まとめだかニュース速報@

毎日、最新のTwwitter、2ch情報などをまとめたブログです。 面白スレや芸能ニュース、動画、画像まとめなどの経験談などをポジティブに毎日お届けします。 このサイトおもしいじゃんと思ったらコメントお願いします。 お気に入りの面白い記事を探して見てください。

    カテゴリ:サッカー > 奥川雅也


    奥川 雅也 (おくがわ まさや、1996年4月14日 - ) は、滋賀県甲賀市出身のサッカー選手。オーストリア・ブンデスリーガ・レッドブル・ザルツブルク所属。ポジションはFW、MF。 京都サンガF.C.のアカデミーの出身。2014年4月に2種登録選手としてトップチームに登録され、同年9月に2015
    12キロバイト (952 語) - 2020年8月9日 (日) 15:14



    (出典 abroadch.com)


    サッカー
    UEFA-CL第3節 ザルツブルク、奥川雅也の同点ゴールも実らず…王者バイエルンが終盤突き放し6発大勝❓❗

    1 久太郎 ★ :2020/11/04(水) 07:06:52.17 ID:CAP_USER9.net

    現地時間3日、UEFAチャンピオンズリーグは第3節が行われ、グループAでは王者バイエルンが敵地レッドブル・アリーナで奥川雅也の所属するザルツブルクと対戦した。

    2試合を終えてまだ勝利のないザルツブルクに対し、バイエルンはCL記録となる13連勝中。負傷によりゴレツカとアルフォンソ・デイヴィス、コロナ陽性反応でジューレを欠くが、サネやドウグラス・コスタをベンチに置ける陣容でオーストリアに乗り込んだ。

    しかし、先手を取ったのはホームのザルツブルク。立ち上がりからレッドブル系列のチームらしく怯まずに前から仕掛けていくと、4分のコイタのシュートはボアテングがブロックするも、このこぼれ球をエリア内左で拾ったベリシャが豪快にネットを揺らし、ホームのザルツブルクが先制する。

    早々に先制を許したバイエルンだが、そこはCLで13連勝中の王者。慌てることなく反撃し、12分にはリュカ・エルナンデスがエリア内で倒され、主審はPKスポットを指す。しかし、VARの結果、PKの判定が取り消しに。

    16分にはスルーパスに抜け出したニャブリがゴール左へと決めるが、これもオフサイドによりノーゴール。チャンスは作るも、決めきれない時間帯が続く。

    それでも攻勢を続けると、迎えた21分、エリア内左でボールを受けたミュラーが、DFに囲まれながらも反転したところで足をかけられ、再びPKの判定に。今度はVARでは覆らず、このPKをレヴァンドフスキが冷静に沈めてバイエルンが同点に追いつく。

    追いついたバイエルンがその後もボールを支配してザルツブルクゴールへと迫るが、ザルツブルクもゴール前を固め、レヴァンドフスキの左足シュートは枠の外。逆にカウンターからバイエルンゴールを脅*が、守護神ノイアーの好守もあり追加点を許さず。

    このまま試合を折り返すかと思われた前半終了間際、エリア内右に流れてボールを受けたミュラーがゴール前にシュート性のクロスを入れると、クリステンセンに当たってゴールに決まり、バイエルンが逆転してハーフタイムを迎えた。

    バイエルンが1点をリードして迎えた後半、開始早々にチャンスを作ったのはザルツブルク。左サイドからのアーリークロスをファーサイドで受けたムウェプがフリーでシュートを放つが、ここはGKノイアーがかろうじて触り、ゴール左へとわずかに外れる。

    さらなる追加点を狙うバイエルンも57分、ニャブリが強烈なミドルシュートを放つもGKスタンコ*が横っ飛びではじき出す。59分には、カウンターからキミッヒが狙い済ましたシュートを放つも、ゴール右へとわずかに外れる。

    62分にも、カウンターからトリッソのラストパスを受けたニャブリが右足を振り抜き渾身のシュートを放つも、GKスタンコ*がしっかりと反応してCKへと逃れる。64分にはニャブリのカットインからエリア内左でボールを受けたコマンが左足を振り抜くも、強烈なシュートはゴール上へと外れる。

    ピンチの続いたザルツブルクは65分、ユヌゾヴィッチとコイタを下げて奥川とオカフォーを投入。するとこの交代策が的中する。直後の66分、レヴァンドフスキからボールを奪ったラマーリョのスルーパスに呼応したのは、入ったばかりの奥川。落ち着いたトラップで抜け出すと、そのまま右足でゴール左隅へと沈め、ザルツブルクが再び同点に追いつく。

    追いつかれたバイエルンは、その後も攻守の切り替えの速さと運動量でザルツブルクの勢いに押され、ピンチが続く。75分にはコマン、トリッソ、パヴァールを下げてサネ、ハビ・マルティネス、サールを投入し流れを変えようと試みる。

    すると迎えた80分、キミッヒの左CKをゴール前で合わせたのはボアテング。頭一つ競り勝ったヘディングがゴール右へと吸い込まれ、バイエルンが3-2と勝ち越しに成功する。さらに83分には、高い位置でボールを奪ったキミッヒのパスをエリア内右で受けたサネが、切り返しから左足のコントロールシュートをゴール左上に沈め、バイエルンが4-2と突き放した。

    バイエルンの勢いは止まらず、88分にはハビ・マルティネスの右クロスをファーサイドのレヴァンドフスキが頭で合わせ、5-2とリードを広げる。終了間際にはエリア内でこぼれ球を拾ったリュカ・エルナンデスが豪快にネットを揺らし、終わってみれば6-2のスコアでバイエルンが大勝。CL連勝記録を「14」に伸ばした。

    ■試合結果
    ザルツブルク 2-6 バイエルン

    ■得点者
    ザルツブルク:ベリシャ(4分)、奥川(66分)
    バイエルン:レヴァンドフスキ(21分PK、88分)、OG(44分)、ボアテング(79分)、サネ(83分)、L・エルナンデス(90+2分)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1a494883d3e3d5a36677d950d8c0ecb75a24dc1b


    【欧州CL 王者バイエルンから奥川がゴール❗南野に続きビッククラブ移籍のチャンス】の続きを読む


    奥川 雅也 (おくがわ まさや、1996年4月14日 - ) は、滋賀県甲賀市出身のサッカー選手。オーストリア・ブンデスリーガ・レッドブル・ザルツブルク所属。ポジションはFW、MF。 京都サンガF.C.のアカデミーの出身。2014年4月に2種登録選手としてトップチームに登録され、同年9月に2015
    11キロバイト (937 語) - 2019年10月16日 (水) 17:12



    (出典 i.ytimg.com)


    レッドブル・ザルツブルクとヴォルフスベルガーACともに2点ずつを奪い合い、
    2ー2の引き分け 後半19分までプレーしたレッドブル・ザルツブルクのMF奥川雅也は、
    先制ゴール 来季は南野拓実に続いてビッククラブ移籍か?

    勝ち点
    54  1位 LASK
    48  2位 ザルツブルク(奥川雅也)

    1 Egg ★ :2020/06/22(月) 08:14:36.34 ID:Os+rdbaV9.net

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ザルツブルクFW奥川雅也がヴォルフスベルガー戦でゴールをマークした。

    21日に行われたオーストリア・ブンデスリーガ第28節で、ザルツブルクはホームでヴォルフスベルガーと対戦。リーグ戦再開後の3試合を負傷により欠場した奥川だが、前節に引き続き2試合連続で先発出場を果たす。

    ザルツブルクが優勢に試合を進める中、19分に奥川はファン・ヒチャンのスルーパスに反応し、DFライン裏へ抜け出すと、冷静にゴールに流し込みチームに先制点をもたらした。なお、これは日本人MFにとってリーグ戦9ゴール目、公式戦11ゴール目となっている。

    後半に入ると、ザルツブルクは奥川が退いた直後の64分にエノック・ムウェプのゴールでリードを2点に広げる。しかし、80分にウルマーのオウンゴールで1点を許すと、84分にも失点し、試合は2-2のドローで終わった。

    前節の敵地でのヴォルフスベルガー戦に続き2試合連続のドローとなったザルツブルクだが、2位に4ポイント差をつけて首位をキープしている。

    6/22(月) 7:20 GOAL
    https://news.yahoo.co.jp/articles/83d06a5933cf91068436c5ac789a204adc35ee33


    【関連画像動画あり【速報】ザルツブルク奥川雅也 今季リーグ戦9ゴール目!チームは終盤に失点重ねドロー】の続きを読む

    このページのトップヘ