まとめだかニュース速報@

あくまで、当サイトはTwitter、2ch情報 及び YouTube動画や出典先の記事の転載です。※当然、出典先(動画、画像など)の質問はお答えできません。※コメント集はネットの反応(2chコメントなど) 誹謗中傷の意図等はありません。※ただし、ファンが多くいることで成り立っている芸能界、有名人等は話題になりやすいため、本人の申し出であれば、記事の削除対応等を行う。※コメントは内容によりスクショの上 削除通報

    カテゴリ: 野球


    アーロン・ジェームズ・ジャッジ(Aaron James Judge、1992年4月26日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンホアキン郡リンデン(英語版)出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。MLBのニューヨーク・ヤンキース所属。 愛称はオール・ライズ(All Rise)。…
    42キロバイト (4,265 語) - 2022年9月21日 (水) 06:50

    (出典 img.news.goo.ne.jp)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/09/29(木) 11:23:14.63ID:CAP_USER9
    9/29(木) 10:25配信
    THE ANSWER

    61年ぶりにロジャー・マリスのリーグ記録に並ぶ快挙

     米大リーグ・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が28日(日本時間29日)、敵地ブルージェイズ戦の7回にリーグ記録に並ぶ61号2ランを放った。ついに飛び出した歴史的瞬間を各メディアがこぞって速報。米記者も喝采の声を上げている。

     この時を誰もが待っていた。3-3で迎えた7回無死一塁の第4打席、粘ってフルカウントからの8球目、ジャッジは左腕メイザの速球を完璧にとらえた。打球はレフト方向へ一直線。フェンスの向こうにあるブルペンに着弾した。敵地にも関わらず、ファンは総立ちで大歓声。ダイヤモンドを一周したジャッジはベンチの前で出迎えたチームメート一人一人と抱擁し、歓喜を分かち合った。

     1961年にロジャー・マリスが打ち立てたリーグ記録に並ぶ61号。最近は四球攻めもあり、8試合ぶりの一発となった。歴史的アーチを受け、ツイッター上ではあらゆるメディアが速報し、ファンも熱狂。米記者たちも続々とレポートした。

     米ペンシルベニア州地元局「WICU-TV」のレポーターのジョン・リンディック氏は「アーロン・ジャッジの61号でここの観衆は爆発した」と伝え、米テキサス州地元局「KAUZ-TV」のスポーツディレクターのロビン・ハーンズ氏は「ジャッジ。61号。オーマイガー」と言葉を失った。カナダ紙「トロント・スター」のコラムニストのブルース・アーサー氏は「アーロン・ジャッジは上手く捉えた」と技術を称賛した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ebada1fcc499a428ed4642b34310817397cd4df8

    【【動画】ジャッジ、ついに出た歴史的61号に全米熱狂】の続きを読む


    大島 洋平(おおしま ようへい、1985年11月9日 - )は、愛知県名古屋市緑区出身のプロ野球選手(外野手)。左投左打。中日ドラゴンズ所属。 2014年シーズンに福留孝介に並ぶ球団シーズン最多安打のタイ記録となる186安打を記録した。 子供の頃から中日ドラゴンズの試合を観て育ち、小学4年から名古…
    44キロバイト (5,518 語) - 2022年9月25日 (日) 06:48

    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    大島洋平 .319(423-135)18二塁打 1三塁打 1本塁打 OPS.751

    1 それでも動く名無し :2022/09/28(水) 11:10:44.57ID:Lo+xl6HO0
    こんなんタイトルホルダーにしちゃいかんだろ

    【ヤクルト村上 ライバルの大島洋平 .319(423-135)と接近】の続きを読む


    内川 聖一(うちかわ せいいち、1982年8月4日 - )は、大分県大分市出身のプロ野球選手(外野手、内野手)。右投右打。東京ヤクルトスワローズ所属。 妻は元フジテレビアナウンサーの長野翼。 NPBにおける右打者史上最高打率記録保持者(.378。2008年)、史上2人目の両リーグでの首位打者及び最…
    81キロバイト (9,752 語) - 2022年9月28日 (水) 05:25

    (出典 www.nishinippon.co.jp)



    1 愛の戦士 ★ :2022/09/28(水) 10:02:19.96ID:CAP_USER9
    スポーツ報知 9/28(水) 1:55

    21年7月、サヨナラ打を放った内川(右)はお立ち台でツバ九郎と笑顔を見せた

     ヤクルト・内川聖一内野手(40)が27日、今季限りで第一線から退くことを決断した。ソフトバンクから移籍2年目は1軍で6試合の出場にとどまり、NPB選手としての引退を決意。今後については「自分を育ててくれた野球に恩返しがしたい」と打ち明けた。今季最終戦となる10月3日のDeNA戦(神宮)でセレモニーが行われる模様だ。

     内川がプロ野球生活に区切りを付けた。横浜、ソフトバンク、ヤクルトと渡り歩き、今季で22年目。NPBの選手として引退する意思を固め、この日までに球団側へ申し入れた。

     今季がヤクルト加入2年目。「その日が来るまで、全力でやるということは変わらない」と常に区切りを覚悟してきた。1軍では6試合の出場にとどまり、7月21日に出場選手登録を抹消。チームは9月25日に29年ぶりのリーグ連覇を達成した。現実を受け止め、第一線から退くことを決意。大分工時代は監督と部員の間柄だった父・一寛さん(65)=現大分高監督=や家族にも報告を済ませた。

     プロ野球選手としては「卒業」。内川本人は「自分を育ててくれた野球に対し、これからどのように向き合っていけるか。野球に恩返しすることを、しっかり考えていきたい」と打ち明けた。現時点では未定だが、第二の人生も「野球」が中心。恩返しができる方法を模索していくようだ。

     00年のドラフト1位で横浜(現DeNA)に入団。08年に花が開いた。「今年ダメだったら辞める」と覚悟を決め、右打者ではプロ野球史上最高となる打率3割7分8厘で首位打者。11年にソフトバンクへFA移籍し、1年目で史上2人目のセ・パ両リーグで首位打者に輝いた。リーグ優勝4度、6度の日本一に貢献。主将、4番打者として、常勝軍団を支えた。

     10年間在籍したホークスを退団したのが一昨年のこと。選手寿命を伸ばしてくれたのがヤクルトだった。「『力を貸してほしい』と言ってもらえたのが、素直にうれしかった」。昨年の開幕戦は「5番・一塁」で先発出場。7月9日の広島戦(神宮)ではフランスアからサヨナラ打を放った。今季もイースタン・リーグで打率3割2分5厘。練習から一切手を抜かず、途中入団のキブレハンには「ジャパニーズ・スタイル」とベンチの最前列で仲間を応援することを教えた。

     09、13、17年とWBCにも3度出場した。通算打率3割2厘。2185安打は坂本(巨人)に次ぐ現役2位。重みのある数字を刻んだヒットメーカーが、プロ野球の世界を去る。 

     ◆内川 聖一(うちかわ・せいいち)1982年8月4日、大分県生まれ。40歳。大分工から2000年ドラフト1位で横浜(現DeNA)入団。10年オフにソフトバンクへFA移籍。11年に史上2人目の両リーグ首位打者。09、13、17年WBC日本代表。20年にソフトバンク退団、21年からヤクルト入団。184センチ、92キロ。右投右打。

    報知新聞社
    https://news.yahoo.co.jp/articles/fff0774dfe44a8d2fedf18244b3b6b42d12e7c9f

    【内川聖一、NPB選手としての引退を決断…今後は「野球に恩返しがしたい」】の続きを読む


    藤浪 晋太郎(ふじなみ しんたろう、1994年4月12日 - )は、大阪府堺市南区出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。阪神タイガース所属。 小学1年生で「竹城台少年野球部」に入団し野球を初め、堺市立宮山台中学校時代は「大阪泉北ボーイズ」に所属。主に投手を務め、球速は最速142km/hを記録していた…
    115キロバイト (16,545 語) - 2022年9月23日 (金) 23:04

    (出典 www.nikkansports.com)



    1 ひかり ★ :2022/09/28(水) 18:57:24.11ID:CAP_USER9
    <ヤクルト-阪神>◇28日◇神宮

     阪神藤浪晋太郎投手(28)が28日、今オフにポスティングシステムを使用して大リーグ移籍を目指すことを正式表明した。

     昨年12月の契約交渉中、メジャー挑戦の意思を球団に直訴。前日27日、今オフに大リーグ移籍を目指す意思が明らかになっていた。

     この日はブルペン待機するヤクルト戦の練習後、神宮球場で報道陣に対応。

     「チャレンジさせていただきたいという話を球団としているのは事実」と認め、大リーグの舞台について「野球の最高峰。野球人としてぜひ挑戦したいトップレベルの世界」と表現。ポスティングについて話し合いの場を持ってくれている球団に感謝した上で「基本的に自分の気持ちは変わらない」と力を込めた。

     すでに球団とは複数回に渡って話し合っており、シーズン全日程終了をもって本格的に交渉する。

     ◆藤浪の一問一答

     -報道で今オフのポスティングを直訴、と

     「かねてそういう(メジャーへの)気持ちがあります、と。自分個人としてチャレンジさせていただきたいですという話を球団としているのは事実。今現状はシーズンが残っているので、そこ(交渉)に気持ちがまだ入っていない状況なんですけど、そういう話をしています」

     -球団との話はいつ頃からされているのか

     「去年の契約更改あたりからですかね。具体的な話になったのはそのあたりですかね」

     -メジャーへの思いをずっと持ってきた中、決断の後押しになったものは

     「人を通じてですけど、『日本でうまくいっていないなら、ぜひアメリカで挑戦してみてほしい』という話をいただいたこともありましたし。個人的に28という年齢にもなって、30いくつになってくるとなかなか厳しい世界でもあるので、若いうちに挑戦したいという気持ちと。あとやっぱり、周りに世界で戦っている方がたくさんいて。武豊さんだったり(柔道選手)大野将平さんだったり、(空手選手)西村拳くんだったり…。世界で戦っている方が周りにいて、そういう方に刺激を受けたというのもありますね」

     -そういった人たちと話すことはあったか

     「世界で戦うことについての話はたくさんしてもらうことがある。そういう方に『世界を見て』という話をよくされる。そういうものに刺激を受けたのはありますね」

     -藤浪選手自身も世界大会の経験がある

     「といっても、高校生の日本代表やWBCも行きましたけど、WBC本戦(決勝ラウンド)では投げていないですし、戦ったという感じでもないので。そういう意味では世界で戦ったと言える人間ではないので、あまり自分が戦ったどうとかはないです」

     -ダルビッシュ選手と自主トレしたことも影響したか

     「もちろん、そうですね。ダルビッシュさんだったり、若い時にマエケンさんとさせてもらったり。そういう方々の話も刺激になりましたし。ダルビッシュさんと自主トレをやらせてもらった時はアメリカでやったんですけど、その時の環境だったりアメリカの雰囲気だったりに、すごく刺激を受けて。そういうところから気持ちが傾いていたのはあります」

     -大リーグはどういう存在

     「野球の最高峰だと思います。野球人としてぜひ挑戦したいトップレベルの世界。そういうイメージですかね。世界トップの選手が集まるイメージです」

     ーエンゼルス大谷選手やカ*鈴木誠也選手の活躍は刺激になったか

     「もちろんテレビでは見ていますし、すごいなとは思いますけど、同級生というよりも日本人全体の活躍を見ていてですかね。憧れと言いますか、チャンスがあるなら挑戦したいという気持ちは、いろんな選手を見ていて思いました」

     -どういう風に勝負したい

     「チームも何も決まっていませんし、まずポスティングができるかも決まっていない。まだシーズンも残っていますし、CSもある。あまりその辺は考えていないです」

     -1年前と今で気持ちは変わっていない

     「そうですね。基本的に自分の気持ちは変わらないというか、伝えることはしたい。成績を残していない中で、球団がポスティングの話を取り合っていただけること…。過去に井川さんしか例がない、今まで容認してこなかった中で、自分の話を取り合ってもらった球団に感謝したい。その辺はなんて言うんですかね…自分中心の話になるというか、話し合いになりますけど、気持ちをしっかり伝えたいなと思います」

    日刊スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/616b297495486138c8bf04e12669edc767eb8825

    【藤浪晋太郎、メジャー挑戦直訴!ポスティング交渉へ】の続きを読む


    の末っ子として生まれる(長男は社会人野球選手でトヨタ自動車東日本硬式野球部所属の大谷龍太)。 翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 野球を始める前はバドミントンと水泳を習い、これらにより後に野球で活躍する基礎を作った。…
    226キロバイト (30,263 語) - 2022年9月28日 (水) 01:11

    (出典 cloudfront-ap-northeast-1.images.arcpublishing.com)



    1 愛の戦士 ★ :2022/09/28(水) 11:23:30.65ID:CAP_USER9
    FullCount 9/28(水) 10:50

    日本人6人目のシーズン150安打に到達

    ■エンゼルス ー アスレチックス(日本時間28日・アナハイム)

     エンゼルスの大谷翔平投手が27日(日本時間28日)、本拠地のアスレチックス戦に「3番・指名打者」で先発出場し、シーズン150安打をマークした。すでに投手で153投球回、203奪三振をマーク。球団によると、「トリプル150」は両リーグ史上初の快挙となった。

     大谷がまた新たな偉業だ。自己最長12試合連続安打をマークし、チーム154試合目で150安打に到達した。1900年以降の近代野球では史上初の快挙となった。

     また、シーズン150安打は日本選手ではイチロー(12)、松井秀喜(4)、井口資仁(1)、岩村明憲(1)、青木宣親(2)に次いで6人目。青木がブルワーズ時代に記録した2013年以来9年ぶりだ。

     メジャー初の規定投球回までも9イニングに迫っている。1900年以降では史上初の快挙となる。大谷の記録ラッシュから目が離せない。

    Full-Count編集部
    https://full-count.jp/2022/09/28/post1287262/

    【【動画】大谷翔平、史上初の「トリプル150」偉業を達成 150安打&153投球回&203奪三振】の続きを読む

    このページのトップヘ