まとめだかニュース速報@

あくまで、当サイトはTwitter、2ch情報 及び YouTube動画や出典先の記事などの転載です。※コメントはネットの反応(2chコメントなど) 誹謗中傷の意図等はありません。※ただし、ファンが多くいることで成り立っている芸能界、有名人等は話題になりやすいため、本人の申し出であれば、記事の削除対応等を行う。 面白スレや芸能ニュース、動画、画像などを毎日お届けしますので、話題の参考に活用ください。ユーモアな面白いコメントお待ちしてます。

    カテゴリ:芸能 > 藤井聡太


    藤井 聡太(ふじい そうた、2002年〈平成14年〉7月19日 - )は、将棋棋士。杉本昌隆八段門下。棋士番号は307。愛知県瀬戸市出身。名古屋大学教育学部附属高等学校中退。 2016年に史上最年少(14歳2か月)で四段昇段(プロ入り)を果たすと、そのまま無敗で公式戦最多連勝記録(29連勝)を樹立
    155キロバイト (18,869 語) - 2021年10月23日 (土) 10:14



    (出典 news.nifty.com)


    <藤井聡太三冠が2連勝>最年少四冠まであと2つ 後手番から豊島将之竜王に快勝/将棋・竜王戦七番勝負❓❗

    1 Egg ★ :2021/10/23(土) 18:48:38.02

    将棋の藤井聡太三冠(王位、叡王、棋聖、19)が10月22、23日に行われた竜王戦七番勝負第2局で豊島将之竜王(31)に70手で勝利した。第1局に続く連勝で、竜王奪取まであと2勝。羽生善治九段(51)が持つ最年少四冠記録、22歳9カ月を更新する、史上初の「10代四冠」がいよいよ近づいてきた。

    【動画】藤井聡太三冠、2連勝を決めた一局

     過去の対戦成績では9勝9敗と五分ながら、今年度に入り8勝3敗と大きく勝ち越していた藤井三冠。第1局を先手番から相掛かり戦を制していたが、後手番の第2局も豊島竜王が相掛かりを選択。両者の対局としては6局連続7局目の相掛かり戦となった。

     序盤の早い段階から、豊島竜王が新たな工夫を入れて前例から離れる将棋になったが、じりじりとペースを握ったのは藤井三冠。1日目の終了時には、ほぼ互角ながらも藤井三冠の方が指しやすいという評判だった。明けて2日目は、難解な中盤での主導権争いに両者それぞれ長考を入れることになったが、ここから先に抜け出したのが藤井三冠。手数こそ少ないものの、1手ごとに差を広げて豊島竜王の勝負手にも対応。押し切るように勝利を収めた。

     対局後、藤井三冠は1日目を終えたあたりについて「激しい展開になったので、よくわからなかったです。うまく玉頭から攻め込む形ができればと思っていました」と振り返ると、2日目に入り自ら攻めていったことには「こちらも竜を作られる形になったので、最後まで際どいところが多いと思っていました」と語った。また勝ちが見えた局面は「5七桂成から攻め込んでいって、こちらの玉が詰まない形なので、そのあたりはいけると思いました」。開幕2連勝には「第3局がすぐにありますので、あまりスコアは意識せずに次の対局にいい状態で臨めればと思います」と気を引き締めた。

     プロデビュー直後には豊島竜王に6連敗を喫し、一時は“天敵”という表現もされていたが、これで通算の成績も10勝9敗とついに逆転。渡辺明名人(棋王、王将、37)、永瀬拓矢王座(29)という2人にも勝ち越しており、自分以外のタイトルホルダー3人には全て対戦成績で勝ち越すことにもなった。

     古くから番勝負では2勝分リードをすると大きいと言われる中、第1局に続き第2局を制したことで、藤井三冠の竜王奪取が大きく近づいた。仮に奪取に成功した場合には、10代初の四冠達成ともなるが、最高峰タイトルである竜王、さらには現在最多の四冠保持者となることで、渡辺名人を抜いて、将棋界の序列1位に立つことになる。プロデビューから丸5年を過ぎたところで、渡辺名人、豊島竜王、永瀬王座というタイトルホルダーたちからも頭一つ抜けた存在になりつつある藤井三冠。いよいよ「藤井時代」の到来に、待ったがかからなくなってきた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/bbad76b2327ac1a2c1e767d186905cc270e1b6cf


    【藤井聡太三冠が2連勝?!最年少四冠まであと2つ 後手番から豊島将之竜王に快勝/将棋・竜王戦七番勝負❓❗】の続きを読む


    34期竜王戦(だい34きりゅうおうせん)は、2021年度(2020年12月 - 2021年12月)の竜王戦である。竜王戦は将棋のタイトルの一つである。1組から6組の予選通過者で行われる決勝トーナメントの優勝者が竜王挑戦者となる。 開催:2021-10-8 - 2021-12-18(予定) ^
    18キロバイト (152 語) - 2021年10月20日 (水) 18:07



    (出典 www.jiji.com)


    第34期竜王戦❓❗

    1 名無し名人 (ワンミングク MMe2-ompm) :2021/10/23(土) 14:49:53.84

    !extend:on:vvvvv:
    !extend:on:vvvvv:
    スレ立ての際は↑を三行重ねて下さい。

    第33期竜王 豊島将之 (2期連続)

    竜王戦中継サイト:http://live.shogi.or.jp/ryuou/
    竜王戦中継ブログ:http://kifulog.shogi.or.jp/ryuou/
    竜王戦 棋戦情報:https://www.shogi.or.jp/match/ryuuou/
    読売新聞 竜王戦:https://www.yomiuri.co.jp/igoshougi/ryuoh/
    読売新聞 竜王戦:https://youtube.com/playlist?list=PL88ou20lGKmYDcxhu2TumAEgWj7FgblZN
    竜王戦Twitter:https://twitter.com/yomiuri_ryuo

    前スレ
    第34期竜王戦 Part96
    https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/bgame/1634960409/ VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:: EXT was configured
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【藤井聡太、竜王戦第一局制して第二局へ❓❗】の続きを読む


    34期竜王戦(だい34きりゅうおうせん)は、2021年度(2020年12月 - 2021年12月)の竜王戦である。竜王戦は将棋のタイトルの一つである。1組から6組の予選通過者で行われる決勝トーナメントの優勝者が竜王挑戦者となる。 開催:2021-10-8 - 2021-12-18(予定) ^
    17キロバイト (152 語) - 2021年10月9日 (土) 10:30


    竜王戦七番勝負第1局1日目 豊島竜王に藤井三冠が挑戦 対戦成績は藤井三冠の8勝9敗

    1 名無し名人 (ワントンキン MM2f-u9ws) :2021/10/09(土) 19:12:12.45

    !extend:on:vvvvv:
    !extend:on:vvvvv:
    スレ立ての際は↑を三行重ねて下さい。

    第33期竜王 豊島将之 (2期連続)

    竜王戦中継サイト:http://live.shogi.or.jp/ryuou/
    竜王戦中継ブログ:http://kifulog.shogi.or.jp/ryuou/
    竜王戦 棋戦情報:https://www.shogi.or.jp/match/ryuuou/
    読売新聞 竜王戦:https://www.yomiuri.co.jp/igoshougi/ryuoh/
    読売新聞 竜王戦:https://youtube.com/playlist?list=PL88ou20lGKmYDcxhu2TumAEgWj7FgblZN
    竜王戦Twitter:https://twitter.com/yomiuri_ryuo

    前スレ
    第34期竜王戦 Part84
    https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/bgame/1633772481/ VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:: EXT was configured
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【動画】竜王戦七番勝負?!第1局1日目 ライバル豊島竜王に藤井三冠が挑戦 対戦成績は藤井三冠の8勝9敗❓❓】の続きを読む


    藤井 聡太(ふじい そうた、2002年〈平成14年〉7月19日 - )は、将棋棋士。杉本昌隆八段門下。棋士番号は307。愛知県瀬戸市出身。名古屋大学教育学部附属高等学校中退。 2016年に史上最年少(14歳2か月)で四段昇段(プロ入り)を果たすと、そのまま無敗で公式戦最多連勝記録(29連勝)を樹立
    155キロバイト (18,940 語) - 2021年10月9日 (土) 10:27


    【将棋】藤井聡太王位 豊島将之竜王に勝利 4冠へ好スタート

    1 シャチ ★ :2021/10/09(土) 21:01:05.64

    毎日新聞
    https://news.yahoo.co.jp/articles/edbca23bf901326cd3ee780c2172fc5d1cdd07e9

     東京都渋谷区のセルリアンタワー能楽堂で行われた将棋の第34期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)の第1局は2日目の9日、挑戦者の藤井聡太王位(19)が豊島将之竜王(31)に123手で勝ち、初の竜王獲得へ向けて好スタートを切った。第2局は22、23日、京都市右京区の総本山仁和寺で行われる。

     今年度、タイトル戦で両者が対決するのは3回目。王位戦は藤井が4勝1敗で防衛、叡王戦は藤井が3勝2敗で奪取した。藤井は棋聖も防衛し、4冠を目指して竜王戦へ臨んだ。豊島は1冠の死守をかけて挑戦を受けている。【山村英樹】


    【藤井聡太、ライバル豊島竜王に初戦勝利❓❓】の続きを読む


    藤井 聡太(ふじい そうた、2002年〈平成14年〉7月19日 - )は、将棋棋士。杉本昌隆八段門下。棋士番号は307。愛知県瀬戸市出身。名古屋大学教育学部附属高等学校中退。 2016年に史上最年少(14歳2か月)で四段昇段(プロ入り)を果たすと、そのまま無敗で公式戦最多連勝記録(29連勝)を樹立
    160キロバイト (19,599 語) - 2021年9月13日 (月) 22:23



    (出典 encount.press)


    藤井聡太二冠 史上最年少「三冠」に 叡王を奪取
    2021年は推定年収1億円の噂❓❗

    1 バラシクロビル(SB-iPhone) [ニダ] :2021/09/13(月) 18:32:57.33


    豊島将之叡王(竜王)に3勝2敗とし、叡王奪取を決めた。
    これまでの史上最年少三冠は羽生善治九段が
    1993年に樹立した22歳3カ月だったが、
    これを大幅に更新し、19歳1カ月にして三冠となる。

    画像

    (出典 i.imgur.com)

    2

    (出典 i.imgur.com)


    【【動画】藤井聡太、三冠奪取で気になる年収?!】の続きを読む

    このページのトップヘ