まとめだかニュース速報@

毎日、最新のTwwitter、2ch情報などをまとめたブログです。 面白スレや芸能ニュース、動画、画像まとめなどの経験談などをポジティブに毎日お届けします。 このサイトおもしいじゃんと思ったらコメントお願いします。 お気に入りの面白い記事を探して見てください。

    カテゴリ:スポーツ(Sports) > 大迫勇也


    シュポルトフェアアイン・ヴェルダー・ブレーメン(ドイツ語: Sportverein Werder Bremen von 1899 e. V.)は、ドイツ連邦共和国ブレーメンブレーメンに本拠地を置く総合スポーツクラブ。サッカー部門が特に知られており、トップチームは2019年の時点でブンデスリーガに所
    64キロバイト (4,122 語) - 2020年7月6日 (月) 23:01



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)


    大迫勇也所属のブレーメン
    プレーオフでアウェーゴール
    降格危機脱出❗
    1部16位と2部3位いっても力の差は拮抗か❓

    1 久太郎 ★ :2020/07/07(火) 05:43:59.31 ID:vkFu3BZU9.net

    現地時間6日、ドイツ・ブンデスリーガは残留と昇格を懸けたプレーオフ第2戦が行われ、大迫勇也の所属するブレーメンは2部のハイデンハイムと敵地ヴォイト・アレーナと対戦した。

    第1戦ではハイデンハイムの前からのプレッシングに悩まされたブレーメンだが、この日はアウェーながらも立ち上がりから積極的な入り方を見せる。開始わずか1分、左サイドを抜けたアウグスティンソンの折り返しを大迫が頭で押し込もうとするも合わせられず、流れたボールにザルゲントが反応するも押し込めない。

    さらに3分、カウンターから大迫が前を向いてエッゲシュタイン、ラシカ、ザルゲントがゴール前で絡むと、戻ったトイエルカウフのクリアがそのままゴール左へと吸い込まれ、オウンゴールによりブレーメンが先制する。

    思わぬ形でアウェーゴールを奪ったブレーメンは、その後も第1戦での苦戦が嘘のようにしっかりとボールを保持しながら試合をコントロール。8分には、大迫がボールを奪い返し、パスを受けたラシカが右足を振り抜くと、強烈なシュートが枠を捉えるもGKミュラーがかろうじてはじいた。

    球際の激しさは第1戦と変わらないが、この日のブレーメンは出足が鋭く、ハイデンハイムよりもルーズボールへの反応が一歩早い。ハイデンハイムにチャンスらしいチャンスを与えず、試合の入り方に成功したブレーメンが1点をリードして試合を折り返した。

    後半に入ってもブレーメンのペースは変わらず、大迫もよくボールが収まって攻撃の起点に。58分には大迫のポストプレーからラシクが決定機を得るも、渾身のボレーはDFがブロック。さらには大迫とのワンツーからザルゲントが抜け出すも、GKミュラーのファインセーブに防がれてしまう。

    60分を過ぎたあたりから、徐々にハイデンハイムが盛り返し、ブレーメンは第1戦のようになかなかボールキープができなくなってしまう。すると68分、大迫とヴェリコヴィッチを下げてバーテルスとラングカンプを投入する。

    大迫が下がったことでブレーメンはさらにボールの収まりどころを失うこととなったが、より守備的な布陣にシフトして逃げ切りを図る。しかし迎えた85分、モーアの強烈なミドルシュートがクロスバーを直撃し、こぼれ球がゴール前にいたクラインディーンストに当たってそのままゴールへ。ここに来てハイデンハイムが同点に追いつく。

    しかし、トータルスコアは1-1でも、このままではアウェーゴールを奪っているブレーメンの残留が決まる。ハイデンハイムはアディショナルタイムの5分間も含めて必*猛攻を仕掛けるが、ブレーメンも全員守備で守りつつ、攻めは無理をしないで時間を使う。

    すると終了間際、時間を使うと見せかけて突破を図ったバーテルスの折り返しをアウグスティンソンが流し込み、ブレーメンが試合を決定づける追加点をゲット。試合はこれだけでは終わらず、ハイデンハイムがPKを決めて2-2とするも、アウェーゴールの差でブレーメンがブンデスリーガ残留を果たした。

    ■試合結果
    ハイデンハイム 2-2 ブレーメン
    ※2試合合計2-2、アウェーゴール差でブレーメンが残留

    ■得点者
    ハイデンハイム:クラインディーンスト(85分、90+7分PK)
    ブレーメン:OG(3分)、アウグスティンソン(90+3分)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5d867efae636837a89f6bf5739a90d0d810cb5f1


    【関連画像あり【サッカー】大迫勇也先発のブレーメンが残留決定!アウェーゴール差でハイデンハイムに競り勝つ】の続きを読む


    大迫 勇也(おおさこ ゆうや、1990年5月18日 - )は、鹿児島県加世田市(現:南さつま市)出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・ヴェルダー・ブレーメン所属。ポジションは日本代表ではフォワード、海外移籍以降のクラブでは主にミッドフィールダーを務める。 2014年、2018年W杯メン
    50キロバイト (5,622 語) - 2020年5月27日 (水) 22:51



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    大迫が2点目!ケルンを5点差に突き放す…
    このままいけば自動降格圏脱出

    1 久太郎 ★ :2020/06/24(水) 16:23:01.86

    日本代表FW大迫勇也は、今夏移籍する可能性が高いのかもしれない。ブレーメン地元メディア『ダイヒシュトゥーベ』が伝えた。

    ブンデスリーガ第33節を終えた時点で勝ち点28(得失点差-32)、17位と降格圏に沈むブレーメン。自力での残留の可能性は消滅。最終節では勝利が絶対条件であり、その上で16位デュッセルドルフ(勝ち点30、得失点差-28)が敗れることが必要となる。

    クラブ史上2度目の降格が迫る中、『ダイヒシュトゥーベ』は「スカッドの未来予想。誰が残り、誰が移籍する?」と題し、現スカッドの去就を予想した。そして、大迫についても言及。市場価値は350万ユーロ(約4億円)であるとし、「2部でプレーするというのは想像できない。適切なオファーが来れば、ブレーメンは手放すだろう」と綴っている。

    なおその他、主力選手であるミロト・ラシツァやデイヴィ・クラーセン、マキシミリアン・エッゲシュタインらも退団する可能性が高いようだ。降格することになれば、ブレーメンは大幅な選手変更がありそうだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/29ab8306d7a6e20714915a8a58c7ea037cc0c00a


    【関連画像動画あり【速報】ブレーメン降格なら大迫勇也は移籍濃厚か大迫が2点目 自動降格圏脱出へ】の続きを読む


    ドイツにおけるサッカー・ブンデスリーガ(ドイツ語: Fußball-Bundesliga フースバル・ブンデスリーガ、サッカー連邦リーグ)は、ドイツのプロサッカーリーグである。1部、2部それぞれ18クラブ、3部20クラブの合計56クラブが所属している。観客動員数では世界第1位のプロサッカーリーグである。 1部と2部はDFL(Deutsche
    41キロバイト (1,936 語) - 2020年6月17日 (水) 08:58



    (出典 img.footballchannel.jp)



    大迫勇也の今季リーグ戦6点目 
    一矢報いたが、自動降格圏脱出できず
    マインツは残留決定&チーム状態上向きか?

    1 久太郎 ★ :2020/06/21(日) 00:32:07.74 ID:D4u73z5y9.net

    【マインツ 3-1 ブレーメン ブンデスリーガ第33節】
     
     ブンデスリーガ第33節、15位マインツと17位ブレーメンの試合が現地時間20日に行われた。アウェイのブレーメンが1-3の敗戦を喫している。

     ブレーメンに所属する大迫勇也は先発出場を果たした。試合開始して4分、大迫のポストプレーからジョシュ・サージェントがシュートを放つがGKフロリアン・ミュラーに止められて先制ならず。8分には大迫のシュートが相手に防がれた後、こぼれ球を拾ったニクラス・モイサンデルが得点を狙うがゴール右に外れてしまう。

     11分には反対にピンチを迎えるが、マインツのジャン・フィリップ・マテタが放ったシュートはゴール上に外れて失点を免れた。18分にはマインツのジャン・ポール・ボエティウスにシュートを打たれたがGKイリ・パブレンカがファインセーブ。しかし25分、フリーキックの場面からマインツのロビン・クアイソンに押し込まれて先にゴールを奪われてしまう。

     さらに30分、細かいパス回しから守備を崩されジャン・ポール・ボエティウスに追加点を決められた。それでも58分、ゴール前で待ち構えていた大迫のもとにボールがこぼれ、すかさずシュートを放ち1点を返す。大迫にとっては今季リーグ戦6点目となった。

     だが、85分にマインツのエディミルソン・フェルナンデスにゴールを決められ再び2点差に。追加点を奪えなかったブレーメンは1-3の敗戦を喫し、勝利したマインツは残留が決定している。

    【得点者】
    25分 1-0 クアイソン(マインツ)
    30分 2-0 ボエティウス(マインツ)
    58分 2-1 大迫(ブレーメン)
    85分 3-1 フェルナンデス(マインツ)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a21cafcea51af6f65de9492625c6dc5907667207


    【関連画像あり【サッカー】大迫勇也が今季リーグ戦6点目 1点返すもブレーメンは1-3敗戦。勝利したマインツは残留決定】の続きを読む


    ドイツにおけるサッカー・ブンデスリーガ(ドイツ語: Fußball-Bundesliga フースバル・ブンデスリーガ、サッカー連邦リーグ)は、ドイツのプロサッカーリーグである。1部、2部それぞれ18クラブ、3部20クラブの合計56クラブが所属している。観客動員数では世界第1位のプロサッカーリーグである。 1部と2部はDFL(Deutsche
    41キロバイト (1,936 語) - 2020年6月16日 (火) 22:00



    (出典 www.football-zone.net)


    試合は、アウェーのバイエルン・ミュンヘンが
    FWレヴァンドフスキのゴールによって、
    ブレーメンに1ー0で勝利しました。
    ブレーメンのFW大迫勇也は、先発フル出場

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/06/17(水) 06:54:38 ID:TU+j2l1Q9.net

    【ブレーメン 0-1 バイエルン ブンデスリーガ第32節】
     
     ブンデスリーガ第32節、17位ブレーメンと首位バイエルン・ミュンヘンの試合が現地時間16日に行われた。アウェイのバイエルンが1-0の勝利をおさめている。

    ブレーメンに所属する大迫勇也は先発出場を果たした。43分、浮き玉のパスに反応したロベルト・レバンドフスキがDF裏に抜き出して突破し、シュートを放って先制点を決める。79分にアルフォンソ・デイビスが2枚目のイエローカードを提示されて退場し1人少ない状況となるが、リードを守り切ったバイエルンが1-0の勝利をおさめた。

     この結果、2位ドルトムントの試合結果に関係なく勝ち点差は7以上になることが決定し、残り試合で逆転される可能性がなくなったため、バイエルンのリーグ優勝が決まっている。2012/13シーズンから2019/20シーズンまで続く前人未到の8連覇達成となった。

    【得点者】
    43分 0-1 レバンドフスキ(バイエルン)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c350f02d3fe7651a39bc77f9ce7c277e85ba9e6b
    6/17(水) 5:52配信



    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/56
    順位表

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/56
    得点ランキング

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20077024
    試合スコア


    【関連画像動画あり【速報】サッカー ドイツ1部リーグで大迫勇也フル出場 ブレーメンに1-0勝利のバイエルンが前人未到の8連覇達成!】の続きを読む


    シュポルトフェアアイン・ヴェルダー・ブレーメン(ドイツ語: Sportverein Werder Bremen von 1899 e. V.)は、ドイツ連邦共和国ブレーメンブレーメンに本拠地を置く総合スポーツクラブ。サッカー部門が特に知られており、トップチームは2019年の時点でブンデスリーガに所
    64キロバイト (4,122 語) - 2020年6月6日 (土) 03:26



    (出典 portal.st-img.jp)


    ブレーメン1部残留へあと一歩
    勝ち点
    31 15位(1部残留)   マインツ         
    28 16位(1部2部入替戦)デュッセルドルフ
    28 17位(降格圏)   ブレーメン(大迫勇也)         

    1 Egg ★ :2020/06/13(土) 23:38:14.21 ID:zgi6Fjn09.net

    ◇ドイツ1部リーグ・第31節 パーダーボルン―ブレーメン(2020年6月13日 パーダーボルン)

    ドイツ1部ブレーメンの日本代表FW大迫勇也(30)が約7カ月ぶりとなる今季リーグ戦5点目を決めた。
    13日、アウェーのパーダーボルン戦に先発出場し、1―0の前半35分に追加点。相手GKの弾いたこぼれ球につめて、右足で押し込んだ。

    大迫の得点は昨年11月23日の第12節シャルケ戦以来、リーグ19試合(出場18試合)ぶり。先月のリーグ再開直前には「(中断期間中に)体幹トレーニングを毎日かかさずやった。
    中断する前よりも体のキレとコンディションが上がった」と話していたが、半端ない男がようやく本領を発揮した。

    6/13(土) 23:20配信 スポニチ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4f3a68aa0e7bb8f650abd0ed2c01413a0a820a97


    【関連画像動画あり【速報】サッカーブレーメン大迫勇也 約7カ月ぶりの今季リーグ戦5点目】の続きを読む

    このページのトップヘ