まとめだかニュース速報@

あくまで、当サイトはTwitter、2ch情報 及び YouTube動画や出典先の記事の転載です。※当然、出典先(動画、画像など)の質問はお答えできません。※コメント集はネットの反応(2chコメントなど) 誹謗中傷の意図等はありません。※ただし、ファンが多くいることで成り立っている芸能界、有名人等は話題になりやすいため、本人の申し出であれば、記事の削除対応等を行う。


    清原 (きよはら しょう、1993年2月2日 - )は、日本の俳優、モデルである。神奈川県出身。明治大学理工学部電気電子生命学科卒業。スターダストプロモーション制作1部所属。 父が地元少年野球クラブの監督、兄もクラブの選手だった影響から、小学生から中学生時にかけ野球に打ち込む。進学した神奈川県立大磯高等学校ではバレー部に所属する。
    18キロバイト (2,244 語) - 2020年6月18日 (木) 11:14



    (出典 www.tst-movie.jp)


    清原翔の体調は大丈夫か?
    クールな目が印象的❗
    これからテレビ、ドラマ、CMに大活躍か❓

    1 名無しさん@おーぷん :20/06/18(木)20:39:38 ID:aug

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d5296f6e120680e8b0f168e18c10cd1996807fa3

    清原は12日夕方ごろ、外出先で体調不良を訴え、緊急搬送された。
    都内の病院で医師の診断を受けたところ、脳出血の症状が見られたため、同日緊急手術を行った。
    現在、命に別状はないが、予断を許さない状態が続いており、当面の間、治療に専念するという。


    【関連画像動画あり 俳優の清原翔さん、脳出血で緊急手術】の続きを読む


    2019年7月、日本代表・柴崎岳を獲得したことで話題になった。 下部チームとしてデポルティーボ・ラ・コルーニャBがある。1914年にファブリル・ソシエダ・デポルティーバという名称で設立され、1993年にデポルティーボ・ラ・コルーニャBに改名されたが、地元では現在でもファブリルと呼ばれることが多い。1
    55キロバイト (4,156 語) - 2020年6月10日 (水) 15:37



    (出典 www.football-zone.net)


    柴崎岳のデポルティボ崖っぷちか?
    降格圏争いデッドヒート
    勝ち点
    37 18位レアル オビエド
    37 19位降格圏 デポ・ラ・コルーニャ(柴崎岳)

    1 Egg ★ :2020/03/13(金) 01:58:11.95

    MF香川真司(30)が所属するスペイン2部サラゴサは、20年に入ってからスペインで唯一無敗のチームであると、スペイン紙マルカが12日に報じた。

    先週末までは2部Rバリェカノも20年無敗をキープしていたが、8日にホームでエルチェに敗れたことにより、無敗チームはサラゴサだけとなった。
    サラゴサはこれまでリーグ戦10試合を戦い6勝4分け、スペイン1部、2部全42チーム中で最多となる勝ち点22を獲得している。

    20年に入りと2部テネリフェ。ともに10試合6勝2分け2敗で勝ち点20となっている。
    これに続いているのが、レアル・マドリードとバルセロナの2強。9試合6勝1分け2敗、勝ち点19を獲得している。

    サラゴサは今季リーグ戦31試合15勝10分け6敗の勝ち点55で、1部リーグ自動昇格圏内の2位につけている。
    首位カディスとの勝ち点差はわずか1となっているため、7季ぶりの1部復帰が間近に迫っている。

    3/12(木) 20:33配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200312-23120829-nksports-socc


    【関連画像動画あり【スペインサッカー】香川真司所属のサラゴサ順調1部復帰へ20年入り無敗!柴崎岳のデポルティボ崖っぷち】の続きを読む


    長谷部誠 (カテゴリ アイントラハト・フランクフルトの選手)
    、リベロとしての起用が増加。12月20日、フランクフルトとの契約を2018年まで延長したことを発表した。2017年1月27日、第18節のシャルケ戦では今季初アシストを記録。2月5日、第19節のダルムシュタット戦で今季初得点を決めた。3月5日、第25節のフライブルク戦では奥寺康彦が保持していたブンデ
    58キロバイト (6,408 語) - 2020年6月16日 (火) 11:15



    (出典 www.sankei.com)


    長谷部誠 老獪な守備で相手をレッドカードに 鎌田大地 ナイスアシスト、
    ヨーロッパリーグ圏内

    バイエルンがドイツカップ&リーグ優勝なら
    7位まで来季のヨーロッパリーグ出場
    勝ち点
    46 6位 ヴォルフスブルグ(来季ヨーロッパリーグ圏内)
    46 7位 ホッフェンハイム(来季ヨーロッパリーグ圏内?)     
    45 8位 フライブルク
    41 9位 フランクフルト(長谷部誠、鎌田大地) 

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/06/18(Thu) 06:34:36 ID:bXPUgH3f9.net

    ブンデスリーガ第32節が17日に行われ、MF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するフランクフルトはホームでシャルケと対戦した。長谷部は3バックの中央でプレーして6試合連続のフル出場。鎌田は3試合連続の先発フル出場で、2試合連続のアシストを記録した。

     前節に華麗な3人抜きドリブルで決勝ゴールをアシストした鎌田がこの試合でのフランクフルトの攻撃をけん引した。16分にペナルティエリア左フリーでこぼれ球を拾って右足を振り抜いたが、これは枠の左外に外れた。さらに鎌田は18分と22分にも立て続けにエリア前中央からミドルシュートを放ったが、どちらも得点には結びつかず。

     それでも28分、フランクフルトはフィリップ・コスティッチが自陣でボールを奪ってカウンターを発動。鎌田が右サイドに抜け出し、コスティッチからのパスをダイレクトでエリア前中央へ折り返すと、アンドレ・シウヴァが冷静にシュートを沈めて先制に成功した。

     2試合連続アシストを記録した鎌田は40分、コスティッチのCKをエリア前で受けると、1人かわして再びミドルシュートで相手ゴールを脅*。前半だけで惜しいシュート4本と1アシストを記録し、圧倒的な存在感を放った。

     1点ビハインドで折り返したフランクフルトは50分、右サイドのFKでコスティッチが鋭いクロスを送ると、ファーのダビド・アブラームが頭で合わせて追加点を挙げた。だが、シャルケも59分に右サイドからのFKでウェストン・マケニーがヘディングシュートを沈めて1点を返した。

     フランクフルトは75分にピンチを迎え、ミヒャエル・グレゴリッチュにエリア中央フリーで決定的なシュートを打たれたが、ライン上にカバーに入ったアブラームが頭で跳ね返すスーパーセーブで失点を阻止した。

     同点のチャンスを逃したシャルケは77分、ジャン・ボツドガンが2枚目のイエローカードを受けて退場。数的優位に立ったフランクフルトはシャルケの反撃を許さず、2-1の勝利を収めて2連勝を飾った。一方のシャルケは14試合未勝利となった。

     次節は20日に一斉開催され、フランクフルトはアウェイでケルンと、シャルケはホームでヴォルフスブルクと対戦する。

    【スコア】
    フランクフルト 2-1 シャルケ

    【得点者】
    1-0 28分 アンドレ・シウヴァ(フランクフルト)
    2-0 50分 ダビド・アブラーム(フランクフルト)
    2-1 59分 ウェストン・マケニー(シャルケ)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7573cb9b08fa936c06a89157a9cf68ec293b39b8
    6/18(木) 3:23配信



    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20077023
    試合スコア

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/56
    得点ランキング

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/56
    順位表


    【関連画像動画あり【速報】サッカー ブンデス第32節 鎌田が2戦連続アシスト!…長谷部フル出場のフランクフルト、シャルケ破り2連勝】の続きを読む

    このページのトップヘ