まとめだかニュース速報@

あくまで、当サイトはTwitter、2ch情報 及び YouTube動画や出典先の記事の転載です。※当然、出典先(動画、画像など)の質問はお答えできません。※コメント集はネットの反応(2chコメントなど) 誹謗中傷の意図等はありません。※ただし、ファンが多くいることで成り立っている芸能界、有名人等は話題になりやすいため、本人の申し出であれば、記事の削除対応等を行う。※メッセージコメントは内容によりスクショの上 削除通報

    カテゴリ:ニュース > ウィルスなど


    新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) > SARS-CoV-2の変異 > オミクロン株 (系統 B.1.1.529) SARSコロナウイルス2-オミクロン株(サーズコロナウイルスツー オミクロンかぶ、英語: SARS-CoV-2 Omicron variant、別名: 系統 B.1.1.529)は、新型コロナウイルス感染症…
    105キロバイト (16,863 語) - 2022年11月19日 (土) 23:24
    オミクロン株の変異株が次々と 増加速度鈍る中「再増加の可能性も」 [蚤の市★]

    1 蚤の市 ★ :2022/11/28(月) 06:43:10.06ID:7BaMB+tv9
    オミクロン株の変異株が次々と 「BQ.1」「XBB」「BQ.1.1」… 増加速度鈍る中「再増加の可能性も」

     新型コロナウイルスの流行の「第8波」入りが指摘される中、オミクロン株の新しい変異株の広がりに懸念が強まっている。ここに来て全国の新規感染者数の増加速度は鈍化傾向となり、年内にもピークを迎えるとの見方も出てきたが、専門家は「今後の変異株の置き換わりの状況などにより、ピーク後に再増加する可能性もある」と警戒する。(榊原智康)
     現在、国内外で流行の主流となっているのがオミクロン株の亜型「BA.5」の系統だが、オミクロン株の新しい変異株が各国で複数報告されている。厚生労働省に助言する専門家組織が新変異株の中で注目しているのが、欧米などで増加している「BQ.1」と、アジアで増加した「XBB」。BQ.1はBA.5から派生したもので、さらに変異が加わった「BQ.1.1」も増加している。XBBはBA.2由来の変異株2種の遺伝子が混ざったものだ。
     国立感染症研究所によると、国内でもBQ.1(BQ.1.1含む)とXBBが増加しており、今月21~27日時点ではBQ.1は13%前後、XBBは5%前後になっていると推定。専門家組織のまとめでは、両者ともに感染力や重症化リスクがBA.5より高いことを示すデータは報告されていない。一方、ワクチン接種や感染で得られた免疫をすり抜ける「免疫逃避」の性質が強まっている可能性があるという。
     感染研の鈴木基・感染症疫学センター長は国外の状況などを踏まえ、「BQ.1のみ、またはXBBのみが優勢になるというよりは、これらや他の系統も同時に流行していくことが想定される」と指摘する。
     専門家組織の脇田隆字座長は22日の会合後の会見で、変異株の置き換わりに加え、年末に向け忘年会など飲食の機会が増えることを挙げ「ピークを迎えたとしても直ちに減少に向かわず、横ばいや再増加の可能性がある」と強調した。
     国際医療福祉大の松本哲哉主任教授(感染症学)は「BQ.1やXBBは、ともにオミクロン株の派生型。(免疫逃避の性質が強いとしても)オミクロン株対応ワクチンは一定の効果が見込まれ、特に重症化の予防効果は期待できる。対策としてはワクチン接種が重要になる」と話す。
     首相官邸のまとめによると、オミクロン株対応ワクチンの接種率(25日時点)は15.5%にとどまっている。
    ◆東京都ではBA.5は8割まで低下
     東京都は月別に変異株の解析結果を公表している。現在主流のBA.5は9月に98.4%を占めていたが、11月24日時点では80.1%まで低下。BQ.1が2.2%で、その変異のBQ.1.1が6.2%となっている。XBBは0.9%だった。
     このほか、通称「ケンタウロス」と呼ばれるBA.2.75から派生した「BN.1」も増加しており、11月では4.2%だった。

    東京新聞 2022年11月28日 06時00分
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/216490

    【オミクロン株「懸念される変異株」に指定 厚労省 「オミクロン株の変異株が次々と?!再増加の可能性も」💦】の続きを読む


    イラン最高指導者アリー・ハーメネイーが2021年6月25日接種受けたワクチンは、イランで開発されている複数ワクチンうち、同月緊急承認されたものとイラン国営メディアにより報道された。 キューバは、WHO未承認であるものの国産ワクチン製造しており、2021年9月16日は子供(2 -…
    287キロバイト (34,948 語) - 2022年11月19日 (土) 23:20

    1 Stargazer ★ :2022/11/22(火) 19:07:35.20ID:L95FqB++9
    厚生労働省の専門家分科会は22日、塩野義製薬が開発した新型コロナウイルス治療薬「ゾコーバ」の緊急承認を了承した。安全性を確認したほか、症状改善を早める有効性が推定できると判断した。5月に創設した緊急承認制度の適用第1号で、軽症者に使える初の国産飲み薬となる。

    塩野義は9月、最終段階の臨床試験(治験)のデータを公表した。軽症・中等症の患者が1日1回、5日間服用し、鼻水や発熱、せきなど5症状が消えるまでの時間が約8日から約7日に短縮することを示した。ウイルス量減少も報告した。

    厚労省は塩野義との間で100万人分の供給契約を結んでいる。感染拡大「第8波」の本格化が懸念される中、承認後は早期に医療機関への供給が始まるとみられる。

    軽症・中等症向けの飲み薬は現在、米メルク製や米ファイザー製が実用化されている。いずれも投与対象は重症化リスクのある人に限られる。

    薬事・食品衛生審議会(厚労相の諮問機関)の分科会と部会の合同で審議した。治験途中の中間解析に基づく7月の審議では「有効性を示すデータが十分でない」として継続審議としていた。

    緊急承認の場合、通常の承認を取り直す必要がある。1年ほどの期限内に効果を確認できなければ、承認は取り消される。

    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA215CG0R21C22A1000000/

    【【動画】塩野義コロナ治療薬「ゾコーバ」、緊急承認を了承❓❗】の続きを読む


    2009年新型インフルエンザワクチン 全般 新型コロナワクチンについて - 厚生労働省 コロナワクチンナビ - 厚生労働省 厚生科学審議会 (予防接種ワクチン分科会) - 厚生労働省 新型コロナワクチン接種後の健康状況調査 - 厚生労働省 新型コロナワクチンについて - 総理大臣官邸 新型コロナワクチンの接種状況…
    287キロバイト (34,948 語) - 2022年11月19日 (土) 23:20

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/11/22(火) 09:22:48.15ID:n9LYiak59
    政治・行政 | 神奈川新聞 | 2022年11月21日(月) 22:40

     新型コロナウイルスのワクチン接種を巡り、神奈川県は21日の県議会新型コロナ対策特別委員会で、医療機関から報告された副反応との関連性が疑われる事例のうち、
    接種後に死亡した県内在住者が105人いたことを明らかにした。いずれも接種との因果関係は分かっていないという。

     県によると、国の基準に基づくアナフィラキシー(重いアレルギー反応)の報告は県内で241件あった。新型コロナワクチンの県内の総接種回数は20日時点で約2425万回。




    相談は13万件、女性が若干多い
    https://www.kanaloco.jp/news/government/article-951619.html

    【コロナ ワクチン接種後、神奈川で105人死亡?!因果関係不明💦】の続きを読む


    ワクチン、新型コロナワクチンとも呼ばれる。 2021年5月時点で、接種開始済みから開発中まで、複数の方式や製造元のワクチンが存在する(mRNAワクチン、DNAワクチン、ウイルスベクターワクチン、不活化ワクチン、組換えタンパクワクチン、ペプチドワクチンなど)。…
    287キロバイト (34,948 語) - 2022年11月19日 (土) 23:20

    1 Stargazer ★ :2022/11/21(月) 21:34:53.80ID:tTEJl/oP9
    東京・青梅市で、新型コロナのBA.5対応ワクチンを接種した70代の男性が、体調が急変し、その後、死亡したことが分かりました。

    青梅市によりますと今月13日、青梅市の集団接種会場で、70代の男性が、5回目の接種として、「BA.5」対応ワクチンを接種し、経過観察をしていたところ、体調が急変し、心肺停止の状態となりました。

    男性はその場で医師や看護師による救命措置を受け、病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。男性には基礎疾患がありますが、アナフィラキシーショックの可能性は低いということです。
    https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/208091?display=1



     東京都青梅市は18日、市内で13日に行われた新型コロナウイルスワクチンの集団接種で、70代男性が接種直後に容体が急変し、死亡したと発表した。市によると、男性には基礎疾患があり、接種との因果関係について調べている。

     使われたのは、オミクロン株派生型「BA.5」に対応した米ファイザー社製2価ワクチン。男性は5回目の接種だった。接種後、15分を予定する経過観察に入るとすぐに「体調がおかしい」と訴えた。車いすで救護室に運ばれたが、既に意識はなく、現場の医師や看護師が酸素吸入や心臓マッサージを行った後、病院に搬送され、死亡が確認された。

     市は、遺体を解剖した警視庁青梅署から、アナフィラキシーショックの可能性は低いと報告を受けた。接種会場で問診を担当した医師は、副反応の疑いがあると国に報告した。ワクチン接種の直後の死亡は「都内では例がない」という。(布施谷航)

    https://www.tokyo-np.co.jp/article/214795

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1669019260/

    【【動画】ワクチン5回目接種後の経過観察中に男性が体調急変し死亡 因果関係は】の続きを読む


    梅毒(ばいどく、Syphilis。黴毒、瘡毒(そうどく)とも)は、スピロヘータの一種である梅毒トレポネーマ(Treponema pallidum)によって発生する感染症で、性感染症(性病)の一つ。in vitroでの培養は不可能であり、病原性の機構はほとんど解明されていない。1998年には全ゲノムのDNA配列が決定、公開されている。…
    42キロバイト (5,871 語) - 2022年11月1日 (火) 14:15
    【性病】「1回目は風俗かクラブ、2回目はマッチングアプリ」2度の梅毒経験者が語る奔放すぎる性生活と“感染された”女性たち [ぐれ★]

    1 ぐれ ★ :2022/11/20(日) 09:37:56.92ID:/h1Ke9We9
    ※11/18(金) 19:12配信
    文春オンライン

     日本中で性病「梅毒」が猛威を振るっている。*や肌にできる特徴的な模様が有名だが、症状が収まる潜伏期をはさんで徐々に悪化し、最終的には死に至る可能性もある恐ろしい病気だ。

     治療法自体は1943年に確立したが、近年になって急増。2012年頃までは年間で数百人程度の感染者にとどまっていたが、今年ついに年間1万人を初めて突破し、現在の集計方法となった1999年以降、史上最多を更新した。

     主な感染経路は性行為で、皮膚や粘膜の小さな傷に病原体が侵入することで感染する。他の性病に比べて感染力が非常に強く、キスやオーラル*、**などでも感染し、1回の性行為でうつる確率は30%近いと言われている。

     国立感染症研究所の調査によると、女性は20~30代が全体の75%を占める一方、男性は20~50代まで幅広い年齢層で感染が拡大している。世代の分布から、性*や“パパ活”との関連を指摘する声もある。

     日本でじわりと広がる梅毒、実際に感染するとどんな苦しみを味わうのか。過去に2度感染した経験を持つ、東京都内在住の20代男性Aさんに話を聞いた。

    「*の最中に引っかかるような違和感が」

    続きは↓
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a3b38ba28c9ebc2f9c3fe418f86a1139f7670f14

    【【性病】「1回目は風俗かクラブ、2回目はマッチングアプリ」2度の梅毒経験者が語る奔放すぎる性生活と“感染された”女性たち】の続きを読む

    このページのトップヘ