まとめだかニュース速報@

毎日、最新のTwwitter、2ch情報などをまとめたブログです。 面白スレや芸能ニュース、動画、画像まとめなどの経験談などをポジティブに毎日お届けします。 このサイトおもしいじゃんと思ったらコメントお願いします。 お気に入りの面白い記事を探して見てください。

    カテゴリ:ニュース > 天気


    カスリーン台風(昭和22年台風第9号・Kathleen) アイオン台風(昭和23年台風第21号・Ione) デラ台風(昭和24年台風第2号・Della) ジュディス台風(昭和24年台風第9号・Judith) キティ台風(昭和24年台風第10号・Kitty) 1950年代 ジェーン台風(昭和25年台風第28号・Jane)
    81キロバイト (9,093 語) - 2020年9月5日 (土) 12:03



    (出典 travel.watch.impress.co.jp)


    台風韓国九州付近
    もう少しで九州抜けるか❓❗💦

    1 ばーど ★ :2020/09/07(月) 08:11:05.76

    ■台風10号 九州や中国地方の一部が暴風域に 厳重警戒を

    大型で強い台風10号は、長崎県の対馬付近の海上を北へ進んでいて、九州や中国地方の一部が暴風域に入っています。四国や本州など台風から離れた地域でも局地的に雨雲が発達していて、引き続き大雨や暴風、高波、高潮に厳重な警戒が必要です。

    九州・中国地方が暴風域に

    気象庁の発表によりますと、大型で強い台風10号は、7日午前8時には、長崎県対馬市の北北西70キロの海上を、1時間に40キロの速さで北へ進んでいるとみられます。

    中心の気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心の東側280キロ以内と西側165キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

    この時間は、九州や中国地方の一部が暴風域に入っています。

    暴風・大雨の実況は

    長崎県対馬市厳原では、午前6時ごろには43.1メートル、福岡空港では、午前5時半ごろに39.1メートルの最大瞬間風速を観測しました。

    台風に近い九州に加えて、本州や四国の広い範囲で大気の状態が不安定になり、雨雲が発達しています。

    午前7時までの1時間には、三重県が津市に設置した雨量計で53ミリの非常に激しい雨を観測したほか、国土交通省が徳島県三好市に設置した雨量計で33ミリの激しい雨を観測しました。

    2020年9月7日 7時53分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200906/k10012603121000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    ■気象庁進路予想
    https://www.jma.go.jp/jp/typh/2010l.html

    (出典 www.jma.go.jp)


    ★1が立った時間 2020/09/05(土) 06:45:50.55
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1599431678/


    【【驚愕】台風 風記録的な暴風・大雨のおそれ 風速60メートル 950hPa 対馬付近を北上❓❗】の続きを読む


    カスリーン台風(昭和22年台風第9号・Kathleen) アイオン台風(昭和23年台風第21号・Ione) デラ台風(昭和24年台風第2号・Della) ジュディス台風(昭和24年台風第9号・Judith) キティ台風(昭和24年台風第10号・Kitty) 1950年代 ジェーン台風(昭和25年台風第28号・Jane)
    81キロバイト (9,093 語) - 2020年9月5日 (土) 12:03



    (出典 storage.tenki.jp)


    大型台風🍃🌀☔
    九州接近中

    1 ばーど ★ :2020/09/06(日) 13:16:30.00

    ■台風10号 記録的な暴風・大雨などのおそれ 最大級の警戒を

    大型で非常に強い台風10号は鹿児島県の奄美地方や種子島・屋久島地方を

    暴風域に巻き込みながら北上しています。鹿児島県屋久島町北部付近では猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表しました。6日夜から7日にかけて九州にかなり接近し、今までに経験したことがない記録的な暴風や高波、高潮、大雨になるおそれがあり、気象庁は最大級の警戒を呼びかけています。

    気象庁の発表によりますと、大型で非常に強い台風10号は正午には、鹿児島県の奄美大島の東90キロの海上を1時間に20キロの速さで北へ進んでいるとみられます。

    中心の気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心の東側330キロ以内と西側165キロ以内では暴風が吹いています。

    この時間、鹿児島県の奄美地方に最も接近しているほか、種子島・屋久島地方も暴風域に入っていて、鹿児島県の喜界島では午前9時30分すぎに38.6メートル、奄美市笠利では午前11時半ごろに37.6メートルの最大瞬間風速を観測しました。

    九州南部を中心に雨も強まり、鹿児島県屋久島町北部付近では午前11時40分までの1時間に120ミリ以上の猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は、災害の危険が迫っているとして「記録的短時間大雨情報」を発表しました。

    以下ソース先で

    2020年9月6日 12時04分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200906/k10012603121000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    (出典 www3.nhk.or.jp)

    -----
    ■台風10号が瞬間風速60m/s以上で接近 九州は明日7日(月)にかけ厳戒態勢

    6日(日)10時の推定位置で、大型で非常に強い台風10号(ハイシェン)は鹿児島県の奄美大島の南東を北上していると見られます。

    奄美大島などが暴風域に入り、喜界島では9時33分に最大瞬間風速38.6m/sを観測。台風の外側の「アウターバンド」と呼ばれる非常に活発な雨雲の帯が通過している宮崎市では9時30分までの1時間に51.5mmの非常に激しい雨が降りました。

    台風の接近に伴い、明日7日(月)にかけて近年にない大規模な災害が発生しうる状況です。暴風が吹き始めてからでは避難ができませんので、接近前に躊躇せず避難するようにしてください。

    ▼台風10号 9月6日(日)10時推定
     存在地域   奄美大島の南東約110km
     大きさ階級  大型
     強さ階級   非常に強い
     移動     北 20 km/h
     中心気圧   925 hPa
     最大風速   50 m/s (中心付近)
     最大瞬間風速 70 m/s

    2020/09/06 11:14 ウェザーニュース
    https://weathernews.jp/s/topics/202009/060065/

    (出典 smtgvs.cdn.weathernews.jp)


    (出典 smtgvs.cdn.weathernews.jp)


    ■米軍進路予想
    https://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

    (出典 www.metoc.navy.mil)


    ■気象庁進路予想
    https://www.jma.go.jp/jp/typh/2010l.html

    (出典 www.jma.go.jp)


    ★1が立った時間 2020/09/05(土) 06:45:50.55
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1599362092/


    【【驚愕】台風10号 記録的な暴風・大雨などのおそれ 風速70メートル❓❗やや勢力を弱め九州接近】の続きを読む


    2020年の台風2020ねんのたいふう、太平洋北西部及び南シナ海で発生した熱帯低気圧)のデータ。データは基本的に日本の気象庁の情報に基づき、気象庁が熱帯低気圧としていない一部のものについては、合同台風警報センター (JTWC) のみに拠る。 2020年は、しばらくの間台風
    97キロバイト (10,203 語) - 2020年9月5日 (土) 14:33



    (出典 storage.tenki.jp)


    巨大な台風🍃☔ 今夜、沖縄、九州に接近中
    第2室戸台風(だい2むろとたいふう)1961年(昭和36年)9月16日に室戸岬に上陸し、大阪湾岸に高潮などによる大きな被害をもたらした台風🌀💦
    1934年の室戸台風と進路がよく似ていたことからこの名称が付けられた。

    1 夜のけいちゃん ★ :2020/09/06(日) 05:41:31.74

    ■台風10号 経験ない暴風・大雨などのおそれ 接近前に対策を

    大型で非常に強い台風10号は、沖縄県の大東島地方を北上していて南大東島では最大瞬間風速が50メートルを超えました。台風は7日にかけて、九州に接近、または上陸するおそれがあります。気象庁は、今までに経験したことが無い記録的な暴風や高波、高潮、大雨になるおそれがあるとして、台風が接近する前に対策を終えるよう強く呼びかけています。

    気象庁の発表によりますと、大型で非常に強い台風10号は午前2時には、南大東島の北西50キロの海上を1時間に15キロの速さで北へ進んでいるとみられます。中心の気圧は920ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルとなっています。

    大東島地方が暴風域に入っていて、南大東島で6日午前0時25分に50.1メートルの最大瞬間風速を観測しました。

    また、雨も強まり、午前1時までの1時間には鹿児島県が西之表市に設置した雨量計で40ミリの激しい雨を観測しました。

    台風は勢力を維持したまま6日、日中、奄美地方へ最も接近したあと、その後も北上を続け6日の夜には、鹿児島県に接近する見込みです。さらに、7日にかけても北上し、九州に接近、または上陸するおそれがあります。

    九州南部では今までに経験したことが無い記録的な暴風や高波、高潮で甚大な被害が出るおそれがあります。気象庁は台風の特別警報を6日午前にも奄美地方を除く鹿児島県に出す可能性が高いとして、最大級の警戒を呼びかけています。

    暴風は大東島地方ではすでに猛烈な風が吹いていて奄美地方、九州南部では7日にかけて吹くと予想され一部の住宅が倒壊するおそれがある猛烈な風が吹くところもある見込みです。

    海上は、沖縄・奄美、西日本で7日にかけて猛烈なしけとなり、東日本の太平洋側でも7日にかけて大しけとなる見込みです。

    台風が接近する地域では記録的な暴風や高波となるおそれがあります。

    2020年9月6日 2時00分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200906/k10012603001000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

    ■米軍進路予想
    https://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

    (出典 www.metoc.navy.mil)


    ■気象庁進路予想
    https://www.jma.go.jp/jp/typh/2010l.html

    (出典 www.jma.go.jp)


    ★1が立った時間 2020/09/05(土) 06:45:50.55

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1599335039/


    【【速報】台風10号 これまで経験したことがない暴風、大雨の恐れ 風速80メートル 「第2室戸台風」に匹敵か 過去最強クラス 沖縄九州接近中❓❗】の続きを読む


    カスリーン台風(昭和22年台風第9号・Kathleen) アイオン台風(昭和23年台風第21号・Ione) デラ台風(昭和24年台風第2号・Della) ジュディス台風(昭和24年台風第9号・Judith) キティ台風(昭和24年台風第10号・Kitty) 1950年代 ジェーン台風(昭和25年台風第28号・Jane)
    81キロバイト (9,093 語) - 2020年9月5日 (土) 05:03



    (出典 www.tokai-tv.com)


    かなり強大な台風🍃🌀☔
    九州が心配
    1 記憶たどり。 ★ :2020/09/05(土) 19:13:08.52

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200905/k10012601941000.html

    気象庁予報課の杉本悟史主任予報官は「最新の台風の進路予想では、九州から離れて進む可能性が低くなってきた。
    逆に言えば、重大な災害が起きる確度が高くなってきている」と説明し危機感を示しました。

    また、今後は高潮にも警戒が必要だとしたうえで「高潮は潮位が高い状態が続き、一度、海水が防潮堤を超えると
    津波と同じとまでは言わないがそれに近いぐらいどっと水が押し寄せるイメージだ。
    今回の台風は、奄美市で過去最高を記録した潮位のときの台風よりも強い勢力で接近している」と説明しました。

    さらに「高潮が発生する前には暴風となることが予想されている。暴風の中では逃げること自体が危険となる。
    暴風警報が出たら、逃げられる最後のチャンスだと意識し、自治体が出す避難に関する情報にも注意してほしい」
    と呼びかけていました。

    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1599298129/
    1が建った時刻:2020/09/05(土) 16:39:35.17


    【【驚愕】台風10号 気象庁会見「九州から離れて進む可能性が低くなってきた。重大な災害が起きる❓❓」】の続きを読む


    カスリーン台風(昭和22年台風第9号・Kathleen) アイオン台風(昭和23年台風第21号・Ione) デラ台風(昭和24年台風第2号・Della) ジュディス台風(昭和24年台風第9号・Judith) キティ台風(昭和24年台風第10号・Kitty) 1950年代 ジェーン台風(昭和25年台風第28号・Jane)
    81キロバイト (9,093 語) - 2020年9月1日 (火) 12:00



    (出典 dime.jp)

    かなり強い台風
    九州地方がまた水害の危険あり💦🍃🌀☔

    1 記憶たどり。 ★ :2020/09/04(金) 17:13:23.60

    https://weathernews.jp/s/topics/202009/040075/


    (出典 smtgvs.cdn.weathernews.jp)


    9月4日(金)9時現在、台風10号(ハイシェン)は日本の南の海上を発達しながら西北西に進んでいます。

    中心気圧が925hPa、中心付近の最大瞬間風速は70m/sと急速に勢力を強めている状況です。
    衛星画像では台風の目がはっきりと現れ、中心付近に非常に発達した雲が密集しており、顕著な発達の様相を示しています。

    九州接近の7日(月)朝で最大瞬間風速65m/s予想


    (出典 smtgvs.cdn.weathernews.jp)


    今後も台風はさらに発達を続け、6日(日)には最大瞬間風速80m/sの、「猛烈な」勢力で南大東島近海を通過する予想です。
    台風の進路に近い島々では過去にないような荒天となるおそれがあります。

    九州北部の五島列島付近に達する7日(月)9時でも「非常に強い」勢力で、中心付近の最大瞬間風速が65m/sと、あまり衰えない予想です。

    接近時の勢力は過去最強クラスで、特別警報の発表基準に達するほどです。これだけの勢力で近づけば上陸しなくても、
    甚大な被害につながる危険性が高まります。最悪の事態に備え、極力早めに台風への備えを行うようにしてください。

    ▼台風10号 9月4日(金)9時
     存在地域   日本の南
     大きさ階級  //
     強さ階級   非常に強い
     移動     西北西 15 km/h
     中心気圧   925 hPa
     最大風速   50 m/s (中心付近)
     最大瞬間風速 70 m/s

    九州など記録的な暴風で停電リスク高い


    (出典 smtgvs.cdn.weathernews.jp)

    台風10号による停電リスク予測

    台風10号は予報円の中心を通った場合、九州の大部分が台風の暴風域に入る見込みです。
    接近時も中心付近の最大瞬間風速は60~70m/sを予想しています。
    一般に台風は進行方向の右側(10号の進路では東側)で風が強まる傾向があり、
    上陸しない場合でも九州では台風の進路に近い東シナ海側を中心に、記録的な暴風となるおそれがあります。

    昨年、千葉県で大規模停電を引き起こした台風15号の際は瞬間風速で50~60m/sの風が吹きました。
    今回の九州では同様、もしくはそれ以上の暴風が吹き荒れ、大規模な停電や建物の倒壊などの危険性があります。

    ウェザーニュースによる「停電リスク予測」では、九州全域や中四国の西部で停電の可能性があり、特に沿岸部でリスク高くなっていることがわかります。
    (過去の台風の際にウェザーニュースのアプリユーザーから得られた停電報告と、気象観測機の風速データの相関関係を分析した結果を元に計算したものです。)

    進路によっては顕著な高潮のおそれも


    (出典 smtgvs.cdn.weathernews.jp)

    高潮のメカニズム

    接近時の中心気圧が非常に低いことで、高潮も危険です。気圧の低下による吸い上げ効果と、暴風による吹き寄せ効果が重なった場合は、
    記録的な高さの潮位になってもおかしくありません。

    顕著な高潮は、高波と違い海の水が大量に陸地に押し寄せ、津波のような影響が出ます。九州では1999年の台風18号により
    熊本県で多くの方が亡くなる高潮被害を経験しています。

    台風の中心が近くを通るほど、高潮の影響が大きくなりますので、必ず最新の予想進路を確認してください。

    甚大な被害発生のおそれ 今のうちにできる備えを必ず

    台風が近づくと外に出るのが困難になることが考えられます。必要なものの買い出しや家の外での補強などの対策は、
    特に風が強まる前までに行い、避難を行う場合も出来るだけ早めに判断する必要があります。

    沖縄や奄美では出来れば今日4日(金)まで、九州でも明日5日(土)までには備えを済ませるようにしてください。

    台風の名前

    台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

    台風10号の名前「ハイシェン(Haishen / 海神)」は中国が提案した名称で、文字通り海の神という意味です。

    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1599204185/
    1が建った時刻:2020/09/04(金) 11:24:39.85


    【【台風速報】台風10号「ハイシェン」は猛発達し中心気圧925hPa 九州接近時の最大瞬間風速は60~70m/s予想❓❗】の続きを読む

    このページのトップヘ