まとめだかニュース速報@

毎日、最新のTwitter、2ch情報などをまとめたブログです。 面白スレや芸能ニュース、動画、画像まとめなどの経験談などをポジティブに毎日お届けします。 話題の参考に面白い記事を探して見てください。※コメントはネットの反応(2chコメントなど)

    カテゴリ:サッカー > 遠藤航


    遠藤 (えんどう わたる、1993年2月9日 - )は、神奈川県横浜市戸塚区出身のプロサッカー選手。ポジションはDF、MF。ブンデスリーガ・VfBシュトゥットガルト所属。日本代表。 小学1年生の時にサッカーを始める。当時は横浜F・マリノスのファンであり、頻繁に父親と日産スタジアムに試合観戦に訪れて
    31キロバイト (2,577 語) - 2021年4月21日 (水) 09:12



    (出典 www.soccer-king.jp)


    【サッカー】遠藤航が同点ゴール、シュツットガルトがボルシアMGに2−1で勝利❓❓

    1 久太郎 ★ :2021/05/16(日) 00:39:03.57

    <ブンデスリーガ:ボルシアMG1-2シュツットガルト>◇15日◇メンヘングラードバッハ

    DF遠藤航が所属するシュツットガルトはアウェーでボルシアMGに2-1で勝利した。1-1の後半32分、シュツットガルトのFWカライジッチが勝ち越しゴールを決めた。遠藤航はフル出場し0-1の後半27分に同点ゴールを決めた。シュツットガルトは12勝9分け12敗、ボルシアMGは12勝10分け11敗となった。

    ▽得点経過 
    前半46分【ボルシアMG】シュティンドル、
    後半27分【シュツットガルト】遠藤航、
    後半32分【シュツットガルト】カライジッチ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e93fec876b4a2b334a2a974ae8d6089374ba7869


    【日本のデュエルモンスター遠藤航、豪快同点スーパーゴール⁈ 右足一閃の“豪快20mミドル弾”❓❓】の続きを読む


    遠藤 (えんどう わたる、1993年2月9日 - )は、神奈川県横浜市戸塚区出身のプロサッカー選手。ポジションはDF、MF。ブンデスリーガ・VfBシュトゥットガルト所属。日本代表。 小学1年生の時にサッカーを始める。当時は横浜F・マリノスのファンであり、頻繁に父親と日産スタジアムに試合観戦に訪れて
    23キロバイト (2,306 語) - 2021年2月27日 (土) 02:56



    (出典 f.image.geki.jp)




    出典YouTube

    出典YouTube

    遠藤航が独1部初得点など2ゴール2アシストの大活躍! シュトゥットガルトがシャルケに快勝❓❗

    1 久太郎 ★ :2021/02/28(日) 01:26:52.69

     ブンデスリーガ第23節が27日に行われ、MF遠藤航が所属する10位シュトゥットガルトと18位シャルケが対戦した。遠藤は開幕から23試合連続となる先発出場を果たした。

     試合は10分にシュトゥットガルトが先制する。右コーナーキックからボルナ・ソサが高いボールを供給すると、ボールは中央を通過してファーサイドの遠藤に渡る。遠藤は右足ダイレクトでしっかりと合わせ、記念すべきブンデスリーガ1部での初得点を記録した。

     26分、シュトゥットガルトが追加点を獲得する。左コーナーキックからゴンサロ・カストロが低めのボールを供給すると、ボールは荒れたピッチの上で大きく変化し、再びファーサイドの遠藤に渡る。今回は左足で押し込んで、2得点目を記録した。

     さらに34分、シュトゥットガルトはコーナーキックの2次攻撃から3点目を獲得する。こぼれ球を拾ったソサが左から浮き球で折り返すと、競り勝ったサシャ・カライジッチが頭でゴール左に流し込んだ。シャルケは40分にセアド・コラシナツの得点で1点を返し、試合は2点差で折り返した。

     2点を追うシャルケは71分、アミーヌ・アリがペナルティエリア内で倒されてPKを獲得する。キッカーを務めたナビル・ベンタレブは右を狙ったものの、相手GKにコースを完全に読まれて防がれた。

     すると88分、シュトゥットガルトは遠藤の縦パスを受けたフィリップ・クラメントが鮮やかなターンから左足を振り抜き、ゴール左に突き刺して4点目を獲得する。後半アディショナルタイムには遠藤のパスを受けたダニエル・ディダヴィがミドルシュートを突き刺し、シュトゥットガルトがダメ押しの5点目を獲得した。

     試合はこのまま終了し、シュトゥットガルトは2連勝で今季9勝目、シャルケはシャルケは2連敗で今季17敗目となった。次節、シュトゥットガルトは3月6日にMF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するフランクフルトとアウェイで対戦する。シャルケは同5日にホームでマインツと対戦する。

    【スコア】
    シュトゥットガルト 5-1 シャルケ

    【得点者】
    1-0 10分 遠藤航(シュトゥットガルト)
    2-0 26分 遠藤航(シュトゥットガルト)
    3-0 34分 サシャ・カライジッチ(シュトゥットガルト)
    3-1 40分 セアド・コラシナツ(シャルケ)
    4-1 88分 フィリップ・クレメント(シュトゥットガルト)
    5-1 90+2分 ダニエル・ディダヴィ(シュトゥットガルト)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/abf1d03eab137c120be393957d42eaa10f259672


    【【動画】遠藤航 ドイツ初得点2ゴール2アシストの大活躍?!シュトゥットガルト 対 シャルケ?!】の続きを読む


    遠藤 (えんどう わたる、1993年2月9日 - )は、神奈川県横浜市戸塚区出身のプロサッカー選手。ポジションはDF、MF。ブンデスリーガ・VfBシュトゥットガルト所属。日本代表。 小学1年生の時にサッカーを始める。当時は横浜F・マリノスのファンであり、頻繁に父親と日産スタジアムに試合観戦に訪れて
    23キロバイト (2,303 語) - 2020年12月8日 (火) 16:05



    (出典 sakaneta.com)


    【サッカー】
    遠藤航、開幕11試合連続フル出場でドルトムント粉砕に貢献!
    シュトゥットガルトが5発で圧倒

    1 久太郎 ★ :2020/12/13(日) 01:25:18.23 ID:CAP_USER9.net

    ブンデスリーガ第11節、ボルシア・ドルトムント対シュトゥットガルトが12日にシグナル・イドゥナ・パルクで開催された。

    ここまで勝ち点19で4位のドルトムントと、勝ち点14で8位に位置するシュトゥットガルトが相まみえた。ドルトムントはレイナ、サンチョ、ロイスの前線で、16歳のムココをベンチに。一方のシュトゥットガルトは遠藤航が開幕から11試合連続で先発し、3-4-2-1の守備的MFとしてピッチに立った。

    試合のファーストチャンスは遠藤が演出する。3分、バイタルエリアで前を向いた遠藤が力強く右足を振る。鋭いシュートをゴール左に飛ばしたが、これはGKビュルキのセーブに遭う。さらに7分にはペナルティアーク手前からのFKでキッカーのソサがゴール左上に巻いたシュートを飛ばす。しかし、ここもGKビュルキのファインセーブに阻まれて先制点とはならない。

    ハーフタイムにかけてはドルトムントが巻き返すが、25分にはゴール前に抜け出したクリモヴィッチがエムレ・ジャンに倒されてシュトゥットガルトがPK獲得。これをワマンギツカが冷静に沈め、アウェーチームが先手を取った。その後も効率よくチャンスをつくるシュトゥットガルトの中で、遠藤は好スルーパスを出すなど攻守に印象的なプレーを見せる。

    だが、39分にはドルトムントの逸材が魅せる。ラファエル・ゲレイロのフィードからボックス左付近に走り込んだレイナがワントラップしてループ気味にシュート。これが決まり、18歳レイナの圧巻のゴールによりドルトムントが試合を振り出しに戻した。

    それでも迎えた後半、シュトゥットガルトが再び一歩前に出る。52分、高い位置でパスカットに成功したマンガラがそのまま仕掛けてボックス右で折り返し。最後は正面のワマンギツカが2試合連続ドッペルパック(2ゴール)となる勝ち越し弾を挙げた。勢いに乗るシュトゥットガルトは60分にもソサのラストパスから正面のフェルスターが決めて、一気に3-1とする。

    さらに、63分にもショートカウンターからボックス右のクリバリがゴール左にコントロールシュートを沈め、4-1としたシュトゥットガルト。その後、ムココも投入したドルトムントに対し、アディショナルタイムには再びカウンターからイバン・ゴンザレスが5得点を奪取。見事な大勝で今季初のリーグ戦連勝を飾った。

    ■試合結果
    ドルトムント 1-5 シュトゥットガルト

    ■得点者
    ドルトムント:レイナ(39分)
    シュトゥットガルト:ワマンギツカ(27分、53分)、フェルスター(60分)、クリバリ(63分)、イバン・ゴンザレス(90+2分)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b56c2aaf0b235347936e7c526605904f249c6291


    【【動画】遠藤航がフル出場で大活躍、強豪ドルトムント5発粉砕❓❗】の続きを読む


    遠藤 (えんどう わたる、1993年2月9日 - )は、神奈川県横浜市戸塚区出身のプロサッカー選手。ポジションはDF、MF。ブンデスリーガ・VfBシュトゥットガルト所属。日本代表。 小学1年生の時にサッカーを始める。当時は横浜F・マリノスのファンであり、頻繁に父親と日産スタジアムに試合観戦に訪れて
    22キロバイト (2,260 語) - 2020年11月18日 (水) 00:17



    (出典 soccer.sports.smt.docomo.ne.jp)


    日本代表MFの遠藤航さん
    とんでないタックルを見せてしまう

    【【動画】遠藤航がドイツで急成長チームの中心へ❓圧巻のボール奪取力&ビルドアップ】の続きを読む


    出典YouTube
    ドイツにおけるサッカー・ブンデスリーガ(ドイツ語: Fußball-Bundesliga フースバル・ブンデスリーガ、サッカー連邦リーグ)は、ドイツのプロサッカーリーグである。1部、2部それぞれ18クラブ、3部20クラブの合計56クラブが所属している。観客動員数では世界第1位のプロサッカーリーグである。 1部と2部はDFL(Deutsche
    42キロバイト (2,014 語) - 2020年11月6日 (金) 12:19



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    サッカー
    遠藤航vs長谷部・鎌田は決着つかず
    フランクフルト、2点差追いつきシュトゥットガルトとドロー

    1 久太郎 ★ :2020/11/08(日) 01:28:44.56 ID:CAP_USER9.net

    ブンデスリーガ第7節が7日に行われ、MF遠藤航が所属するシュトゥットガルトは、MF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するフランクフルトをホームに迎えた。遠藤は開幕7試合連続となるフル出場。長谷部と鎌田は揃って7試合連続となるスタメン出場を果たし、長谷部はフル出場、鎌田は87分までプレーした。

     ホームのシュトゥットガルトは16分、エリア内でドリブルを仕掛けたニコラス・ゴンサレスが倒されてPKを獲得。N・ゴンサレス自らキッカーを務めると、相手GKの逆を突いてネットを揺らして先制した。

    追いつきたいフランクフルトは20分、ゴール前で相手のパスミスをカットしてビッグチャンスを迎える。だが、アンドレ・シウヴァ、バス・ドスト、鎌田と繋いでいるうちに相手の守備が戻ってきてしまい、鎌田は余裕を持ってシュートを打てず。鎌田のフィニッシュはポストの左に外れた。

     すると37分、シュトゥットガルトがリードを広げる。遠藤からN・ゴンサレスを経由して、相手の背後をとったゴンサロ・カストロにボールが渡ると、カストロはそのまま相手GKとの一対一を制した。試合はシュトゥットガルトの2点リードで折り返した。

     フランクフルトは61分に1点を返す。鎌田とのワンツーパスでエリア内の深い位置に侵入したアイメン・バルコクがグラウンダーで折り返し、中でA・シウヴァが合わせてゴール右下に流し込んだ。さらに75分、右サイドのコーナーキックからバルコクが供給したボールにダビド・アブラームがニアで合わせ、ヘディングで押し込み同点とした。

     試合はこのまま終了し、シュトゥットガルトは3試合連続のドロー。フランクフルトは2試合連続のドローで、4戦未勝利となっている。次節は代表ウィークを挟んで2週間後に行われ、シュトゥットガルトは21日にアウェイでホッフェンハイムと、フランクフルトは同日にホームでライプツィヒと対戦する。

    【スコア】
    シュトゥットガルト 2-2 フランクフルト

    【得点者】
    1-0 17分 ニコラス・ゴンサレス(シュトゥットガルト)
    2-0 37分 ゴンサロ・カストロ(シュトゥットガルト) 
    2-1 61分 アンドレ・シウヴァ(フランクフルト)
    2-2 75分 ダビド・アブラーム(フランクフルト)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/df596e410e2c2cfbe80e33df07a5bf6e2b1de62b


    【サッカー日本代表の新旧キャプテン対決の結果は❓長谷部誠VS遠藤航】の続きを読む

    このページのトップヘ