まとめだかニュース速報@

あくまで、当サイトはTwitter、2ch情報 及び YouTube動画や出典先の記事の転載です。※当然、出典先(動画、画像など)の質問はお答えできません。※コメント集はネットの反応(2chコメントなど) 誹謗中傷の意図等はありません。※ただし、ファンが多くいることで成り立っている芸能界、有名人等は話題になりやすいため、本人の申し出であれば、記事の削除対応等を行う。※メッセージコメントは内容によりスクショの上 削除通報

    カテゴリ:サッカー > 本田圭佑


    本田 圭佑(ほんだ けいすけ、1986年6月13日 - )は、日本のサッカー選手、サッカー指導者、実業家。ポジションはミッドフィールダー。元日本代表。カンボジア代表のゼネラルマネージャー・監督を務める。 アジア(日本)、ヨーロッパ(オランダ・ロシア・イタリア・アゼルバイジャン・リトアニア)、北中米…
    155キロバイト (18,253 語) - 2022年11月24日 (木) 17:59

    1 フォーエバー ★ :2022/11/25(金) 10:55:42.02ID:eJ+Hjqqr9
    「笑われる意味がわからない」話題となった後輩選手への「さん」付け、本田圭佑が理由を明*「無意味な縦社会はなくした方がいい」
    11/24(木) 23:17配信

    超WORLDサッカー!
    (写真:Getty Images)

    ドイツ代表戦での日本代表の劇的勝利を解説した本田圭佑が、話題になっていることについて言及した。

    【SNS】本田圭佑が話題になった後輩選手への「さん」付けに言及

    23日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループE第1節のドイツvs日本が行われた。戦前の下馬評ではドイツが圧倒的に有利だった中、PKで前半に先制。しかし、後半に日本はシステムを変えると、堂安律、浅野拓磨がゴール。これで逆転勝利を収めた。

    日本サッカーの歴史を動かした大きな勝利。この試合を「ABEMA」で解説したのが3度W杯出場を経験し、3大会連続でゴールを決めた本田だった。

    カタール入りし、現地での解説を行った本田。的確な問題提起、そして相手のウィークポイントを指摘すれば、そこを日本の選手が突いて得点を奪うなど、その解説ぶりが大きな話題となっていた。

    その中で、もう1つ話題になっていたのが本田の選手の呼び方だ。

    本田は日本代表選手に関して、共にW杯にも出て親交のある吉田麻也や酒井宏樹、長友佑都などは親しみのある呼び方をしている一方で、ほとんどの選手が後輩に当たるものの、「三笘さん」、「鎌田さん」、「伊東さん」と「さん」をつけて呼ぶことに。例外的に本人から申し出があった久保建英に関しては「タケ」と呼んでいたが、自身が関わったことのない選手は「さん付け」で呼び、あまり聞きなれないスタイルが話題となっていた。

    その本田は自身のツイッターでこの件について言及。「さん付けして笑われる意味がわからない。」とすると、その理由を説明した。

    「スポーツ界の無意味な縦社会はなくした方がいい。関係が深くない先輩に偉そうにされると、ん?誰?って思ってしまう。同じことをしたくないから「さん」を付ける」

    本田自身、自分がよく知らない先輩に「本田」と呼ばれたりするのが嫌だという理由から、自分もやらないというもの。社会に出れば知らない人が年下であっても呼び捨てにすることなどなく、当然とも言える。

    選手それぞれと自身の関係を考えての解説時の呼び方。久保のように、「さん付け」を辞めてほいしと言われればやめるだろうが、あまり関係が深くない後輩に「さん」をつける本田の姿勢は、「笑い」ではなく「お手本」にすべきではないだろうか。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/dd7b4c4b18d36da1b2b23fef65e74062d95804c2


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l

    【【動画】後輩選手への「さん」付け、本田圭佑が理由を明かす「無意味な縦社会はなくした方がいい」❓❗】の続きを読む


    本田圭佑(ほんだ けいすけ、1986年6月13日 - )は、日本のサッカー選手、監督。無所属。ポジションはミッドフィールダー。元日本代表。カンボジア代表のGM・監督を務める。 アジア(日本)、ヨーロッパ(オランダ・ロシア・イタリア・アゼルバイジャン・リトアニア)、北中米(メキシコ)、オセアニア(オー
    152キロバイト (17,841 語) - 2022年2月23日 (水) 12:34



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    サッカー本田圭佑「露軍侵略の犠牲者は全てウクライナのせい。最初から降伏してたらよかった」❓❗

    1 スフィンゴモナス(空中都市アレイネ) [US] :2022/02/26(土) 19:01:17.32


    2/26(土) 15:40
    スポニチアネックス
    本田圭佑「これから協議に入るのならこの数日にでた犠牲者はなんやったのか」 ウクライナの判断に疑問

    サッカーの元日本代表MFで、ロシアリーグでのプレー経験がある本田圭佑(35)が26日、自身のツイッターに連続投稿。
    軍事侵攻されたロシアに対して25日に停戦交渉を呼びかけたウクライナのゼレンスキー大統領(44)の判断について、そのタイミングに疑問を投げかけた。

    まずは「独立を守ることとNATOに加盟することはイコールではない。ウクライナ大統領の判断に疑問を感じる。これから協議に入るのならこの数日にでた犠牲者はなんやったのか。プーチン大統領は世界中から悪者にされるのを百も承知で意思決定した。その覚悟の怖さをもっと警戒するべき」と最初に投稿。
    その後、「最初から協議を申し出てたら余計な犠牲者は出なかったかもしれない」「アメリカやヨーロッパ諸国がなんだかんだで様子見なのはわかっていたはず」「もう何を言っても犠牲者は戻ってこんけど、これ以上の戦争は泥沼化するだけ」と最初の投稿から4本連続でつづると、時間を少しおいてから「Stop the war」と改めて新規投稿し「no」「winner」と2つのハッシュタグも付けて戦争反対を訴えた。
    本田は2010年から13年シーズンまでロシアリーグのCSKAモスクワでプレーした。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d73239564f5f4ef519ce4ef125342325d8a3b31e

    軍事侵攻されたロシアに対して25日に停戦交渉を呼びかけたウクライナのゼレンスキー大統領(44)の判断について、そのタイミングに疑問を投げかけた。

    「独立を守ることとNATOに加盟することはイコールではない。ウクライナ大統領の判断に疑問を感じる。」←ウクライナのNATO加盟はロシアが言ってるだけの、全く実現のめどもたってない架空の危機。軍事同盟たるNATOより緩いEUですら加盟できてない事をケイスケホンダは理解できていない。
    「最初から協議を申し出てたら余計な犠牲者は出なかったかもしれない」
    ケイスケホンダ、頭が弱く、ヘディング脳の症状をTwitterで露呈してしまう……


    【本田圭佑 参戦「露軍侵略の犠牲者は全てウクライナのせい、、、、」❓❗】の続きを読む


    本田圭佑(ほんだ けいすけ、1986年(昭和61年)6月13日 - )は、日本のプロサッカー選手。リトアニア・Aリーガ・スードゥヴァ所属。ポジションはミッドフィールダー。元日本代表。サッカー指導者、サッカークラブ経営者、実業家。カンボジア代表のGM・監督を務める。
    150キロバイト (17,613 語) - 2021年10月17日 (日) 03:24


    「軽視されている」本田圭佑がサッカー界の“悪しき慣習”に苦言!「野球やアメフトに比べてレベルが低い」

    1 愛の戦士 ★ :2021/10/18(月) 13:39:25.43

    サッカーダイジェスト 10/16(土) 4:57

    オフの日に自主トレーニングをする動画を公開

     リトアニアの強豪スードゥバで新たな挑戦を始めた本田圭佑が、サッカー界の“悪しき慣習”に苦言を呈した。

     自身のYouTubeチャンネルで、オフの日にウェイトトレーニングをする動画を公開した本田は、その中で「サッカー界は、まだまだウエイト系のトレーニングが軽視されている」と指摘。「他のスポーツに比べると、ジムセッション系のレベルは低い」と言い放った。

    「野球とかアメフトとか、僕がオーストラリアにいた時のラグビーとか、ジムトレーニングのレベルがめっちゃ高い。単純に重い物を持つってだけじゃなくて、色んなメニューがある。そんなトレーニングの仕方があるんや、みたいな」

     一方で、サッカーは「せっかく知識や研究結果があるのに、(ウェイトトレーニングが)必要ないと思われて、軽視され続けている。それが他のスポーツより遅れている理由」と続けている。

     ただ、「最先端のところでは、導入され始めている」と付け加えており、リーグやクラブによって差があるとも。それでも、進んでいるのはごく一部で、全体としては他のスポーツと比べて、まだまだ遅れていると考えているようだ。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部
    https://news.yahoo.co.jp/articles/92e1e604cbeaf716496e88a8def60dc7d17f1926
    ウエイトトレーニングを軽視する慣習に、本田が持論を述べた。(C)Getty Images

    (出典 i.imgur.com)


    【【話題】本田圭佑「軽視されている」サッカー界の“悪しき慣習”に苦言!「野球やアメフトに比べてレベルが低い」❓❓】の続きを読む


    本田圭佑(ほんだ けいすけ、1986年(昭和61年)6月13日 - )は、日本のプロサッカー選手。リトアニア・Aリーガ・スードゥヴァ所属。ポジションはミッドフィールダー。元日本代表。サッカー指導者、サッカークラブ経営者、実業家。カンボジア代表のGM・監督を務める。
    151キロバイト (17,756 語) - 2021年11月14日 (日) 20:17



    (出典 i.ytimg.com)

    出典YouTube

    出典YouTube

    サッカー界に新庄剛志のような人材はいないのか 本田圭佑が抜けて落ちたエンターテインメント性❓❗

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/15(月) 07:11:09.40

    11/15(月) 6:50
    theWORLD(ザ・ワールドWeb)

    強いだけでは盛り上がりに欠ける

    サッカー界に新庄剛志のような人材はいないのか 本田圭佑が抜けて落ちたエンターテインメント性

    大谷翔平の二刀流大成功、ミスタードラゴンズ立浪和義の中日ドラゴンズ監督就任、さらには野球界屈指のエンターテイナーである新庄剛志の日本ハムファイターズ監督就任と、ここ最近は野球界が大いに盛り上がっている。

    これらの話題から感じさせられるのは、スポーツには実力とともにエンターテイメント性が強く求められるということだ。

    まだ新庄が監督業で成功を収められるかは分からないが、ひとまず話題にはなる。2022年の野球界は特別な注目を集めることになるだろう。

    一方で日本のサッカー界はどうか。選手たちの実力は間違いなく上がっているが、エンターテインメント性は大きく不足してしまっているのではないか。

    近年の日本サッカー界が最も盛り上がったのは、2010年からの4年間だろう。ワールドカップ・南アフリカ大会で本田圭佑が新時代のスターとなり、大会後には香川真司がドルトムントで大ブレイク。これで一気に代表人気に火がついた。

    本田の独特な発言や奇抜なファッションはウケが良く、長友佑都はインテルへ、黄色い声援を浴び続けた内田篤人はシャルケへ。実力、エンターテインメント性の両方が急上昇した4年間だった。

    一方で当時の野球界は大谷もまだ高校生で、2009年のWBC優勝後は人気がやや落ち着いていた時期と言っていい。試合の視聴率を稼げるのはサッカー日本代表の方だったはずだ。

    来年のW杯へ盛り上げられるか

    また、アルベルト・ザッケローニ率いるザックジャパン当時は欧州の強豪たちと定期的にマッチメイクができていた。フランス、オランダ、ベルギーと腕試しの場があり、ブラジルとも対戦できた。

    さらに2013年にはコンフェデレーションズ杯もあり、毎年何らかの盛り上がるイベントがあった印象だ。

    しかし今や欧州ではネーションズリーグがスタートしてしまい、親善試合を組むハードルも上がってしまった。

    新型コロナウイルスの影響もあるが、欧州の強豪と最後に対戦できたのはワールドカップ・ロシア大会ベスト16のベルギー戦が最後だ。これはあまりに寂しい。

    当時のベルギー戦は内容的にもかなり盛り上がったが、あれは本田ら世代の最後の輝きでもあった。あれ以降は長谷部誠、岡崎慎司、本田らが代表を離れており、今の日本サッカー界には本田ほどのビッグマウスも、香川のような世界を驚かせるテクニシャンもいない。エンターテインメント性は大きく落ちたと言っていい。

    今も海外で活躍する優秀な日本人選手は一定数存在しており、レベルは間違いなく上がっている。しかし、上手いだけでは注目してもらえない。同時に面白さが必要なのだ。本田や長谷部、香川はサッカーファン以外の日本国民にも認知されていたが、今の代表選手をほとんど知らない日本人も少なくないはず。

    加えて現在行われているカタール大会へ向けたアジア最終予選はアウェイゲームの地上波放送がなく、DAZNに契約していない人たちにとっては縁のない予選となってしまっている。

    日本人は良くも悪くも熱しやすく冷めやすい。ひとたびブームが去れば、一気に忘れ去られる危険もある。仮に日本代表がカタール大会への切符を失うようなことがあれば、サッカー界にとっては大惨事となりかねない。

    立浪、新庄の監督就任で野球界が盛り上がっているところを見ると、やはりスポーツにエンターテインメント性は欠かせない。サッカー界で言うならば、本田が日本代表の監督に就任するくらいでなければ対抗できない話題性と言えよう。

    その点から考えると本田の存在はサッカー界にとって大きく、今の代表にこそ本田のような奇抜な選手が欲しい。再び日本サッカー界に大ブームをもたらすのは誰なのか。ロシア大会以降のサッカー界はややブームが落ち着いてしまった印象だ。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/59a4a42e3fad4da5640bcbb02007a752269ea631


    【サッカー界に新庄剛志は本田圭佑?!抜けて落ちたエンターテインメント性❓❗】の続きを読む


    本田圭佑(ほんだ けいすけ、1986年(昭和61年)6月13日 - )は、日本のプロサッカー選手。リトアニア・Aリーガ・スードゥヴァ所属。ポジションはミッドフィールダー。元日本代表。サッカー指導者、サッカークラブ経営者、実業家。カンボジア代表のGM・監督を務める。
    150キロバイト (17,613 語) - 2021年10月14日 (木) 06:08



    (出典 marijuana.jp)


    本田圭佑、大麻合法化に熱弁 依存症もトラブルもない 大麻と車、どっちが人傷つけてるか知ってます? 断然クルマです❓❗

    【本田圭佑、大麻合法化に熱弁「大麻と車、どっちが人傷つけてるか知ってます? 断然クルマ」その状態で車乗る可能性あるから危険だなど賛否両論❓❗💦】の続きを読む

    このページのトップヘ