図等はありません。※ただし、ファンが多くいることで成り立っている芸能界、有名人等は話題になりやすいため、本人の申し出であれば、記事の削除対応等を行う。 面白スレや芸能ニュース、動画、画像などを毎日お届けしますので、話題の参考に活用ください。ユーモアな面白いコメントお待ちしてます。

    カテゴリ: 格闘技


    工藤 めぐみ(くどう めぐみ、1969年9月20日 - )は、1990年代に活動した日本の元女子プロレスラー。千葉県出身(埼玉県生まれ)。最終所属FMW。 高校1年の1986年、全日本女子プロレスに入門、同年8月8日に前田薫戦でデビュー。同期にアジャ・コング、バイソン木村、前田薫らがいる。当初は同期
    7キロバイト (919 語) - 2021年8月24日 (火) 16:36



    (出典 purores.site)


    BADBOY非道さん死去。W★ING、FMWで活躍。妻は工藤めぐみ❓❗

    1 リスモ(東京都) [ニダ] :2021/10/21(木) 21:31:23.76


    プロレス団体ZERO1の工藤めぐみGM(52)は21日、夫でプロレスラーのBADBOY非道さん(本名高山秀男)が17日に死去したと発表した。51歳。死因は明らかにしていないが、病気療養を続けていたという。

    葬儀は故人の生前の意思により家族のみで行ったという。工藤GMは「本来ならば、早速申し上げるべきところでございましたが、ご通知が遅れましたことをおゆるし下さい。
    私自身、夫が愛してやまなかったプロレスの隆盛の一端を担えるよう、今後も精進して参る所存でございます。
    生前中賜りましたご厚誼に心より御礼申し上げ、失礼ながらこの書中をもってお知らせ申し上げます」とのコメントを発表した。

    非道さんは大阪市出身で、1993年にW★INGでプロレスデビュー。兄貴分の邪道、外道らと共闘した。
    その後、大仁田厚率いるFMWに参戦し、98年には工藤GMと結婚。
    米国遠征を経て、大日本プロレスなど多くのインディー団体に参戦した。
    06年には新日本プロレスに参戦し、獣神サンダー・ライガーと抗争を展開。10年からは欠場を続けていた。
    https://www.daily.co.jp/ring/2021/10/21/0014779472.shtml

    (出典 i.daily.jp)


    (出典 i.daily.jp)


    【BADBOY非道さん死去。W★ING、FMWで活躍。妻は工藤めぐみ❓❗】の続きを読む


    井岡 一翔(いおか かずと、1989年3月24日 - )は、日本のプロボクサー 第33代日本ライトフライ級王者。 元WBC世界ミニマム級王者。元WBA世界ミニマム級王者。元WBA世界ライトフライ級王者。元WBA世界フライ級王者。現WBO世界スーパーフライ級王者。日本人初の世界4階級制覇王者。元プロ
    79キロバイト (10,865 語) - 2021年9月2日 (木) 01:45



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    ボクシングWBOスーパーライト級世界戦 井岡一翔vsロドリゲスJr.❓❗

    1 名無し募集中。。。 :2021/09/01(水) 20:51:49.64

    需要あるか知らんがとりあえず立てとく


    【【動画】4階級王者の井岡一翔 対 ロドリゲス最強挑戦者!!】の続きを読む


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年4月10日 - )は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。担当トレーナーは父の井上真吾。弟は同じプロボクサーの井上拓真、従兄弟に同じく元プロボクサーの井上浩樹がいる。既婚。三児の父親。血液型A型。
    98キロバイト (13,255 語) - 2021年6月4日 (金) 09:28



    (出典 the-ans.jp)


    井上尚弥VSダスマリナス❓❗


    1 名無しさん名無しさん@腹打て腹。 :2021/06/15(火) 17:56:23.94

    長身サウスポー


    【【話題】井上尚弥 対 ダスマリナス(ランキング1位)❓❗】の続きを読む


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年〈平成5年〉4月10日 - )は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。担当トレーナーは父の井上真吾。弟は同じプロボクサーの井上拓真、従兄弟に同じく元プロボクサーの井上浩樹がいる。既婚。三児の父親。血液型A型。
    99キロバイト (13,464 語) - 2021年7月22日 (木) 00:27


    【ボクシング】<井上尚弥>他国ボクサーに「常識のないサル」投稿で波紋 ..「リスペクトと常識のないサルは俺が叩きのめす」❓❓

    1 Egg ★ :2021/08/18(水) 12:07:47.03

    ボクシングWBA・IBF統一バンタム級王者の井上尚弥が、今後対戦する可能性の高いWBO世界バンタム級王者ジョンリール・カシメロ(フィリピン)を「サル」呼ばわりしたとして波紋を呼んでいる。

     事の発端となったのは、日本時間の15日に行われたWBO世界バンタム級タイトルマッチ。カシメロが前WBA同級レギュラー王者・ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)に2-1で判定勝利。試合後に行われたインタビューの中で、カシメロは「次は(ノニト・)ドネア、最後は井上(尚弥)だ!」と中指を立てて挑発していた。

     井上はこの試合の中継を行っていたWOWOWでゲスト解説を務めていたが、この挑発を受け、カシメロとの試合に対し、「最後はああいう態度されたら叩きのめしたいなと。日本のファンの期待に応えたい」「倒します。問答無用で倒します」と意欲的に。その後、自身のインスタグラムを更新し、「リスペクトと常識のないサルは俺が叩きのめす」とカシメロに対するアンサーらしき言葉をつづった。

     しかし、この井上の「サル」発言について、ネット上からは「人に使っていい言葉じゃない」「それは人種差別になる」「言っていいことと悪いことがある」といった批判の声が集まっている。

     一方、ボクシングなどで相手選手を挑発する言動は「トラッシュトーク」と呼ばれ、よくあることで、ネット上からは「格闘家の煽りは日常茶飯事」「中指まで立てられて黙ってられないでしょ」「むしろこれがボクシングのマナー」といった擁護もあった。

     人種差別に繋がりかねない発言だが、ボクシングというスポーツの特性上、全く問題はないと捉えたボクシングファンも多かったようだ。

    2021年08月17日 14時25分 リアルライブ
    https://npn.co.jp/article/detail/200015434

    写真

    (出典 npn.co.jp)


    【【動画】中指を立てられ笑いながらキレる井上尚弥「リスペクトと常識のないサルは俺が叩きのめす」投稿が波紋❓💦】の続きを読む


    2021年6月22日閲覧。 ^ ドネアとの統一戦消滅カシメロ 8.14当初予定通りリゴンド防衛 Boxing News(ボクシングニュース)2021年7月1日 ^ WBO王者カシメロ難敵リゴンドーに判定勝ちV4 井上尚弥orドネアとの統一戦へ生き残り Yahoo!ニュース 2021年8月15日
    23キロバイト (2,413 語) - 2021年8月15日 (日) 11:29



    (出典 the-ans.jp)


    【ボクシング】WBO王者カシメロ、難敵リゴンドーに判定勝ちV4 井上尚弥orドネアとの統一戦へ生き残り❓❗

    1 豆次郎 ★ :2021/08/15(日) 13:09:11.83

    8/15(日) 13:07
    配信
    THE ANSWER
    WBO世界バンタム級タイトルマッチ

    WBO王者カシメロ、難敵リゴンドーに判定勝ちV4 井上尚弥orドネアとの統一戦へ生き残り

     ボクシングのWBO世界バンタム級タイトルマッチが14日(日本時間15日)、米カリフォルニア州カーソンで行われ、王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)が挑戦者の同級4位ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)に判定勝ち。4度目の防衛に成功した。



     カシメロにとっては昨年9月26日にデューク・ミカー(ガーナ)を3回TKOで下して以来、約11か月ぶりの試合だった。相手の40歳リゴンドーは五輪で2度の金メダルを獲得し、プロで敗れたのは17年のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)戦のみという難敵だったが、見事にV4を達成した。

     カシメロは一時、WBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)との2団体統一戦がこの日に予定されていた。WBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)の4団体統一への道のりに影響することもあり、注目を浴びていたが、カシメロがドーピング検査拒否を示唆したことなどを引き金にドネアが試合をキャンセル。結局、ドネア戦前に予定されていたリゴンドーと対戦することになった。

     4団体統一を狙う井上とは昨年4月に対戦予定だったが、新型コロナウイルス蔓延の影響で試合は延期に。井上は2019年にワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で判定勝ちしたドネアとの再戦を希望しているが、バンタム級戦線の今後が注目される。

    THE ANSWER編集部
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e67fa1a9b03f7bfc5e8f4b0881a51fd1417f6ac4


    【【速報】WBO王者カシメロ、難敵に判定勝ち?! 井上尚弥orドネアとの統一戦へ❓❗】の続きを読む

    このページのトップヘ