まとめだかニュース速報@

毎日、最新のTwwitter、2ch情報などをまとめたブログです。 面白スレや芸能ニュース、動画、画像まとめなどの経験談などをポジティブに毎日お届けします。 このサイトおもしいじゃんと思ったらコメントお願いします。 お気に入りの面白い記事を探して見てください。

    カテゴリ:サッカー > サッカー日本代表


    人選注目集め、大衆紙などでは正式発表の時期に「関係者からリーク」として予想記事出されることある。 その年紅白「顔」ともいうべき存在で、例年その年出演者中でもっとも早く決まる(10月後半から11月)。正式決定とともに、本人出席もとで記者会見NHK放送センターで行われる(会見
    224キロバイト (22,984 語) - 2021年3月31日 (水) 03:01



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)



    1 数の子 ★ :2021/04/09(金) 20:05:51.79

    過去から現在を含めた日本人サッカー選手で、各ポジションなどでナンバーワンと言える選手は誰なのか。同じトップレベルを経験した目線で、これを元選手に語ってもらう。今回はかつて日産自動車、横浜マリノス、日本代表で、名ドリブラーとして活躍した、水沼貴史さんが登場。「コテコテの」という条件で、歴代日本人ドリブラーランキングを決めてもらった。

    10位 与那城ジョージ(元読売クラブ)

    9位 金田喜稔(元日産自動車)

    8位 駒井善成(コンサドーレ札幌)

    7位 本山雅志(クランタン・ユナイテッド)

    6位 前園真聖(元横浜フリューゲルスほか)

    5位 齋藤学(名古屋グランパス)

    4位 田中達也(アルビレックス新潟)

    3位 伊東純也(ゲンク)

     近年、右サイドから左利きの選手がカットインで突破するのが主流になってきているなかで、伊東純也のように右利きで縦に突破できる選手は貴重だと思います。ワイドに張って勝負ができれば、チームとしてハーフスペース(サイドと中央の間)の使い方にも変化が生まれてくるでしょう。

     彼のように純粋に縦突破ができるドリブラーは、日本だけではなく、海外含めてもそれほど多くはないタイプだと思います。スペインのヘスス・ナバス(セビージャ)、イタリアで言えばアントニオ・カンドレーバ(サンプドリア)のように、縦にグイグイいけるドリブラーは見ていても面白いですよね。

     ベルギーのゲンクでは得点能力も発揮していて、プレーの幅や質がさらに向上している印象です。これでクロスの質がもう少し向上すれば、もっと上のレベルの選手になれるでしょう。日本代表でも同タイプの選手はいないので、先発で使うのはもちろんだけど、ベンチに置いてジョーカーとして起用しても面白い存在だと思います。

    2位 松井大輔(サイゴンFC)

     松井はトリッキーな仕掛けに秀でた選手です。普通の選手とは違う幅、間合いを持っていて、相手が予想もしないタッチで裏をとれるタイプ。2010年南アフリカW杯では、右ウイングで大きく貢献したドリブラーですね。

     フランスのリーグ・アンで活躍できたのが、個人的には評価したいところです。フランスはアフリカ系の選手が多くて、日本人とは足の出方とかスピードが全然違うなかで、あれだけドリブルで勝負できていたのはすごいことだと思います。

     それからフランスは荒いピッチも多く、ドリブラーとしては決してやりやすいとは言えない環境です。でも、南米の選手、とくにディエゴ・マラドーナ(アルゼンチン)なんかもそうでしたが、凸凹のピッチでどこでボールがバウンドするかわからないようなところを普通にドリブルしていくんです。彼らは弾んだボールへの反応が早いし、タッチが柔らかくて正確だから、どんなピッチでも普通にドリブルできてしまうんですよね。

     そういうピッチでもドリブルで突破できるのは、本当にテクニックがある証拠。松井もフランスであれだけ活躍できたのは、本物のテクニックを持ったドリブラーだということですね。

    1位 乾貴士(エイバル)

     乾はとにかく、『サッカー小僧』という言葉がぴったりのドリブラーですよね。ドリブルのタイプとしては、サイドから中央へスッと入っていくのが得意な選手。ファーストタッチがうまいので、一気にスピードに乗って、細かなタッチで相手の逆を取りながら突破していけます。「なんでこんなにスルスルと抜けるんだろう?」と思わせられた選手の代表格です。

     彼が野洲高校から横浜F・マリノスに入団した当時、ちょうどコーチをしていて、初めて見た時は右足しか使わないから、もっと左足も使えばいいのにと思っていました。パスも右足のアウトサイドばかりで、ミスパスも多かった。コーチとしてはもっと正確にパスを出せるように改善すべきだとは思ったけれど、アウトで出すことで相手の意表を突いたりしていたので、そこは消してはいけないなと。余計なことは言わず、やりたいようにやらせたほうがいいと考えた選手の一人でした。

     自分の武器を磨くための練習量も人一倍あるのは、入団当時から目の当たりにしてきました。そうやって自分のスタイルを貫きながら、ラ・リーガで活躍するまでの選手になりましたからね。ドリブラーの1位は彼を推したいと思います。

    全文は↓から読めます
    https://news.yahoo.co.jp/articles/76866732602764e3fb868b6d49cf8c7b0727b2b5?page=1


    【日本人No.1ドリブラーは誰か。元日本代表のレジェンドがトップ10を決定❓❗】の続きを読む


    2004年から採用されているなでしこジャパンの由来は、アテネオリンピックアジア予選として行われた「AFC女子サッカー予選大会2004」の際に「大和撫子」(やまとなでしこ)という言葉がよく使われたことと、その大和撫子が「世界に羽ばたき、世界に通用するように」との願いを込めて「大和」が「ジャパン」となったものである。
    86キロバイト (7,769 語) - 2021年4月8日 (木) 10:48



    (出典 images.keizai.biz)



    1 久太郎 ★ :2021/04/08(木) 18:56:59.64 ID:CAP_USER9.net

    国際親善試合が8日に行われ、なでしこジャパン(日本女子代表)とパラグアイ女子代表が対戦した。

     約1年ぶりの代表としての対外試合はユアテックスタジアム仙台で開催。DF鮫島彩やFW岩渕真奈らがスタメンに名を連ね、キャプテンマークは中島依美が巻く。

     試合は立ち上がり日本がボールを保持し押し込む展開に。開始早々の2分、左サイドから崩し一度は阻まれるもこぼれ球に反応したのは杉田妃和。開幕シュートは枠に飛んだもののGKに阻まれゴールをとはならなかった。続く3分にも決定機。右サイドからのクロスに岩渕真奈が飛び込むも当てられずに流れた。

     すると6分にスコアが動く。右サイドからのボールに岩渕とナタリア・ペーニャが競り合うと、こぼれたところに南萌華。豪快に蹴りこみチームに先制点をもたらした。1点リードの日本は26分、縦パスを受けた三浦成美がペナルティエリア内で繋ぎ、岩渕が相手DFに体をぶつけつつシュートを流し込みスコアは2-0となった。

     さらに37分、右サイドで獲得したFKを蹴るのは中島。岩渕が頭でコースを変えたボールが相手選手に当たりこれがネットを揺らし、なでしこジャパンは前半のうちにリードを3点に広げる。

     前半終了間際の44分、菅澤優衣香が中央でパスを受けターンしてシュート。これも枠をとらえたが相手守護神イサベル・オルティスが立ちはだかった。

     3点のリードを手にして迎えた後半。次にネットを揺らしたのも日本だった。52分、宝田沙織を起点に岩渕、三浦と繋ぎ最後は菅澤。難しい体勢となったが冷静に沈め後半の立ち上がりを制した。63分には岩渕がラインをちぎって宝田の縦パスに反応。冷静にお見合いとなったDF、GKを避けて押し込み今日2点目を記録した。

     80分には中央を割った浜田遥、中島と立て続けに襲い掛かるが守護神オルティスがはじき出す。さらに87分、スルーパスに抜け出した田中がGKオルティスとの1対1を迎えたが、シュートはオルティスに*りポストを叩いた。

     後半アディショナルタイム2分には途中交代の籾木結花が結果を出す。不十分なクリアを拾った椛木が冷静に流し込み6点目。さらにこちらも途中交代の田中美南が頭で合わせ後半アディショナルタイムに2得点を重ねた。

     試合はこのまま終了。なでしこジャパンはパラグアイ代表を7-0で下し完勝をおさめた。なでしこジャパンは続く親善試合で11日、パナマ女子代表と対戦する

    【スコア】
    日本女子代表 7-0 パラグアイ女子代表

    【得点者】
    1-0 6分 南萌華(日本)
    2-0 26分 岩渕真奈(日本)
    3-0 36分 オウンゴール(日本)
    4-0 52分 菅澤優衣香(日本)
    5-0 63分 岩渕真奈(日本)
    6-0 90+2分 籾木結花(日本)
    7-0 90+3分 田中美南(日本)

    【スターティングメンバー】
    ■なでしこジャパン
    池田咲紀子;清水梨紗、鮫島彩、南萌華、宝田沙織;杉田妃和(85分 木下桃香)、中島依美、三浦成美(80分 林穂之香)、北村菜々美(66分 籾木結花);岩渕真奈(66分 田中美南)、菅澤優衣香(66分 浜田遥)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/67c35de18a30c231d8b4d761ec997d5cf4634e83


    【なでしこジャパンも圧勝?!※パラグアイに7得点❓❗】の続きを読む


    2018年7月26日、2020年東京五輪に出場するU-23日本(2018年時点ではU-21日本)監督の森保が、日本五輪代表監督を兼任したまま、ロシアW杯日本代表コーチから昇格する形で日本代表監督に年俸約1億5000万円で4年契約で就任した(なお、東京五輪男子代表監督就任時の年俸は4800万円だった)。日本A代表監督と日本五輪代表
    164キロバイト (10,950 語) - 2021年3月31日 (水) 04:26



    (出典 www.soccerdigestweb.com)


    【サッカー】五輪代表オーバーエージ枠に大迫勇也と吉田麻也 残る1枠は柴崎岳か遠藤航❓❗

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/04/08(木) 07:14:27.10

    東京五輪日本代表が活用し、6月の活動から早期合流させる年齢制限外のオーバーエージ(OA)枠に、FW大迫勇也(30=ブレーメン)とDF吉田麻也(32=サンプドリア)を起用することが確実であることが7日、分かった。残る1枠はMF柴崎岳(28=レガネス)、MF遠藤航(28=シュツットガルト)の二者択一となっている。

    A代表でも不動の1トップとして最前線に立つ大迫はポストプレーの安定感が際立つ、日本で唯一無二の存在。2列目で起用見込みのMF久保建英(19=ヘタフェ)、MF堂安律(22=ビーレフェルト)といったタレントと、すでにA代表でも共闘。大黒柱の役割を担う。

    A代表の主将、吉田も大迫と同様に“当確”。08年北京、12年ロンドンに続き自身3度目、OAでは2度目となる。3月のA代表の活動には五輪世代のDF冨安健洋(22=ボローニャ)との連係をさらに深めるべく、日本協会は移動にチャーター機を用意するなどしてチームに合流させた。同時期に活動したU-24の練習を冨安とともに視察する予定もあった。結果的に視察は実現はしなかったが、A代表のセンターバック2人を五輪で起用できれば最終ラインは盤石となる。

    最後の1枠は一時、柴崎がリードしていた。19年6月の南米選手権(ブラジル)では五輪世代が主体のA代表に加わるなどした。ここにきて遠藤の評価が急上昇。3月の代表戦でも存在感を放った。前回16年リオデジャネイロ五輪には主将で出場しており、本大会の経験もある点も心強い。

    過去にOA候補としてDF昌子、DF植田らが検討された時期もあった。今後、所属クラブとの調整、けがなど未知数な部分はあるものの、4人までの絞り込みにメド。自国開催の五輪での金メダル獲得へ、A代表で不動のレギュラーたちが6月にそろって合流することになる。

    https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/202104070000853.html
    2021年4月8日4時0分


    【サッカー五輪代表 OA枠に大迫勇也と吉田麻也 残る1枠は柴崎岳か遠藤航❓❗】の続きを読む


    杉山 茂樹(すぎやま しげき、1959年7月8日 - )は静岡県御殿場市出身、東京都渋谷区在住のスポーツライター。 大学卒業後フリーライターとして執筆活動を始める。スポーツライターになったきっかけは、大学時代に広告代理店でアルバイトしており、そこで出入りしていたサッカー専門誌を扱う出版社からそこで
    12キロバイト (1,640 語) - 2020年5月27日 (水) 14:51



    (出典 www.j-n.co.jp)


    杉山茂樹「10点以上奪うのはマナー違反 相手を完全に殴り倒すのは礼儀知らず」❓❗

    1 ファムシクロビル(岐阜県) [TW] :2021/03/31(水) 16:46:30.17


    モンゴル戦(W杯アジア2次予選)は、終わってみれば 14-0。
    クリンチで逃げるのが精一杯の、戦意を喪失したモンゴルに対し、
    日本は容赦なく最後まで殴りかかった。

    日本の勝利自体は喜ばしいことではある。ただ、欧州では
    (南米でもそうだろうが)、10点以上奪うのはマナー違反。
    得失点差が絡んだ試合でない限り、5点ぐらいで打ち止めに
    しようとする風土がある。

    2001年3月。スタッド・ドゥ・フランスで行なわれたフランス対日本
    の親善試合。日本が0-5で大敗した試合だ。その後半なかばだった。
    ロベール・ピレスがタッチライン際でボールを受け、前進しようとした
    瞬間、背後のベンチから声が飛んだ。

    「もう止めておけ」

    フランスは日本の息の根を止めることを避けようとした。
    相手を完全に殴り倒すことは、スポーツの親善外交上、
    好ましくない振る舞い。礼儀知らずの作法になる。

    一方、ドイツは2002年日韓共催W杯で、サウジアラビアに8-0の
    勝利を収めた。欧州各国はその行きすぎた行為に対して、非難を
    浴びせたものだ。しかしドイツは懲りることなく2014年ブラジルW杯で、
    再びマナー違反を冒す。準決勝でブラジルに7-1の勝利を飾る。
    開催国を奈落の底に突き落とす礼儀知らずの大勝劇を演じた。
    その夜、ブラジル全土に放送された現地のスポーツニュースは、
    ドイツの攻撃を、空爆の被害を受ける実際の戦争映像と
    重ね合わせる自虐的とも言うべき手法で、大敗を悼もうとした。

    モンゴルをコテンパンにやっつけてしまった日本を褒める気はしない。
    日本が欧州大陸の一国だったら、糾弾されていたに違いない。
    モンゴルのサッカー界が、ショックでしばらく寝込んでしまう可能性を、
    否定することはできないからだ。
    (中略)
    14-0。強化ということで考えれば、歴史的大勝劇の陰で露呈した
    監督の采配が心配になる。モンゴル相手に大胆になれない、
    よく言えば生真面目さ。悪く言えば臆病さ、心配性。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9f0f1f71930317adb1489418755feb76c4357ea2?page=1


    【【サッカー】杉山茂樹「10点以上奪うのはマナー違反?!相手を完全に殴り倒すのは礼儀知らず」】の続きを読む


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。SAMURAI BLUE(サムライ・ブルー)の愛称で知られる。2018年7月から森保一が監督を務めている。 FIFAワールドカップには6度出場しており、
    164キロバイト (10,950 語) - 2021年3月30日 (火) 12:48



    (出典 www.nikkansports.com)


    日本代表、モンゴル相手に予選最多得点更新の14発! W杯2次予選5連勝で最終予選進出へ王手❓❗

    1 豆次郎 ★ :2021/03/30(火) 23:04:05.70 ID:CAP_USER9.net

    3/30(火) 21:19
    配信
    SOCCER DIGEST Web
    大迫がハットトリック!

    日本代表、モンゴル相手に予選最多得点更新の14発!! W杯2次予選5連勝で最終予選進出へ王手!
    3ゴールを挙げた大迫。大勝に貢献した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)
     カタール・ワールドカップ・アジア2次予選のモンゴル代表対日本代表の一戦が3月30日、フクダ電子アリーナで行なわれ、14-0で日本が勝利を収めた。

     モンゴルのホーム扱いで行なわれた無観客開催の試合は、立ち上がりから日本が主導権を握り、13分に松原からの折り返しを受けた南野が左足で蹴り込み先制点。日本が南野のワールドカップ予選5試合連続ゴールとなる得点でリードする。

     日本はここからゴールを量産。23分に南野のスルーから、受けた大迫がゴール前に持ち込み2点目をゲット。26分には鎌田が松原からのクロスを冷静に押し込み3点目。さらに33分には守田が代表初ゴールとなる4点目を決め、39分にはオウンゴールで5点目を奪った。前半は、日本が大量5ゴールを奪って折り返した。

     後半に入り、最初のゴールは大迫が決める。55分、CKの流れから鎌田がドリブルで仕掛けて折り返すと、大迫が合わせてゴールネットを揺らす。日本が6-0とした。さらに、68分には大迫のポストプレーから最後は途中出場で代表デビューを果たしたばかりの稲垣祥が冷静に右足で沈め7点目をゲット。稲垣の代表デビュー戦ゴールでリードを広げる。

     日本の勢いは止まらない。73分にはゴール前の浮き球を処理した伊東純也が押し込み、8点目を奪うと、78分に途中出場の古橋亨梧が頭でねじ込み9点目。直後の79分には再び伊東がドリブルで持ち込み右足で蹴り込み10点目を決めた。日本はこれでワールドカップ予選での最多得点記録に並んだ。さらに、日本は86分、古橋がこの日2点目を奪い11-0とし、予選での最多得点記録を更新した。

     終了間際には、浅野拓磨が12点目、さらに大迫がハットトリックとなる13点目、稲垣が14点目を追加。結局、試合は14-0でタイムアップ。日本がワールドカップ・アジア2次予選5連勝とし、勝点を15に積み上げて最終予選進出に王手をかけた。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部
    https://news.yahoo.co.jp/articles/85f766ead90c2553b629245cd9107fb6dc3792e8

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1617107814/


    【サッカー日本代表 モンゴル14発大勝について2chコメント?! ※最終予選の組合せが気になる❓❗】の続きを読む

    このページのトップヘ