まとめだかニュース速報@

あくまで、当サイトはTwitter、2ch情報 及び YouTube動画や出典先の記事の転載です。※当然、出典先(動画、画像など)の質問はお答えできません。※コメント集はネットの反応(2chコメントなど) 誹謗中傷の意図等はありません。※ただし、ファンが多くいることで成り立っている芸能界、有名人等は話題になりやすいため、本人の申し出であれば、記事の削除対応等を行う。

    カテゴリ: ライフ


    「食事をする空間を提供する」という狭義の意味での外食産業は、日本初の百貨店であった三越日本橋本店に1907年4月に開業した食堂を嚆矢とする。「外食」の用語は、太平洋戦争中に戦時下の食料統制の一環として1941年(昭和16年)4月に導入された外食券制によって、配給された外食券で食事ができる食堂に「外食
    36キロバイト (2,359 語) - 2022年4月2日 (土) 07:15

    (出典 img.sirabee.com)



    【男性の5割「1人外食は恥ずかしくて無理」「1人で外食してるヤツを見るとイライラする」❓❗】の続きを読む


    300万円未満」が13.6%で最頻値、「300~400万円未満」が12.8%、、「100~200万円未満」が12.6%、「400~500万円未満」が10.5%で中央値を含むと多くなっている。「500~600万円未満」が8.7%で平均値を含む、「600~700万円未満」が8.1%、「100万円未満」が6
    73キロバイト (12,830 語) - 2022年2月18日 (金) 09:18

    (出典 dokujo.com)



    1 ぐれ ★ :2022/04/29(金) 14:52:10.27

    ※PRESIDENT Online 2022/04/28 11:00

    政府が孤独に関する大規模調査を初めて実施
    内閣官房の孤独・孤立対策室において、日本における孤独・孤立の実態を把握するための初の大規模調査(約2万人対象)が実施されました。

    今回は、その結果を紐解きながら、孤独の問題の本質は何かを明らかにしていきたいと思います。

    本調査は、非常に多岐にわたる質問が用意されていますが、中でも配偶関係別に孤独の実態を調査している点が評価できます。性別や年代別だけでは見えてこない違いがあるからです。

    まず、配偶関係別の孤独感について男女年代別に見てみましょう。

    全体的には、未婚および離別・死別などの独身のほうが孤独を感じやすく、女性より男性のほうが孤独を感じやすい。さらに、年齢的には、30~50代の中年層が孤独を感じやすいという傾向が見てとれます。もっとも孤独を感じやすいのは、男性では50代で配偶者と死別した層、女性では30代で離婚した層でした。

    孤独を感じることと「それを苦痛に感じる」ことは別問題
    しかし、単純にこれだけを見て、「やっぱり結婚したほうが孤独じゃないんだな」と結論づけてはいけません。そもそも「孤独が問題だ」と大声で騒ぐわりに、性別や年齢、配偶状況にかかわらず「孤独を感じる」という割合は過半数にも達していないわけです。高齢者の孤独という話題もありましたが、これを見る限り、むしろ高齢になるほど孤独感は感じない傾向もあります。ある意味、現役世代で人との交流機会が多いはずの年代のほうが孤独感は高いということになります。

    そして、忘れてはいけない視点としては「孤独を感じることが決して万人にとって悪いことではない」ということです。言い換えれば「孤独を感じる」ことと、その「孤独を苦痛に感じる」こととは別です。

    続きは↓
    PRESIDENT Online: 「結婚どころか友達もできない」年収300万円未満の男性を孤独に追い込む"決定的要因" 結婚相談所で女性と出会う機会すら奪われている.
    https://president.jp/articles/-/57035?page=1
    ※前スレ
    「結婚どころか友達もできない」年収300万円未満の男性を孤独に追い込む"決定的要因"結婚相談所で女性と出会う機会すら… ★3 [ぐれ★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1651203903/

    ★1 2022/04/29(金) 09:28:30.60


    【「結婚どころか友達もできない」年収300万未満の男性❓❗】の続きを読む


    交際経験(こうさいけいけん)とは、主に恋愛などの男女関係における体験内容や、具体的な性行為の相手となった人数などを指す俗語である。 交際経験(こうさいけいけん)広義には恋愛における男女間のあらゆる経験を指すが、一般的にはセックスの体験内容やその際に相手となった過去の人数
    4キロバイト (606 語) - 2021年6月8日 (火) 10:35

    (出典 data.smart-flash.jp)



    【【相手の経験人数を簡単に知れる方法&彼女のLINEを後回しにする男】という記事が話題に❓❗】の続きを読む



    (出典 fuzoku-thankyou.net)


    オキニに30万円のバッグをねだられた。マジレスしろ買うべきなんか?

    1 風吹けば名無し :2022/04/09(土) 12:00:47.10

    買ったらサービスよくなるか?


    【【オキニの風●嬢に30万円のバッグをねだられた。マジレスしろ買うべきなんか?】という記事❓❗💦】の続きを読む


    婚活動(けっこんかつどう)英語Marriage activitiesは、結婚相手を見つけるための活動。略称は婚活(こんかつ)。日本においては、結婚を目指して恋愛相手を自力で探したり、見合いや結婚相談所を利用したりすることは2000年代以前から行われていた。「婚活」は就職活動(就
    18キロバイト (2,652 語) - 2022年3月15日 (火) 11:34

    (出典 sukusuku.tokyo-np.co.jp)



    1 ボラえもん ★ :2022/03/20(日) 18:24:42.49

    理想とする条件や好みの外見から相手を選べる婚活アプリ。
    41歳で使い始めた女性は、男性会員のプロフィールに書いてある“求める女性像”や、暗に示された“相手に望む年齢”などにモヤモヤしたそう。そのわけは?

    (中略)

    日本で最も登録者数が多いというマッチングアプリに初めて登録したのは2021年5月。当時私は41歳。
    ノリノリでプロフィールを書き、身分証の審査も無事通過。
    「まりえさん、登録から1週間が勝負ですよ!」と友人がアドバイスしてくれる。
    新規会員は男性たちに通知されるため、最初の1週間は「いいね」がもらいやすいらしい。
    あわよくば、いい人と出会えるかも!と次々に映し出される男性たちの顔やプロフィールをチェックする私。ちょっと前まで登録するのを嫌がっていたことはもうすっかり忘れている。

    しかし、男性たちのプロフィールを見れば見るほど、私は心に「モヤモヤ」を募らせていくことになる。

    「穏やかな人」ってどんな人ですか?
    まず、私が気になったのは、好みの女性としてプロフィールに「穏やかな女性」と書いている男性が多いこと。もちろん、全員ではない。
    でも、一人二人ではなく、結構な割合で「穏やか」というワードを目にした。これはどういうことだろう? 世の男性はみんな疲れているのか? 
    いや、別にいいのだ。好みはその人の自由だ。でも、何だろう。この、何とも言えない気持ち。

    (中略)

    ■40代以上でも子どもを持てる男性と、産めない女性
    極めつけのモヤモヤは、プロフィールにある子どもに関する質問だった。

    私が使っていたアプリには「どんなお相手を期待しますか?」という問いに、子どもに対する価値観の項目があり、
    「子どもは欲しくない」「子どもは欲しい」「わからない」「相手と相談して決める」という4つの選択肢がある。

    私自身、子どもが欲しいと思った時期があり、30代は自分の体と真剣に向き合ってきた。婦人科に行き、ホルモン値も調べた。
    自分の遺伝子を残したいというよりは、好きな人との子どもが欲しかったのだ。33歳の時点でホルモン値がかなり低く、
    妊娠する力が弱いことが分かっていた。40歳に近づくにつれて、子どもを持たない人生に折り合いをつけてきた。

    とはいえ、出産だけが子どもを持つ方法ではない。私は「相手と相談して決める」を選んだ。

    このように、女性にとってはセンシティブでいろいろと考えながら選ぶであろうこの質問だが、男性たちの多くは「子供が欲しい」を選んでいた。
    システムで私にピックアップされてくる男性はだいたい40代以上。中には50代、60代もいる。
    女性だったら出産は難しいとされる年齢の人たちが普通に「子どもは欲しい」を選んでいることに、私は何とも言えない気持ちになった。
    男性は確かに、相手次第では、50代、60代になっても子どもを持てる。
    でもそれは医学的なリスクが一般的に高くはないとされる30代前半までといった“若い女性”を選んだ場合の話だ。
    自分の年齢や、同世代の女性たちのことを考えて、「相手と相談して決める」を選ぶ優しさはないのか?

    アプリという限定された空間とはいえ、女性の若さに価値を見出す男性たちに、「あなたはもう女として価値がないよ」と言われているような気持ちになってしまった。
    私が出会いを探すのは、ここじゃなかった。42歳の誕生日を前にスマホを機種変更し、それ以降、アプリは立ち上げていない。

    私も20代の頃は、無意識であっても、それなりに若さを武器にしてきたはずだ。
    その後、仕事も恋愛もうまくいかず、もがいてきた30代があって、今、40代になった。
    その自分の人生に、悔いはない。もう一度、20代、30代をやり直したいとも思わない。一度きりで充分だ。

    40代のいいところは、人生が恋愛や結婚だけでは成り立っていないことを、心から実感できるところだ。
    自分をご機嫌にできる趣味があり、好きな仕事があり、その対価で生きていく力も身に着けた。恋愛は大事だけど、人生を豊かにしてくれるスパイスの一つでしかない。

    マッチングアプリの中の会ったこともない男性たちに、心をすり減らされる必要なんかない。
    リアルな場では、今の自分を認めてくれる人もいる、と切り替えられるのも、経験を積んできたからこその余裕かもしれない。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/07f35f764c79d1ac93b9bc591ee887e8247f74d2?page=1
    ※前スレ
    【社会】41歳婚活女性、子供を希望する中高年男性に不快感 「女性のことを考える優しさはないのか?」 [ボラえもん★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1647765665/


    【41歳婚活女性、子供を希望する中高年男性に不快感!会話が衝撃❓❗】の続きを読む

    このページのトップヘ