まとめだかニュース速報@

毎日、最新のTwwitter、2ch情報などをまとめたブログです。 面白スレや芸能ニュース、動画、画像まとめなどの経験談などをポジティブに毎日お届けします。 このサイトおもしいじゃんと思ったらコメントお願いします。 お気に入りの面白い記事を探して見てください。

    カテゴリ:ニュース(News) > 長野


    シャインマスカット (Shine Muscat) は、ブドウの品種のひとつである。日本で、安芸津21号(スチューベン×マスカットオブアレキサンドリア)と白南(カッタクルガン×甲斐路)を掛け合わせて育種され、2006年に品種登録された。登録番号はぶどう農林21号。
    8キロバイト (1,114 語) - 2020年8月16日 (日) 11:29



    (出典 www.seniorcom.jp)


    シャインマスカットほしさに噛みつく💦❗❗🍇
    ベトナムでは普通なのか❓❓

    1 記憶たどり。 ★ :2020/09/09(水) 16:45:19.48

    https://www.fnn.jp/articles/-/82864

    6日夜、長野県中野市のブドウ畑でシャインマスカットを盗んでいるところを管理人に見つかり、
    逃走する際にけがを負わせたなどとしてベトナム国籍の女2人が逮捕されました。

    強盗致傷の疑いで逮捕されたのは、中野市新野に住むベトナム国籍の農作業員・チャン・ティー・リエウ容疑者(32)。
    窃盗の疑いで逮捕されたのは、同じくベトナム国籍の農作業員・ズォン・ティ・キム・ヒエウ容疑者(20)です。

    警察によりますと、2人は6日午後10時ごろ、共謀して中野市小田中のぶどう畑からシャインマスカットを盗んでいるところを
    畑の管理人に見つかり、チャン容疑者は逮捕を免れるため逃走し、その際に管理人の右腕をかむなどの暴行を加え、
    けがを負わせた疑いです。

    チャン容疑者は管理人につかまり、警察に引き渡され、日に強盗致傷の疑いで逮捕されました。
    ズォン容疑者は現場から逃走したものの、その後の捜査で8日夜に窃盗の疑いで逮捕されました。

    警察によりますと、被害のあった畑では数日前にもシャインマスカットが盗まれる被害があり、
    管理人は張り込みをしていたということです。

    警察の調べに対し、チャン容疑者は容疑をおおむね認めていて、ズォン容疑者は認めているということです。

    シャインマスカット

    (出典 fnn.ismcdn.jp)


    【【驚嘆】シャインマスカット盗み逃走。管理人に見つかり腕に噛みつく。ベトナム国籍の女2人を逮捕❓❗長野県】の続きを読む


    長野県(ながのけん、英: Nagano Prefecture)は、日本の中部地方に位置する広域地方公共団体(都道府県)のひとつ。県庁所在地および最大の都市は長野市。 令制国名の信濃国にちなみ「信州」とも呼ばれている。海に面していないいわゆる内陸県であり、大規模な山岳地があるため可住地面積率は小さい。キャッチフレーズはしあわせ信州。
    118キロバイト (12,208 語) - 2020年7月9日 (木) 08:36



    (出典 static.chunichi.co.jp)


    長野銀行のセキュリティ突破しようとしたのかな❗

    1 記憶たどり。 ★ :2020/07/24(金) 10:37:33.11

    https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20200724/KT200723FTI090014000.php

    職員1人の新型コロナウイルス感染が20日に確認された長野銀行小諸支店(小諸市)で23日午前1時10分ごろ、
    警備会社の装置が異常を感知し、正面入り口横の窓ガラス1枚が割れているのが見つかった。
    店内にはコンクリート片があった。小諸署は器物損壊事件として、職員の感染との関連も視野に捜査している。

    割れたのは幅約1・4メートル、高さ約2・3メートルの強化ガラスで、大人の腹から胸の高さに約30センチ四方の穴が開いた。
    関係者によると、見つかったコンクリ片は先端が鋭利で、窓の付近に転がっていた。長野銀行によると、異常を感知した
    23日午前1時すぎは無人で、金品に被害はなかった。

    同行は20日、小諸支店に勤務する20代男性職員が新型コロナに感染したと発表。21日は臨時休業にして店内を消毒し、
    消毒作業完了を受けて22日に営業を再開していた。


    【関連画像あり【銀行】職員1人の新型コロナ感染を発表した長野銀行小諸支店のガラス窓が割られる】の続きを読む

    このページのトップヘ