まとめだかニュース速報@

あくまで、当サイトはTwitter、2ch情報 及び YouTube動画や出典先の記事の転載です。※当然、出典先(動画、画像など)の質問はお答えできません。※コメント集はネットの反応(2chコメントなど) 誹謗中傷の意図等はありません。※ただし、ファンが多くいることで成り立っている芸能界、有名人等は話題になりやすいため、本人の申し出であれば、記事の削除対応等を行う。※記事へのコメントは内容によりスクショの上 削除通報する。


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年〈平成5年〉4月10日)は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。現WBC・WBO世界スーパーバンタム級統一王者。元WBC世界ライトフライ級王者。元WBO世界スーパーフライ級王者。元WBAスーパー・WBC・IBF・WBOスーパー世界…
    155キロバイト (20,422 語) - 2023年8月30日 (水) 01:08

    1 ネギうどん ★ :2023/08/30(水) 11:55:13.46 ID:Je9y+Y0j9
    7月にスティーブン・フルトン(米国、29歳)を8ラウンドTKOで破った井上尚弥(大橋、30歳)は、スーパーバンタム級転向初戦でアッサリと2つの世界王座(WBC、WBO)を手に入れた。

    そして年内に、2階級「4団体世界王座統一」に挑むことになる。

    相手は、WBA、IBF世界同級王者のマーロン・タパレス(フィリピン、31歳)。すでに両陣営は交渉のテーブルについており、近日中に合意に至る模様。「12月、日本開催」が有力視されている。

    井上は、タパレスにも圧勝するだろう。
    これまでの両者の試合を見る限り、力の差があると感じざるを得ない。KO決着が濃厚だ。

    2階級における「4団体世界王座統一」は、テレンス・クロフォード(米国、35歳/スーパーライト&ウェルター級)に肩を並べる快挙。当分の間、モンスターの勢いは誰にも止められそうにない。

    そんな中、「井上尚弥と闘いたい」と声を上げ続けている日本人選手がいる。

    WBA世界スーパーバンタム級1位・亀田和毅(TMK、32歳)だ。

    長くトップランカーである彼は、WBA同級王者のタパレスへの挑戦権を有していたはず。だが、それは叶わなかった。WBAは、すでに井上vs.タパレスの「4団体世界王座統一」を優先することを表明。亀田に対しては、前王者のムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン、28歳)と対戦することを求め、ここで勝利したならば王者(井上vs.タパレスの勝者)に挑む権利を与える含みを持たせた。

    次の試合で王者タパレスと闘いたかった亀田にとっては不遇処置。

    それでも、井上がタパレスを破り、亀田がアフマダリエフに勝利したならば、来春に「井上vs.亀田」が実現する目は残る。

    ところが、亀田はWBAからの提案を拒否したようだ。

    アフマダリエフとは闘わずに、フェザーに階級を戻す。そして、兄・亀田興毅が開く『3150 FIGHT』に出場し転級初戦を闘う計画を立てている。

    「井上尚弥と闘いたい。その資格はあるし勝つ自信もある」と発言している亀田和毅(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    なぜ、亀田はWBAからの提案を受け入れなかったのか?

    アフマダリエフに勝つ自信がないのか。いや、そうとは限らない。もしアフマダリエフに勝利したとしても井上と闘うことはできないと悟ったようにも思う。それは現時点において、井上が亀田と闘うことにまったく興味を示していないからだ。

    亀田家がボクシング界に残した汚点

    おそらく井上は、亀田家のボクシングに対する取り組み方を軽蔑している。

    興毅、大毅、和毅の亀田3兄弟は、いずれも世界チャンピオンのベルトを腰に巻いた。興毅はライトフライ、フライ、バンタムと3階級を制覇。大毅がフライ、スーパーフライの2階級制覇、和毅も暫定を含めバンタム、スーパーバンタム級王者になった。

    「2階級制覇、3階級制覇」といえば聞こえはよい。だが対戦してきた相手選手の名を並べると中身は寂しい限りだ。

    これは特に興毅に言えることだが、プロデビューからの数戦は、ほぼ素人のタイ人選手を相手にKO勝利を重ねていた。世界戦でも強い相手に挑んで王座奪取を果たしたわけではない。
    (王座が空位になった時を狙って、それほど強くない相手を選ぶのも戦略。KO率の高い選手との対峙は避け、判定に持ち込めばいい)
    そう言わんばかりの「勝てそうな相手を選ぶ」露骨なマッチメイクに玄人ファンたちは鼻白んだ。

    続きはソースで
    https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/4d8e6096f7108b078a3f5c794a7cab52496249c4

    【【ボクシング】井上尚弥は、なぜ対戦を熱望する亀田和毅を完全無視するのか? その真意を紐解く❓❗】の続きを読む


    悠仁親王(ひさひとしんのう、2006年〈平成18年〉9月6日 - )は、日本の皇族。身位は親王。敬称は殿下。お印は高野槇(こうやまき)。 秋篠宮文親王と同妃紀子の第1男子(1男2女のうちの第3子)。明仁(第125代天皇・上皇)の孫。徳(第126代天皇・今上天皇)の甥にあたる。姉に小室眞子(眞子…
    60キロバイト (4,935 語) - 2023年7月2日 (日) 10:19

    1 それでも動く名無し :2023/08/30(水) 17:42:52.01 ID:PbSteBXvM
    悠仁さま「冠」は約260万円 成年皇族としての儀式で 秋篠宮さま以来39年ぶり
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a79312c50eca287acc9d785e2d9ee8e5732dbe91

    【悠仁、成年式のため血税で「冠」購入、約260万円。愛子さまは4年連続「ティアラ」辞退❓❗】の続きを読む


    アメリカ合衆国 > ハワイハワイ州 State of Hawaii Mokuʻāina ʻo Hawaiʻi 州の愛称: アロハ・ステート The Aloha State ハワイ州(ハワイしゅう、英: State of Hawaii [həˈwaɪ.i] ( 音声ファイル) 、ハワイ語:…
    132キロバイト (15,766 語) - 2023年8月13日 (日) 09:34

    1 樽悶 ★ :2023/08/18(金) 01:30:50.29 ID:jn6Q+/c59
     ハワイのマウイ島で8月8日に発生した大規模な山火事。米国史上最悪の森林火災といわれるこの大惨事に、日本政府は8月16日、総額200万ドル(約2億9000万円)の支援をおこなうことを決定した。

     アメリカ赤十字に対し150万ドル(約2億2000万円)の資金提供、NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)に50万ドル(約7000万円)を支援すると、林芳正外相が表明した。

     SNSには

    《このような助け合い、サポートも重要な外交だと思う 困った時はお互い様で、日頃の信頼は日本のためにも本当に重要》

     と、賛同する声もあるものの、圧倒的多数を占めるのが批判的な意見だ。

    《海外向けにはすぐポンポン金出すのな》

    《ハワイ支援よりも、自国の台風被害の方が優先じゃない…?》

    《こういうのはほんと早いよな。支援するなってことじゃない。こういった初動を日本国内の被災地にもやれって言ってんだ。この間の豪雨や今回の台風だけとっても支援するべき場所があるだろ。国民助けろよ》

     この支援を報じた8月16日配信の『FNNプライムオンライン』の記事には、6000を超えるコメントが寄せられている(17日13時現在)。そのコメントも大半が

    《正直言うと「そんな余裕があるなら国民を救ってくれ」です》

    《支援を否定はしないが、順番が明らかにおかしい》

     と、まずは自国民に目を向けてほしいという、切実なものだ。

    「折も折、8月15日には台風7号により、鳥取などで大きな被害が出たばかりです。鳥取県内では土砂崩れによって道が寸断され、17日になっても、7つの集落で78世帯139人が孤立状態になっています。土砂崩れは京都府の舞鶴市や福知山市でも発生。兵庫県香美町では川が氾濫し、多くの家が浸水の被害を受けました。

     また、7月末から1週間以上も日本付近に停滞した台風6号も、沖縄や九州で被害をもたらしたばかり。この台風では1人が死亡、86人が負傷。100軒以上の住宅が被害を受けました。

     SNSなどでの意見を見ると、多くの人は、ハワイへの援助を非難しているわけではありません。国内でも災害が頻発している上に、ガソリン価格の上昇や物価高など、たまりにたまったもろもろの政府への不満が、“炎上”となっているのでは」(週刊誌記者)

    以下ソース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4399d980560ac27450c0988931a54190854332a4

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    【【日本】「海外にはポンポン金出す」「順番がおかしい」 ハワイ山火事に政府が2.9億円支援、台風被害に苦しむ国民から切実な声❓❗】の続きを読む

    このページのトップヘ