まとめだかニュース速報@

毎日、最新のTwwitter、2ch情報などをまとめたブログです。 面白スレや芸能ニュース、動画、画像まとめなどの経験談などをポジティブに毎日お届けします。 このサイトおもしいじゃんと思ったらコメントお願いします。 お気に入りの面白い記事を探して見てください。

    カテゴリ:サッカー > 南野拓実


    南野 拓実(みなみの たくみ、1995年1月16日 - )は、大阪府泉佐野市出身のサッカー選手。ポジションはFW、MF。プレミアリーグ・サウサンプトンFC所属。日本代表。 小学生時代はゼッセル熊取FCに所属。当時のチームメイトに室屋成がいた。2007年、複数のJアカデミーからのオファーの末、中学入学と同時にセレッソ大阪U-15へ入団。
    42キロバイト (4,539 語) - 2021年2月25日 (木) 07:43



    (出典 image.news.livedoor.com)


    プレミア第27節 南野拓実が先発復帰のサウサンプトンがリーグ10戦ぶりの勝利! シェフィールドに2-0快勝 

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/03/07(日) 02:46:25.50

    【シェフィールド・ユナイテッド 0-2 サウサンプトン プレミアリーグ第27節】

     プレミアリーグ第27節、シェフィールド・ユナイテッド対サウサンプトンの試合が現地時間6日に行われた。サウサンプトンが2-0の勝利をおさめている。

    【画像】サウサンプトン、基本スタメン&フォーメーション

     サウサンプトンに所属する南野拓実は先発出場を果たした。32分、ペナルティエリア内でサウサンプトンのネイサン・テラがシェフィールドのイーサン・アンパドゥに倒されてPKを獲得。このPKをジェームズ・ウォード・プラウズが決めてサウサンプトンに先制点が入った。


     さらに49分、こぼれ球に反応したチェ・アダムスが豪快なシュートを決めてサウサンプトンに追加点。リードを守り切ったサウサンプトンが2-0の勝利をおさめ、リーグ10試合ぶりに白星を飾っている。

    【得点者】
    32分 0-1 ジェームズ・ウォード・プラウズ(サウサンプトン)
    49分 0-2 アダムス(サウサンプトン)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1fd8c56ced09c780efd948830f4bfd82f69a8bd2
    3/7(日) 1:55配信



    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20113955
    試合スコア

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/52
    順位表

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/52
    得点ランキング


    【【動画】南野拓実が先発復帰のサウサンプトンがリーグ10戦ぶりの勝利! シェフィールドに2-0快勝 ※決定機逃すも前線活性化❓】の続きを読む


    南野 拓実(みなみの たくみ、1995年1月16日 - )は、大阪府泉佐野市出身のサッカー選手。ポジションはFW、MF。プレミアリーグ・サウサンプトンFC所属。日本代表。 小学生時代はゼッセル熊取FCに所属。当時のチームメイトに室屋成がいた。2007年、複数のJアカデミーからのオファーの末、中学入学と同時にセレッソ大阪U-15へ入団。
    42キロバイト (4,539 語) - 2021年2月20日 (土) 19:01



    (出典 i.ytimg.com)


    南野拓実がチェルシー相手に技ありアウトキックでゴール❓❗

    1 live ★ :2021/02/20(土) 23:08:18.82

    サウサンプトンの日本代表FW南野拓実がまたやってみせた。

    サウサンプトンは20日、プレミアリーグ第25節でホームにチェルシーを迎えた。

    この試合で3試合連続でスタメン出場となった南野。ホームでの2試合目となった試合だが、強豪相手に結果を残す。

    互いにスコアを動かせないまま迎えた33分、ネイサン・レドモンドからのスルーパスをセンターバックの間で受けた南野は、そのまま独走する。

    ボックス内に侵入した南野は、GKエドゥアール・メンディと一対一に。すぐにシュートを打たずにフェイントをかけると、追いかけて来たセサル・アスピリクエタを滑らせることに成功。さらに、クル・ズマも追いかけるのを諦めていたため、空いたコースに冷静に流し込んだ。

    南野はこれで移籍後2点目。一方のチェルシーはトーマス・トゥヘル監督就任後2失点目。1失点目はオウンゴールだったため初めて失点を喫したこととなった。

    南野のホーム初ゴールで先制したサウサンプトンは前半を終えて1-0でリードしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210220-00391991-usoccer-socc


    【南野拓実 チェルシー相手に技ありアウトサイドキックでゴール❓❗?!】の続きを読む


    南野 拓実(みなみの たくみ、1995年1月16日 - )は、大阪府泉佐野市出身のサッカー選手。プレミアリーグ・サウサンプトンFC所属。日本代表。ポジションはMF。 小学生時代はゼッセル熊取FCに所属。当時のチームメイトに室屋成がいた。2007年、複数のJアカデミーからのオファーの末、中学入学と同時にセレッソ大阪U-15へ入団。
    41キロバイト (4,491 語) - 2021年2月7日 (日) 00:42



    (出典 i.ytimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/02/14(日) 23:37:22.07 ID:CAP_USER9.net

    【サウサンプトン 1-2 ウルヴァーハンプトン プレミアリーグ第24節】

     イングランド・プレミアリーグ第24節、サウサンプトン対ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ(ウル*)が現地時間14日に行われた。ホームのサウサンプトンが1-2の敗戦を喫した。

     サウサンプトンに所属する日本代表MF南野拓実はリーグ戦では2試合連続の先発出場。62分までの出場となった。

     11分、レドモンドのパスをペナルティエリア内で受けた南野は左足でシュート。しかし、これはウル*GKルイ・パトリシオに阻まれた。ゴールとはならなかったが、南野は味方との良い連携でゴールを狙いに行く。

     先制したのはサウサンプトン。25分、左サイドを抜け出したスチュアート・アームストロングが中央にクロスを供給。中央でイングスがドンピシャのタイミングでダイレクトボレー。このボールがゴールに突き刺さった。

     先制したサウサンプトンだったが、51分にバートランドのハンドでウル*にPK献上。このPKをネヴェスが決め、サウサンプトンは同点に追いつかれる。続く66分、ペナルティエリア右の角度のない位置からネトが左足でゴールを決め、ウル*が逆転に成功した。

     試合はこのまま終了。逆転負けを喫したサウサンプトンはリーグ戦6連敗となった。

    【得点者】
    25分 1-0 イングス(サウサンプトン)
    53分 1-1 ネヴェス(ウル*)
    66分 1-2 ネト(ウル*)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5eb768b86ba81b719f95124885296f2593641eeb
    2/14(日) 22:55配信

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20113926
    試合スコア

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/52
    順位表

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/52
    得点ランキング


    【【南野拓実】2試合連続スタメンで決定機も、サウサンプトンVSウルブス?!】の続きを読む


    南野 拓実(みなみの たくみ、1995年1月16日 - )は、大阪府泉佐野市出身のサッカー選手。プレミアリーグ・サウサンプトンFC所属。日本代表。ポジションはMF。 小学生時代はゼッセル熊取FCに所属。当時のチームメイトに室屋成がいた。2007年、複数のJアカデミーからのオファーの末、中学入学と同時にセレッソ大阪U-15へ入団。
    41キロバイト (4,491 語) - 2021年2月7日 (日) 00:42



    (出典 www.soccerdigestweb.com)


    南野拓実
    サウサンプトン初陣で初ゴール! 
    絶妙トラップから左足一閃、相手GK動けず ❓❗

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/02/07(日) 00:53:03.23 ID:CAP_USER9.net

    0-2の劣勢から反撃の一撃を奪う

     サウサンプトンの日本代表MF南野拓実は現地時間6日、プレミアリーグ第23節ニューカッスル戦に移籍後初先発を果たし、0-2で迎えた前半30分にいきなり初ゴールを決めた。



     南野は今冬の移籍市場最終日となった1日に、土壇場でサウサンプトンへの期限付き移籍が決定。チームは前節、マンチェスター・ユナイテッドに0-9と歴史的大敗を喫しリーグ戦4連敗。4試合1ゴールと深刻な得点力不足に陥っており、テコ入れが必要な状況下でラルフ・ハーゼンヒュットル監督は敵地ニューカッスル戦で南野のスタメン起用に踏み切った。

     新天地デビューとなる南野は、左サイドハーフで先発。チームが前半16分、26分と失点するなか、同30分に大仕事をやってのける。左サイドのDFライアン・バートランドからのグラウンダーのアーリークロスをニアサイドで絶妙なタッチで受けて相手DF間を突破すると、トラップしたボールがやや前方に流れたものの踏ん張り、左足を一閃。強烈な一撃がニアサイドを破り、相手GKも反応しきれなかった。

     サウサンプトンのデビュー戦でいきなり結果を残した南野。新加入の日本人アタッカーが反撃の狼煙を上げる一撃を奪っている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b5852ee5c79d9f266a63d17bcb37f7877c13f1de
    2/7(日) 0:46配信

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20113915
    試合スコア


    【南野拓実 サウサンプトンで初スタメン&ゴール!絶妙トラップから左足で力強く振り抜く?!】の続きを読む


    サウサンプトン・フットボール・クラブ(英語: Southampton Football Club)は、イングランド南部・ハンプシャー州サウサンプトンをホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。クラブカラーは赤と白。愛称はセインツ(The Saints)。
    46キロバイト (3,454 語) - 2021年2月3日 (水) 08:02



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    クロップ
    リバプールは同じポジションを争う良い選手たちがいる。
    南野に十分なプレー機会を与えられなかった❓💦
    プレーをし続け、リズムを掴んで。自信をつけてほしい
    また、サウサンプトンならレンタルしてもいいと思った。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/02/03(水) 17:27:19.79 ID:CAP_USER9.net

    日本時間2月2日早朝、突如、ビッグニュースが飛び込んできた。リバプールに所属する日本代表FW南野拓実がサウサンプトンに期限付きで移籍するというニュースだ。その報道が出た数時間後には、リバプールおよびサウサンプトンの両クラブからアナウンスがでることになる。何故、南野拓実は所属クラブを一時的に移すことになったのか。(文・内藤秀明)

    ●驚きの一報とその背景

     筆者はこの日の早朝、偶然まだ寝ていなかった。締切間近の原稿があるため執筆を進めつつ、少し集中が切れたらTwitterで移籍最終日の動向をチェックしていたのだ。すると驚きの投稿を目にすることになる。移籍情報の信憑性に定評のある現地記者デイヴィッド・オーンスタイン氏らを始め、複数の現地記者たちが突如、南野のサウサンプトンへのローン移籍の可能性を報じ始めたのだ。

     驚いた理由が2つある。まず移籍最終日までそんな噂がほとんどなく、唐突感が強かったからだ。そして何より、筆者自身がおよそ2ヶ月前に、南野拓実の状況を鑑みた上で、サウサンプトンへの期限付き移籍を勧める記事を書いていたからだ。

     基本的に筆者は選手や監督へ提言するコラムというより、あくまで現場の裏側で何が起こっているのかの解説や推測記事を多く書くことが多いタイプだ。正直、いちライターがトップレベルの選手に提言するのは少し恐れ多い気がするという小心者の性格ゆえにそうしてきた。しかし非常に珍しく提言記事を書いたら、その内容がそのまま現実になったのだから驚きを隠せない。正直、びっくりだ。

    ●南野拓実のリバプールにおける状況

     南野拓実に関する状況は前回のコラムで詳しく書いたので、今回は概要のみの説明とする。そもそも2020年1月にリバプールに加入した日本代表FWは、リバプールの3トップにおける4番手、つまりスタメンを休ませる時にはレギュラーで、そうでない時はスーパーサブとしての役割を全うすることが求められていた。

     しかし現実は厳しく、昨年9月に月にディオゴ・ジョッタの加入が決まると、立場は5番手に低下。その後もともと昨夏で退団濃厚と言われていたが一転して残留を決めたジェルダン・シャキリが復調すると南野は6番手にまで低下した。

     この時点で前回の記事は執筆されており、出場機会が限定的すぎるため、まずはプレミアリーグになれる意味でもサウサンプトンにローンで移籍してはどうかと提言させていただいた。

     ただし状況はこの後、さらに悪化していたのだ。

     12月にはクリスタル・パレスを相手にプレミアリーグ初ゴールを決めると、序列にポジティブな変化が訪れると思いきや、むしろそれまで7番手だったディヴォック・オリギの起用頻度が増え始める。結果、リーグ戦における1月の南野のプレータイムがわずか6分のみだったにもかかわらず、オリギはスタメンの試合こそ少ないものの145分のプレー時間を得るなど、二人の序列が入れ替わることになる。

     気がつけば南野は7番手に近い位置にいたのだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3efb897525fa83b7e0a9e3278df68be777e9154c
    2/3(水) 11:32配信


     


    【【動画】南野拓実はサウサンプトンでFW何番手?クロップが南野拓実の移籍に“本音”を吐露⁈2chコメント】の続きを読む

    このページのトップヘ