まとめだかニュース速報@

毎日、最新のTwwitter、2ch情報などをまとめたブログです。 面白スレや芸能ニュース、動画、画像まとめなどの経験談などをポジティブに毎日お届けします。 このサイトおもしいじゃんと思ったらコメントお願いします。 お気に入りの面白い記事を探して見てください。


    香里奈(かりな、1984年2月21日 - )は、日本のファッションモデル、女優。愛知県名古屋市出身。テンカラット所属。本名、能瀬 香里奈(のせ かりな)。2000年から『Ray〔レイ〕』の専属モデルを担いつつ、2001年から女優業も始動。以降、各種テレビドラマや映画、テレビコマーシャルなど様々な媒体を舞台としての幅広い活動をしている。
    50キロバイト (5,291 語) - 2020年8月18日 (火) 08:06



    (出典 prtimes.jp)


    人気ファッション雑誌Ray
    スーパーモデル香里奈❗その後は❓❗

    女優でモデルの池田エライザの動画流失疑惑が生じている。ネット上では、本物かどうかをめぐって論争勃発 
    問題の動画は、池田エライザ似の美女が男性と愛し合っているもの。
    刺激的な内容で、SNSで一気に拡散されていった。
    「耳の形が一緒」「ホクロが同じ位置にある」などを理由に、ネット上ではこの美女をエライザと断定する声も多い。
    映像自体が薄暗いため、どれも根拠とするには乏しい「声が似ている」とも言われているが、似たような声の女性は多し、通常発せられる声とは違って動画内では愛し合ってる声が大半を占めているため、判別するのは難しい。 

    また、元彼と噂されているモデル・OのInstagramのアカウントが、このタイミングで非公開になったのも騒動を大きくした要因の一つだ。
    Oがエライザへの仕返し目的で動画を流出させたとの意見もあるが、アカウントを非公開にした理由は単に騒動に巻き込まれるのを嫌ったと予想され、
    動画流出の犯人と決めつけることもできない。否定派からは「こんな暗い動画でわかるわけない」「横顔しか見えないじゃん」「断定派のただの願望」などの声が上がっている。 

    嘘か誠か、芸能界では昔から画像や動画が流出することは珍しくない。 

    1.フリーアナウンサー・夏目三久
     日テレ時代にベッドでゴムを持ってニッコリ微笑んだ写真が流出している。
     人気絶頂だった夏目だが、これをきっかけにいくつかの番組を降板。出演番組は激減し、局アナを辞めたのもこれが理由か❓💦💦
     持ち前の清楚なビジュアルと大物にも物怖じしない強いメンタルで、騒動を乗り越え見事に復帰。現在は、レギュラーを三本抱える売れっ子アナ

    2.モデルで女優・香里奈
     2014年に交際していた台湾人男性との愛する写真が流出。その姿はファンに大きな衝撃❓💦💦
     本人もショックだったのか表舞台から姿を消した。しかし、数年後にはモデルとして復帰し、現在はドラマや映画でも活躍している。
     当時CMを降板したヨーグルトの「パルテノ」は、ギリシャ語で「乙女」「*」などを意味しており、この因果関係も話題になっていた。 

    3.清純なルックスで人気の女優・有村架純
     Hey!Say!JUMPの岡本圭人との写真が流出した。内容は2人が楽しそうに笑い合うものや、岡本が有村をハグするものなど、印象はラブラブ
     流出のタイミングが、有村がブレークのきっかけとなったNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』放送中で、一方のHey!Say!JUMPも売り出し中だったため、
     双方のファンの間には衝撃が走った。騒動の直後、有村はブログで「お騒がせしてすみません」と肯定とも否定とも取れるような謝罪を行なっている。 


    【【話題】#池田エライザ「動画騒動」疑惑、過去に画像が流出した朝ドラ女優A、フリーアナN、#香里奈の真偽は❓❗】の続きを読む


    インフルエンザ(イタリア語: influenza、ラテン語: influentia)とはインフルエンザウイルス急性感染症。上気道炎症状・呼吸器疾患などを呈する。流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)略して流感(りゅうかん)とも呼ばれる。日本語ではインフル、英語ではfluと略されることも多い。
    82キロバイト (11,029 語) - 2020年9月5日 (土) 13:44



    (出典 jfohp.or.jp)


    インフルエンザの時期もやってくる💦

    1 影のたけし軍団 ★ :2020/09/19(土) 09:45:26.74

    週刊新潮 2020年9月17日号掲載  過度な対策は必要なのか?


    社会や経済が大いにダメージを受けながら、それに甘んじざるをえないのは、命、とりわけ高齢者の命を守るためだったはずだ。
    ところが日本人の死亡者数が、新型コロナの影もなかった昨年より少ないとしたら――。われわれは過度の対策をやめるべき転機にいる。

    急な退陣表明と、その後の総裁選の行方にばかり関心が向かい、気づいた人さえ少ないようだが、
    8月28日の会見で安倍晋三前総理は、新型コロナウイルス対策について、「重症化リスクの高い方々に重点を置いた対策へ、いまから転換する必要があります」
    「医療支援も高齢者の方々など、重症化リスクの高い皆さんに重点化する方針です」と、方針転換を表明していた。

    PCR検査を増やして無症状やごく軽症の感染者をあぶり出し、結果として増えた「感染者数」を、
    特に東京都などでは知事が自ら発表。こうして独り歩きした「感染拡大」という言葉に、人々は不安をさらに募らせていく――。

    そんな状況が続いてきたが、感染しても命を落とすどころか、すぐ治癒するのなら、感染自体を問題視する必要はないのである。

    「風邪も同じで、あくまでも、こじらせて肺炎になって亡くなるのが問題です。目標は、いかに死者を増やさないかということ。
    新型コロナに関してゼロリスクを求めて騒ぐのは、風邪をひくだけでリスクだと言っているのと同じです。たとえ感染しても治ればリスクではない、と割り切る必要があります」

    と、経済学者でアゴラ研究所所長の池田信夫氏も言うが、現に、日本では大山鳴動して死者数は1300人台。
    それなのに、社会や経済に回復不能な打撃を与える対策を取り続ける必要があるのか。

    「週刊新潮」は毎週そう訴えてきた。そして、政府もようやく、感染そのものを問題視する政策を「転換」し、
    重症化、ひいては死亡につながるケースに重点を絞ると表明したのである。

    京都大学ウイルス・再生医科学研究所の宮沢孝幸准教授が言う。

    「多くの人が命を落とすような病気ではないと、この数字からも明確にわかります。また、高齢者も死亡リスクが高いとは言いきれません。
    危険なのは基礎疾患がある場合です。あえて言えば、もともと死亡リスクを抱えていた人の死期が、新型コロナに感染して少し早まっただけの話。

    総合的にみれば、新型コロナウイルスはインフルエンザより怖くないと思います。
    それ以外にも、たとえば肺炎球菌に感染して亡くなる人が年間約2万人、入浴中に亡くなる人も約2万人いる。
    インフルエンザのリスクはそれ以下で、新型コロナがインフルエンザ以下であるならなおさら、それほど怖いものではありません」

    そうであるなら、われわれは早急に社会を平時に戻すべきだろう。医師で医療ジャーナリストの森田洋之氏の声も紹介する。

    「インフルエンザでは関連死を含め、毎年約1万人が亡くなっています。しかし、ほとんどの人はそのことを知らず、無関心でした。
    社会として無視してきたのです。だったら新型コロナも、同じくらい許容してもいいのではないでしょうか」

    これから欧米のように死者が増えたらどうする、と心配する向きもあるかもしれない。
    だが、3万人超が亡くなったフランスのデータが発表されており、昨年比で死者は、3月に約9100人、
    4月に約1万7600人増えたが、5月は増減なく、6月は約400人、7月は約1500人、死者数はむしろ減っている。

    アメリカでは、さすがに今年の死者数は昨年より増えそうだが、それでも増加分は、新型コロナによる死者数を大きく下回りそうだ。
    https://www.dailyshincho.jp/article/2020/09190556/?all=1&page=1


    【【コロナ】医師 「インフルでは関連死を含め、毎年約1万人死亡。しかし社会は無視してきた。だったら同じくらい許容してもいいのでは」❓❗】の続きを読む


    赤ちゃん (乳児からのリダイレクト)
    以下、本稿では人間の赤ちゃんについて解説する。 母子保健法は、出生からの経過期間によって、「赤ちゃん」を次のように定義する。 新生児:出生後28日未満の乳児 乳児:一歳に満たない子供 なお、新生児の中でも出生後7日未満の乳児を特に「早期新生児」と呼ぶこともある。また、生まれて間もない赤ちゃんのことを嬰児(えいじ、みどりご)と呼ぶこともある。
    8キロバイト (1,071 語) - 2020年9月3日 (木) 12:27



    (出典 d3reun7bhr7fny.cloudfront.net)


    甘く噛んだ❓❗笑

    1 ばーど ★ :2020/09/18(金) 22:15:16.50

    大津市で昨年9月に生後1カ月(当時)の乳児の左腕にかみついて、全治1週間のけがをさせたとして当時20歳の母親が逮捕され、傷害罪で起訴された事件について、大津地検は18日、「母親の歯型と乳児の傷痕が一致しないという重要な証拠内容の誤りがあった」として同日付で起訴を取り消したと発表した。大津地裁は同日、公訴棄却を決定。母親の弁護人は捜査段階の自白の強要など違法な取り調べがあったとしている。

    地検などによると、今年1月にあった第2回公判で、滋賀県警鑑定官に対する証人尋問があり、弁護側の反対尋問で、乳児の傷口と一致したとされる歯型の石こうと、母親の歯の本数が異なると指摘したことから、証拠の歯型は母親以外の可能性が判明。追加で捜査した結果、地検は「母親が事件の実行行為者ではなく、公訴維持の必要性は認められない」と判断、起訴を取り消した。

    地検の山上真由美次席検事は、「重要な証拠内容の誤りに気付かず、女性を公訴提起(起訴)したことについて、心よりおわび申し上げる。真摯(しんし)に反省し、捜査の問題点等につき周知徹底を図り、同じことを繰り返すことのないよう努める」とのコメントを出した。

    滋賀県警は乳児の傷痕に気付いた病院や児童相談所からの通報を受け、昨年10月に母親を傷害容疑で逮捕。逮捕容疑は、同年9月、自宅で乳児の左前腕にかみつく暴行を加え、けがをさせたとしていた。記者会見した県警の川口豊刑事企画課長によると、任意で採取した別の関係者の歯型と取り違え、傷口と照合したとみられるという。時田保徳(やすのり)刑事部長は「大変申し訳なく思っており、心よりおわび申し上げる」と謝罪のコメントを発表した。母親は逮捕から23日間勾留され、昨年11月の起訴後に保釈された。

    母親の弁護人「容疑認めたのは取調官の強要が原因」

    母親の弁護人の植平朋行弁護士は同日記者会見し、捜査段階で一度は容疑を認めたが、取調官の強要が原因だったと明かした。「お前はクロだ。このままでは絶対に子供は返せない。夫や両親を再び呼び出すことになる」などと迫られ、家族に迷惑がかかるとの思いで容疑を認めたという。初公判では否認していた。次席検事と副署長らが17日、母親に謝罪したが、植平弁護士によると、県警の取調官は同席しておらず、母親は「謝罪を受けたという気持ちになっていない」と話した。母親は次席検事らに「人が訪ねてきたり、電話が鳴ったりすると警察が捜査に来たのではないかと、ビクビクおびえながらの生活が続いている」と憤りをぶつけたといい、今後、損害賠償を求める方針。【菅健吾、礒野健一】

    2020年9月18日 20時47分 毎日新聞
    https://news.livedoor.com/article/detail/18921070/

    関連スレ
    【社会】乳児への傷害罪を問われ起訴の21歳母、地検が公訴を取り消す方針 鑑定が誤っていた可能性 滋賀県大津市 [さかい★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1600404790/


    【【滋賀】乳児に噛みついたとされた母親(21)の起訴取り消し 歯型と傷痕が不一致 大津地検「心よりお詫び」 滋賀県警「心よりお詫び」❓❗】の続きを読む

    このページのトップヘ