まとめだかニュース速報@

あくまで、当サイトはTwitter、2ch情報 及び YouTube動画や出典先の記事などの転載です。※コメントはネットの反応(2chコメントなど) 誹謗中傷の意図等はありません。※ただし、ファンが多くいることで成り立っている芸能界、有名人等は話題になりやすいため、本人の申し出であれば、記事の削除対応等を行う。 面白スレや芸能ニュース、動画、画像などを毎日お届けしますので、話題の参考に活用ください。ユーモアな面白いコメントお待ちしてます。

    カテゴリ:サッカー > 堂安律


    堂安 (どうあん りつ、1998年〈平成10年〉6月16日 - )は、兵庫県尼崎市出身のサッカー選手。エールディヴィジ・PSVアイントホーフェン所属。日本代表。ポジションはFW。 兄の堂安憂も元プロサッカー選手。 小学生時代には浦風FCに所属していて途中から西宮SSへ所属。中学校へ進学する際に、
    39キロバイト (4,252 語) - 2021年9月7日 (火) 08:49


    【サッカー】<堂安律(PSVアイントホーフェン)>1得点!勝利で開幕4連勝!DF菅原由勢(AZアルクマール)は後半途中出場

    1 Egg ★ :2021/09/12(日) 06:52:34.46

    堂安律が1得点、PSV勝利で開幕4連勝 AZ菅原由勢は後半途中出場 
    [2021年9月12日6時2分]
    <オランダリーグ:AZ0-3PSV>◇11日◇アルクマール

    DF菅原由勢が所属するAZアルクマールはホームでMF堂安律が所属するPSVアイントホーフェンに0-3で敗れた。

    前半14分、PSVのDFボスカリに決勝点となる先制ゴールを決められた。ベンチスタートの菅原は後半27分から出場した。ベンチスタートの堂安は後半10分から出場し2-0の後半38分に追加点を挙げた。

    AZは1勝2敗、PSVは開幕から4連勝となった。

    得点経過 前半14分【PSV】ボスカリ、後半24分【PSV】ヴェルテッセン、後半38分【PSV】堂安

    日刊スポーツ 2021年9月12日6時2分
    https://www.nikkansports.com/m/soccer/world/news/202109120000042_m.html?mode=all


    【【動画】PSV堂安律、カットインからロッベン級スーパーゴール?!菅原由勢所属のAZに完勝?!】の続きを読む


    堂安 (どうあん りつ、1998年6月16日 - )は、兵庫県尼崎市出身のサッカー選手。ブンデスリーガ・アルミニア・ビーレフェルト所属。日本代表。ポジションはFW。 兄の堂安憂もプロサッカー選手。 小学生時代には浦風FCに所属していて途中から西宮SSへ所属。中学校へ進学する際に、ガンバ大阪、セレッ
    39キロバイト (4,051 語) - 2021年5月22日 (土) 20:53



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    【サッカー】堂安律5ゴール目に奥川雅也PK獲得!ビーレフェルト、日本人選手躍動で1部残留決定

    1 久太郎 ★ :2021/05/23(日) 01:38:53.91

    ブンデスリーガは22日に各地で最終節が行われた。

    ビーレフェルトは敵地でシュトゥットガルトと対戦。入れ替え戦圏内16位ブレーメンと1差、自動降格圏17位ケルンと2差の15位で迎えた最終節。勝利すれば無条件で残留を決められる一戦で、堂安律&奥川雅也はともに先発出場を果たした。一方で今季全試合に先発していたシュトゥットガルトの遠藤航は、累積警告で出場停止となっている。

    【動画】堂安律、残留導く見事な今季5ゴール目!
    https://twitter.com/skyperfectv/status/1396122576728977415

    ビーレフェルトは11分、ハイプレスからボールを奪うと、左サイドからクロス。飛び込んできた堂安律がフリーでシュートを放ったが、枠へ飛んだボールをカラツォルが頭でクリア。決定機を生かせない。相手にボールを握られる中、31分のピンチはGKオルテガが防ぐ。34分にはカライジッチにネットを揺らされたが、VARレビューの結果取り消しに。ジャッジに救われる。前半はスコアレスで折り返した。

    56分、堂安律がボックス内でドリブルを仕掛けて倒れるが、ファウルの判定はなし。それでも65分、高い位置でボールを奪った奥川雅也がボックス内で倒されてPKを獲得。これをクロスが冷静に沈め、ビーレフェルトが大きな先制点を手にする。

    すると72分、ビーレフェルトが追加点。決めたのは堂安律だった。右サイドから鋭いパスを送り、フォクルザマーとのワンツーでボックス内に強引に侵入。リターンパスを受けると、相手をかわしながらフリーとなり、冷静にシュートを流し込んでいる。2点に絡んだ堂安律と奥川雅也は88分にお役御免となった。

    試合はこのまま終了。ビーレフェルトが2-0でシュトゥットガルトを下した。この結果、勝利を挙げたビーレフェルトは勝ち点35に。他会場の結果に関係なく、15位でのフィニッシュが確定。来季の残留が決まっている。

    5位が確定しているフランクフルトは、ホームでフライブルクに3-1で勝利。多少の入れ替えもあった中、鎌田大地と長谷部誠は先発出場を果たした。61分に獲得したPKをA・シウバが冷静に沈め、先制に成功。76分にチョン・ウヨンのゴールで追いつかれたが、終盤に2点を奪って勝利している。

    そのほか、ウニオン・ベルリンはライプツィヒに1-1のドロー。先制を許したが、67分にCKからフリードリヒがスーパーボレーを叩き込んで同点に追いついている。なお、遠藤渓太は64分から出場した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6ea4e3e64f64b331fb4e5933438f8da27e550251
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【動画】堂安律ゴール & 奥川雅也PK獲得!日本人選手躍動でドイツ1部残留❓❓】の続きを読む


    アルミニア・ビーレフェルト(Arminia Bielefeld)は、ドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン州・ビーレフェルトに本拠地を置くサッカークラブ。 クラブ名の「アルミニア」は、ビーレフェルトに近いトイトブルクの森で、古代にローマ帝国を撃退したゲルマン人将軍のアルミニウスにちなんだものである。
    25キロバイト (509 語) - 2021年3月2日 (火) 23:41



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    【サッカー】堂安律&奥川雅也がアベック弾!日本人躍動のビーレフェルト、強豪レヴァークーゼンに勝利で降格圏脱出

    15位 22     ビーレフェルト
    16位 21     ヘルタ
    17位 21(降格圏)マインツ
    18位 10(降格圏)シャルケ

    1 久太郎 ★ :2021/03/14(日) 23:28:08.87 ID:CAP_USER9.net

    ブンデスリーガは14日に第25節が行われ、レヴァークーゼンとビーレフェルトが対戦した。

    チャンピオンズリーグ出場権を争う6位レヴァークーゼンと、降格圏の17位に沈むビーレフェルトの一戦。堂安律は2試合連続の先発入りを果たし、前節と同じく最前線でスタートした。また、奥川雅也も2試合ぶりの先発出場で、左サイドにポジションを取った。

    序盤からボールを握るのはレヴァークーゼン。7分には右サイドを突破し、アミリがボックス内でフリーでシュート。しかしここは枠を外した。その直後にもボックス内へ侵入するなど、主導権を握る。

    しかし、先制したのはビーレフェルト。17分、自陣でボールを奪って右サイドへ素早い展開。開いて受けたゲバウアーがボックス内へクロスを送ると、堂安が滑り込みながら押し込んだ。日本代表MFの第17節以来8試合ぶり、今シーズン4点目のゴールでリードを奪う。堂安はその後も24分には間接FKから惜しいシュートを放つなど、少ないチャンスの中で効果的に攻撃に絡んでいく。

    前半終盤はレヴァークーゼンが決定機を何度も迎えたが、GKオルテガ好守を連発。ビーレフェルトがリードして折り返す。

    後半に入ると、開始早々ビーレフェルトは奥川がゴール手前でFKを獲得。マイアーのシュートは壁に当たったが、堂安が跳ね返ったボールをダイレクトで狙い、GKグリルにセーブを強いる。

    すると57分、ビーレフェルトが追加点。マイアーが自陣からDFラインの裏へパスを送り、ルコキが囲まれながらもボックス中央手前でフリーの奥川へ。受けた奥川は、相手GKとDFのタイミングを外して冷静に流し込んだ。今年1月に加入した奥川にとって、移籍後初ゴール。ドイツ・ブンデスリーガ1部での記念すべき初得点となった。日本人2選手の活躍でビーレフェルトがリードを広げる。

    カウンターから効果的にチャンスを作るビーレフェルトは71分、右で受けた堂安が得意のカットインから強烈なシュートを放つ。81分、献身的な働きを見せていた奥川はお役御免に。途中交代でベンチに下がった。

    その後もレヴァークーゼンがボールを握り、ビーレフェルトがカウンターを狙う展開が続く。すると85分にゴール前の混戦からシックが押し込み、VARレビューの結果ゴールが認められ、レヴァークーゼンが1点差に詰め寄る。直後にビーレフェルトは2枚を入れ替え、好プレーを見せていた堂安はベンチに下がった。

    守り切りたいビーレフェルトは、後半アディショナルタイムには時間を使いながら時計を進める。アラリオに決定機を許したが、GKオルテガが見事なセーブ。続くCKでのピンチもフリンポンのシュートは枠を外れた。ギリギリのところで耐えきり、ビーレフェルトが2-1で勝利を挙げた。

    見事な白星を挙げたビーレフェルトは、勝ち点を22に伸ばした。15位まで浮上し、降格圏を脱出している。

    ■試合結果
    レヴァークーゼン 1-2 ビーレフェルト

    ■得点者
    レヴァークーゼン:シック(85分)
    ビーレフェルト:堂安(17分)、奥川(57分)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e8c6f10ff5bde8630e587f8bcd50fdcf32e3d315


    【【動画】堂安スライディングゴール、奥川とアベック弾でリーグ降格圏脱出⁈ ※上位チーム撃破】の続きを読む


    堂安 (どうあん りつ、1998年6月16日 - )は、兵庫県尼崎市出身サッカー選手。ブンデスリーガ・アルミニア・ビーレフェルト所属。日本代表。ポジションはFW。 兄堂安憂もプロサッカー選手。 小学生時代には浦風FCに所属していて途中から西宮SSへ所属。中学校へ進学する際に、ガンバ大阪、セレッ
    34キロバイト (3,950 語) - 2020年12月1日 (火) 13:26



    (出典 www.soccerdigestweb.com)



    1 久太郎 ★ :2020/12/06(日) 01:24:41.31 ID:CAP_USER9.net

     ブンデスリーガ第10節が5日に行われ、MF堂安律が所属するビーレフェルトはホームでマインツと対戦した。堂安は開幕から10試合連続でスタメンに名を連ね、右サイドハーフとしてプレー。

     ホームのビーレフェルトは21分に先制点を奪う。堂安の落としを受けたマヌエル・プリートルがエリアの外から右足を振り抜くと、シュートは相手に当たってコースが変わってゴールに吸い込まれた。

     すると31分、堂安がビーレフェルトに追加点をもたらす。ドリブルでペナルティエリア手前まで運んだ堂安は、数人の相手に囲まれながらも自力で打開し、最後は得意の左足でゴール右下隅に流し込んだ。堂安は第4節のバイエルン戦以来、自身2得点目を記録した。

     ビーレフェルトは67分、堂安が供給したフリーキックにファビアン・クロスが頭で合わせたが、これは枠を捉えられず。78分には相手のクリアを高い位置でカットした堂安のスルーパスからアンドレアス・フォクルザマーが左足を振り抜いたが、これは相手GKに正面で弾かれた。

     マインツは82分、ジャン・パウル・ボエチウスの折り返しをケヴィン・シュテーガーが押し込んで1点を返す。それでもビーレフェルトがリード守り切ったまま試合は終了した。

     ビーレフェルトは8試合ぶりの勝利で連敗を「7」で止め、マインツは4試合ぶりの黒星で今季7敗目を喫した。なお、ビーレフェルトはマインツと入れ替わり、16位に浮上している。次節、ビーレフェルトは12日にアウェイでフライブルクと、マインツは同日にホームでケルンと対戦する。

    【スコア】
    ビーレフェルト 2-1 マインツ

    【得点者】
    1-0 21分 マヌエル・プリートル(ビーレフェルト)
    2-0 31分 堂安律(ビーレフェルト)
    2-1 82分 ケヴィン・シュテーガー(マインツ)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/19767943d5024da0607cfd7c3992a019cba002f9


    【堂安が圧巻のゴール&アシストで全得点に絡む活躍❗】の続きを読む


    遠藤 渓太(えんどう けいた、1997年11月22日 - )は、神奈川県横浜市旭区出身のプロサッカー選手。神奈川県立瀬谷高等学校卒業。ブンデスリーガ・1.FCウニオン・ベルリン所属。ポジションはミッドフィールダー。日本代表。 2016年、下部組織から横浜F・マリノスに入団。同期は和田昌士。3月12
    14キロバイト (1,505 語) - 2020年11月8日 (日) 02:24



    (出典 f.image.geki.jp)


    サッカー 
    遠藤渓太
    初先発&初ゴールも前半に負傷交代

    ホームのウニオン・ベルリンがMF遠藤渓太とMFロベルト・アンドリッヒ、MFシェラルド・ベッカー、FWマックス・クルーゼ、FWセドリック・トイヒャートのゴールによって、アルミニア・ビーレフェルトに5ー0で勝利
    前半20分までプレーしたウニオン・ベルリンのMF遠藤渓太は、先制ゴール
    先発出場したアルミニア・ビーレフェルトのMF堂安律は、後半37分に途中交代



    1 久太郎 ★ :2020/11/08(日) 01:27:36.73 ID:CAP_USER9.net

    ブンデスリーガ第7節が7日に行われ、MF遠藤渓太が所属するウニオン・ベルリンとMF堂安律が所属するビーレフェルトが対戦した。遠藤は加入後初となる先発入りを果たし、4試合目の出場で加入後初ゴールを挙げたが、20分に負傷交代してしまった。堂安は7試合連続のスタメン出場を果たし、82分までプレーした。

     ホームのウニオンは試合開始早々に先制する。速攻で数的有利を作り、相手DFの背後を取ったシェラルド・ベッカーが一気にドリブルで加速。ゴール前に折り返すと、飛び込んだのは遠藤。しっかりと相手GKの重心の逆を突いてネットを揺らした。最初はベッカーのオフサイドを取られてゴールは認められなかったが、VARで判定が覆り、遠藤は移籍後初、そしてブンデスリーガでの初ゴールを記録した。

     13分、ウニオンが追加点を獲得する。左サイドに流れたマックス・クルーゼがマイナス方向にグラウンダーで折り返すと、飛び込んだロベルト・アンドリッヒがダイレクトで合わせて強烈なシュートを突き刺した。しかし18分、遠藤にアクシデントが発生する。相手DFをドリブルでかわそうとした際に右足のもも裏を痛めてプレー続行を断念。20分にアカキ・ゴーギアとの交代でピッチを後にした。

     ウニオンは前半終了間際に追加点を獲得。クルーゼのスルーパスから抜け出したベッカーが、ニアの右下隅を突いてネットを揺らした。3点のリードで折り返したウニオンは、後半の頭にも点差を広げる。ゴーギアがエリア内で倒されてPKを獲得すると、キッカーはクルーゼが担当。相手GKの逆を突いてゴール左下隅に決め、ブンデス1部で最多タイとなる16本連続のPK成功となった。

     試合終了間際には、ウニオンのセドリック・トイヒャートがさらなる追加点を獲得した。ウニオンは2連勝となり、今季3勝目。第2節から6試合連続無敗を維持している。一方、敗れたビーレフェルトは5連敗となった。次節は代表ウィークを挟んで2週間後に行われ、ウニオンは22日にアウェイでケルンと、ビーレフェルトは21日にホームでレヴァークーゼンと対戦する。

    【スコア】
    ウニオン・ベルリン 5-0 ビーレフェルト

    【得点者】
    1-0 3分 遠藤渓太(ウニオン・ベルリン)
    2-0 13分 ロベルト・アンドリッヒ(ウニオン・ベルリン)
    3-0 45+2分 シェラルド・ベッカー(ウニオン・ベルリン)
    4-0 52分 マックス・クルーゼ(ウニオン・ベルリン) 
    5-0 89分 セドリック・トイヒャート(ウニオン・ベルリン)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2158e56b5395ec94286e64c3838311892660de2f


    【堂安律VS遠藤渓太 遠藤がドイツ移籍後に初ゴールも前半20分で交代❓💦】の続きを読む

    このページのトップヘ