まとめだかニュース速報@

毎日、最新のTwwitter、2ch情報などをまとめたブログです。 面白スレや芸能ニュース、動画、画像まとめなどの経験談などをポジティブに毎日お届けします。 このサイトおもしいじゃんと思ったらコメントお願いします。 お気に入りの面白い記事を探して見てください。

    カテゴリ:ライフ(Lifestyle) > 男子の本音


    故郷 (実家からのリダイレクト)
    故郷(こきょう、ふるさと) 小説 故郷 (小説) - 魯迅の小説 (1921)。 故郷 (パヴェーゼ) - チェーザレ・パヴェーゼの小説 (1941)。 川端康成の掌編。掌の小説の一篇。 伊藤整の小説。 楽曲 故郷 (唱歌) - 文部省唱歌。 故郷 (吉幾三の曲) - 吉幾三の歌 (1984)。「俺ら東京さ行ぐだ」のカップリング曲。
    2キロバイト (176 語) - 2019年3月13日 (水) 05:36



    (出典 suits-woman.jp)


    結婚願望はないものの
    なぜ自分が結婚できていないのかわからない

    1 みなみ ★ :2020/08/09(日) 17:13:24.26

    8/9(日) 14:00配信
    https://article.yahoo.co.jp/detail/63ab75701a27ca002c3b365ae1cf6562fd2be613

    令和になった今も、依然として「結婚=良いこと」という意識は根強い。そのため、未婚でいることに劣等感を覚える人も少なくない。ガールズちゃんねるに8月3日、「自分が結婚出来ない理由がよくわからない。」というトピックが立った。

    現在42歳で実家住まいのトピ主は、結婚願望はそれほど強くないが、ふとした瞬間に「結婚出来ない私は何か凄く劣っているか、変人なのかもしれない」と落ち込むことがあるという。

    トピ主はモテる容姿をしていないというが、これまで5人くらいと交際した経験があり、決して魅力がないわけではないと考えており、「自分がここまで独身できてしまった理由がよくわかりません」となぜ結婚していないのか考えを巡らせている。(文:石川祐介)

    "実家暮らしが長いと未婚になりやすい"?

    「私も少し違うけど似た環境です、よく一人暮らしを勧められます、何故なら行動にうつすからだそうです。『独りは嫌だ!』となるきっかけが実家だとなりにくいらしい、でも私は事情もあり実家でこの先も暮らしていきます」
    「私の周りでは実家暮らしの人ほど結婚してない人が多いかなぁ。ある程度気持ち的に満たされてると、結婚して新しい家族を作る必要性を感じにくいのかも?一人暮らし、仕事も大変、誰かと一緒にいたい!と思えばそういう出会いにも積極的になるのかと」

    以下ソースで
    ★1 2020/08/09(日) 15:45:10.06
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1596955510/-100


    【【社会】実家暮らしの42歳女性、結婚願望はないものの「なぜ自分が結婚できていないのかわからない」❓】の続きを読む


    門出ピーチクパーチク (カテゴリ 出典を必要とする記述ある記事/2016年5月)
    ^ “イマドキ男子の本音、ピーパー・AKI書籍「恋KOIコイ」”. お笑いナタリー. (2013年5月28日). http://natalie.mu/owarai/news/91499 2016年5月26日閲覧。  門出ピーチクパーチク:株式会社ベンヌ - 2013年10月時点アーカイブ AKI
    9キロバイト (1,051 語) - 2019年2月4日 (月) 12:49



    (出典 staticx.antenna.jp)


    電話が正直しんどい
    なかなか思ってても言えない男子の本音があるようだ

    1 峠 ★ :2016/05/16(月) 20:08:12.85 ID:CAP_USER.net

    一般男子のホンネ。それは「恋愛がしんどい」。

    女子は恋愛をがんばるけど、そのがんばり、男子にちゃんと届いてる? 意外と男子は
    しんどいって思うことがあるんです。

    今回のテーマは「男子は彼女との電話が正直しんどい」。一体、何がどうしんどいのか。
    男子のホンネを聞いてみました。

    「最近の出来事とか、内容のない話をだらだらされると、正直時間がもったいないなーって感じる。
    付き合ったばかりの頃はそれも楽しいけれど、しばらくすると早く本題に入ってくれ...ってなるよね」(28歳・マスコミ)

    「電話を日課にされるのが辛い。寝る前とか朝とか、どんだけ時間奪ってくるんだよって思う」(30歳・新聞社勤務)

    「明らかに仕事の時間帯とか、伝えてあるのに飲み会のときに平気で電話かけてこられるのがしんどい...。
    気を遣ってくれよって思う」(25歳・マスコミ)

    ■「たわいもない会話」が楽しいのは最初だけ

    男性にとって、付き合いが長くなればなるほど、彼女との"用事のない電話"はしんどくなります。

    ほとんどの男性は、電話はデートの約束や時間の確認など何か目的をもってするものであり、
    女性のように電話でのおしゃべりは得意ではありません。おしゃべりがしたいなら、電話よりは
    デートのときなど、実際に面と向かって話せるときにしたほうが得策です。

    ■電話を日課にしない

    「毎日夜に電話ね!」とか「朝の3分だけ電話しよ!」など、日課にされることに男性はしんどさや
    面倒くささを感じます。男性の負担を大きくしてはいけません。お付き合いの賞味期限が早まるだけです。

    ■気を遣ってほしい

    仕事や飲み会、友達と会っていると伝えているはずなのに、電話をかけてくる。しかも緊急事態ならまだしも、
    大したことない用事で平然と...。そんな彼女に、男性は不満を感じているはず。相手の都合を考えられない女性、
    と判断される前に行動を振り返りましょう。

    「電話より会ったときに話せばいいじゃん」と思うのが男性のホンネです。男性は自分の時間を奪ってくる女性に、
    危機感を覚えます。電話は日課にせず、目的をもって必要最小限におさえるようにしましょう。

    ソース
    http://news.infoseek.co.jp/article/glitty_54550/


    【関連画像動画あり なかなか思ってても言えない男子の本音 笑】の続きを読む

    このページのトップヘ